≪ 前へ 次へ ≫   検索

大玉すいか


大玉すいか スイカの名産地。甘味が強く、シャリ感の良い大石田のすいか

<作り手>
生産者:大石田百姓保存会
 山形県北村山郡大石田町の大石田百姓保存会は、有機質肥料を中心にした土作りを基本に減農薬栽培を心がけている生産者グループ。
 稲作、畑作、畜産を組み合わせた地域循環型農業に取組んでいます。
 すいか生産者の星川松雄さんは、その道40年の大ベテラン。
 その高い栽培技術を今では後継者の息子・祐一さんが父・松雄さんのアドバイスを受けながら熟練の技を引き継ごうとしています。

<ココが違う>
自慢の『シャリ感』
 昼は暑く夜は涼しいという大きな寒暖差が「シャリ感」の秘訣。
 糖度が高く、そして果肉自体が緻密なすいかを産み出します。
 また、大石田地域の土質は火山灰の黒ボク地帯で、すいか栽培には最適。
 この寒暖差と風土こそがすいかの名産地たるゆえんでもあります。

すいか作り40年
 生産者の星川さんは、有機質の土作りを基本に、マルチや敷き藁により雑草を抑え除草剤を使わないすいか作りに40年余り取組んできました。
 積み重ねた技術がより甘味の強いおいしいすいか作りを可能にしています。

親子3代 星川祐一さん、琳太朗くん、松雄さん
「甘~いすいかだがら、たべでけろ(甘~いすいかだから、食べてみて!)」





【大玉すいか】ご利用の皆さんからのコメント

甘くておいしい。夏はこれを食べないとはじまらない。(M.Sさん)

甘くておいしいだけでなく、シャリっとして食感も良いです。(M.Wさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【大玉すいか】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫