Pick Up 注目商品

豊かな食感が楽しめる。若柳のレンコン
2017年9月3回

豊かな食感が楽しめる。若柳のレンコン

伊豆沼のほとりで育つ

生産地である大場さんの蓮田(レンコンを育てる田んぼ)は、豊かな生態系を保持し、ラムサール条約にも登録された「伊豆沼」のほとりにあります。

大場さんの蓮田

肉厚でずっしりとした宮城・若柳のレンコン

大場さんはレンコン栽培この道40年。 レンコン作りの知識や技術を学ぶため、若い頃は一大産地である茨城県にも赴いたといいます。 「朝晩の冷え込みが厳しく、昼間との気温差が大きい宮城の気候が、 土中でじっくりと生育させるため肉厚でずっしりとした食べ応えのあるレンコンに育つんだ。 茨城のレンコンにも負けない美味しさだよ。」と大場さん。

レンコンの収穫は9月から始まり、3月頃まで続きます。 腰まで田んぼに浸かった収穫作業、泥を水で洗い流す作業は、重労働。 特に冬場は楽ではなく、なかなか担い手は増えないといいます。 宮城の気候で育つ、自慢のレンコンを絶やさぬよう、今年も大場さん夫婦が大切に育てました。是非ご賞味下さい。

生産者の大場希子さん・正治さんご夫妻

若柳のレンコン