次へ ≫    検索

1/30 段ボールで生ごみ堆肥作り


2017年度、各家庭でグリーンカーテン作りに挑戦した石けん環境委員会。夏の長雨で苦戦しましたが、「土づくりが大切」ということを学びました。そこで、1月の石けん環境委員会オープン定例会は、「生ごみ堆肥づくり」の講座を開催することに。多くの方に参加していただきました。



講師は、以前「段ボール生ごみ堆肥化」の活動をしていた当時の担当理事、阿部さんにつとめていただきました。
事前アンケートでは、ほとんどの方が「堆肥化基材を見るのは初めて」で、参加した主な理由は、1位「生ゴミを減らしたい」、2位「家庭菜園用に自分で堆肥を作りたい」ということでした。

堆肥化の手順は、いたって簡単。
段ボールに新聞紙2日分を敷き、網目の細かい洗濯ネットの中に基材を入れて段ボールの中にセットするだけです。
よく水分を切った生ごみを1日300~500g程度入れ良くかき混ぜ、生ゴミを入れない日でも毎日良くかき混ぜることが必要だそうです。

興味深くのぞき込む参加者
興味深くのぞき込む参加者

気温が15℃以上ないと分解できなくなるそうで、この時期は寒くて休眠状態だったのですが、仙台市環境局家庭ごみ減量課から見本をお借りしました。よく分解されているものもありましたが、分解の途中で休眠してしまったものもあり、参加者のみなさんは興味津々で覗いていらっしゃいました。

もし、虫がわいたりして失敗してしまった時は、土に還してあげればいいそうです。花などの植物を育てる気持ちで、毎日かきまぜたり、お世話をしてあげるとうまくいくとのことでした。

<参考情報>

●参考サイト
仙台市ごみ減量・リサイクル情報総合サイト ワケルネット
生ごみ減量・リサイクル
http://www.gomi100.com/3r/garbage/

●堆肥化基材購入先
ワークつるがや 宮城野区鶴ケ谷5丁目22番地1
TEL. 022-395-7966 FAX. 022-395-7968

これらの情報を参考に、上手に堆肥化できるといいですね。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

(担当理事)

1/21 仙台えんのう倶楽部 トマトの定植・誘引


あいコープの産直産地で、生産者から指導を受けながら田畑の農作業をお手伝いする「仙台えんのう倶楽部」。
1月21日。クローバーズファームのトマトの定植から今年の活動が始まりました。

この日は、大玉トマトが「はるか」2000本、中玉は「フルティカ」1000本を目標に作業を開始。
BM活性水をプールでたっぷり含ませたあと、花の向きを確認しながら1本ずつ丁寧に植えました。

BM活性水をプールでたっぷり含ませる


1本ずつ丁寧に植えました
トマトの定植・誘引

その後、すぐに誘引の紐で軽く支えました。

誘引作業
誘引作業

誘引の紐で軽く支える
誘引の紐で軽く支える

ぐんぐん大きく育ってほしいですね!

(担当委員)

1/26 「みんなであいごはん」泉A・B地区


2017年度みんなであいごはん、豚肉料理の3回目!ラストを飾ったのは泉A・B地区です。
「作り置きで活躍するメニューも入れたい」という地区からの要望により、『パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)』と『モモ肉を使った万能ゆで豚』をメインに、とうほく食育実践協会の食育コンダクターさんたちから教えていただきました!

『パンチェッタ』は丁寧に塩・胡椒や砂糖をすり込んでお世話をしながら10日ほどかけて作るイタリアの保存食。

塩・胡椒や砂糖をすり込んで作るパンチェッタ


この日は完成したパンチェッタを使い、ドリアとスープにしていただきました。
ドリアに使用するホワイトソースの材料には、あいぶらんど商品である「大郷産の米粉」を使用。米粉ならではの作り方をコンダクターさんに教わりました。




デモンストレーションでは参加者みんなで体験。
和気あいあいと会は進みました。

もう一つのメニュー「モモ肉のゆで豚」は、茹で方のポイントと食べ方を教えていただきました。

モモ肉のゆで豚


パンチェッタもゆで豚もアイディア次第で色々なお料理や作り置きでいただけることが分かりました。

毎回恒例!食育クイズや食肉のお話。


食べ物を選ぶ基準やあいコープの食材をメインに食卓を囲んできたコンダクターさんの素敵な体験談に、真剣な表情で話に耳を傾ける皆さんの表情が印象的でした。

完成しましたー

ドリアが焼きあがった時の、皆さんの歓声と食べているときの子供たちのイキイキした表情が素敵でした♪

いただきます
豚肉料理、いただきます
おいしいね
おいしいね

参加して下さった皆さんは食卓を預かる方々。
『楽しい食卓に』という思いを一人一人が感じ、あいぶらんど食材で作られた『あいごはん』が心にも体にも豊かな栄養になってくれたら…と思いました。

『豚肉料理はブロック肉を扱うことで腕があがるのよ』という食育コンダクターの方々。そのため今年の「あいごはん企画」は、豚肉ブロックに挑戦しました。
どのように調理したらいいかわからないという声も多いブロック肉ですが、これを機に多くの組合員の皆さんにご利用いただき良さを実感してもらえたらと思います。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました(^^♪

(担当理事)

1/18 「石けんでナチュラルクリーニング」岩切小学校社会学級


仙台市3R講師派遣事業として、あいコープ石けん環境委員会が岩切小学校社会学級で「石けんでナチュラルクリーニング」の講座を開催しました。

社会学級「石けんでナチュラルクリーニング」

合成洗剤と石けんの違いを知っていただくために、
・ペットボトルで石けんづくり
・蛍光増白剤のブラックライト実験
・魚(アジ)を使った毒性実験(DVD鑑賞)
を行いました。

今回は酸素系漂白剤をおみやげにお持ち帰りいただいたのですが、お家に帰ってすぐに使えるように、デモンストレーションしました。

急須や湯呑、ふきんを酸素系漂白剤とお湯につけるだけで…
急須や湯呑、ふきんを酸素系漂白剤とお湯につけるだけで
きれいになりました!
きれいになりました
鍋の底の焼きこげも、酸素系漂白剤で煮て落とします
鍋の底の焼きこげも、酸素系漂白剤で煮て落とします

焼きこげや茶渋をとるには重曹を使って磨いていただいても良いのですが、酸素系漂白剤を使うとお湯だけであっという間にできます。
参加者のみなさん、その簡単さとキレイさに驚いていらっしゃいました。

ほかにも、衣類の洗濯やお風呂、台所掃除などにも使えることもお話しました。

石けんを使い始めたきっかけなど、参加者どうしで話しました。
参加者どうしで話しました

ご参加、ありがとうございました。

さて、
今回の講座は、組合員の方から
「社会学級で石けんの講座を開きたいのですが、何か石けんの資料はありませんか?」
というお問い合わせがあったことをきっかけに、講座開催へと結びつきました。

仙台市3R講師派遣事業では、あいコープみやぎが講師として次の4つに登録しています。
・石けんでナチュラルクリーニング
・布ナプづくり
・自分の上靴を石けんで洗おう(親子参加可)
・鍋布団で余熱エコ調理

これ以外の内容でも、講師派遣をしておりますので、お住いの地域やサークル等で講師をお探しの場合は、お気軽にあいコープまでお問い合わせください。

(担当理事)

1/18 ネオニコチノイド系農薬学習会


1月18日、二人の講師をお招きしてネオニコチノイド系農薬の学習会が開催されました。
幅広い年齢層の組合員、県内外からの生産者、他生協の方々など、多くの参加がありました。

ネオニコチノイド系農薬学習会

最初に講演された医学博士の黒田洋一郎さんは、近年見られる子供の脳の障害の増加とその原因が、農薬や環境化学物質との関係があることを『農薬は脳毒』という言葉を使ってお話しされました。

次にお話しくださったのは弁護士であり、ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議代表の中下裕子さんです。中下さんはネオニコチノイド系農薬の環境・人間への影響や、社会の動きについてとても熱くお話し下さいました。
女性は妊娠・出産や授乳を通して子供に化学物質が移行してしまうというお話があり、子を持つ母としてはとてもショッキングな内容でした。
EUでネオニコの一部成分が使用中止と決定された後でも、日本では更に基準緩和が進むなど、耳の痛い話もありました。
怖がっているばかりではなく、私たちが日々意識して取り組んでいる活動と同じで、『消費行動が世の中を変える』と力強くお話しくださいました。

「私たちの求めるもので社会はできているのだ!ということをもっと多くの組合員さんにお伝えしていかなければ」と、今後の課題も見えてきた学習会でした。
『私たちにできること』それは私たち消費者が『知る』そして『選択する』ことです。そうしなければ安全なものは手に入らないということがよくわかりました。

あいコープではネオニコチノイド系農薬不使用の米や野菜・果樹を生産する取り組みを生産者とともに行っており、それを達成できた農産物を『優ぶらんど』として組合員の皆さんにお届けしています。多くの生産者の方々が日々努力しながら生産して下さることを理解して買い支える組合員でありたいと思いました。

参加者アンケートからも今回の講演会が有意義であったこと、現状を聞いて驚いたという感想を多数いただきました。ご参加くださった皆さまありがとうございました。

3/16には『2017年度優ぶらんど報告会-産地ビジョン発表(仮題)』がエルパーク仙台にて行われます。
あいコープ生産者の取り組み報告を聞いて私たちにできることを皆で一緒に考えていく機会になると思います。こちらも多くの皆様のご参加をお待ちしております。

(担当理事)
 次へ ≫