≪ 前へ 次へ ≫   検索

じもとん


じもとん 地域循環型農業で飼料の自給率を高める養豚を進めています。

<作り手>
生産者: 田尻あい豚会
 私たちの産直豚肉「じもとん」の生産者団体である田尻あい豚会(日向一郎会長)は、大崎市田尻地区の養豚農家とあいちゃん牧場が参加し、2009年3月に結成されました。
 環境に配慮しつつ美味しいこだわりの豚肉生産を目指し、あいコープへの肉豚協同出荷に取り組んでいます。
 共通のNon-GMO飼料を使用し、地場産の飼料米が25%配合されています。

<ココが違う>
Non‐GMO飼料を使用
 餌には、遺伝子組換えされた大豆を配合しないNon-GMO飼料を使用しています。

地場の飼料米を配合
 豚舎から出る糞尿を堆肥化して田畑に還元し収穫された米を豚に与えて飼料自給率を高める地域循環型の養豚を目指しています。田尻あい豚会の肥育期間中の豚には飼料米が25%配合されています。

環境にやさしく、健康な豚を育てる仕組み
 あい豚会の会員でもあるあいちゃん牧場はあいコープが開設した実験農場です。BM技術などを使い環境にやさしく、家畜にも出来るだけストレスをかけず健康に育てる養豚を試みています。 

田尻あい豚会 日向さんご夫妻





【じもとん】ご利用の皆さんからのコメント

豚肉の臭みがなく、やわらかくて、味がある。活用の幅が広く、野菜巻き、豚丼、冷しゃぶ、炒め物…どんなメニューにも使えます。(M.Oさん)

スーパーのお肉に比べ、安心して食べられるし、うまみが違う!その上、臭くないのがいいです。このお肉を知ってから、スーパーの豚肉が買えなくなってしまいました。(T.Tさん)

私はあまりお肉が好きではありませんが、じもとんは別です。味が良く、臭みがない。他の店では買えません。(Y.Sさん)

豚肩ローススライスを毎回購入しています。味もさることながら、形が美しい。1枚1枚はがせて「ストレスレス」。調理しやすいです。(Y.Sさん)

お魚しか食べなかった息子(当時5歳)が、初めて美味しいと好んで食べてくれました。これをきっかけに、今では鶏肉や牛も少しですが食べられるようになりました。(M.Uさん)

我が家はお肉が大好き!「あいコープのお肉はおいしいね~」といつもニコニコです。野菜も食べて欲しくて、サラダの上に豚バラしゃぶしゃぶ用をトッピングすると、全部食べてくれます。(K.Kさん)

肉の臭みが少なく、脂もあっさり。なのに、甘みがあっておいしい。冷めても美味しい万能食材で、家族みんなが大好きです。(W.Jさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【じもとん】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫