≪ 前へ 次へ ≫   検索

仙台曲がりネギ


仙台曲がりネギ 宮城の郷土が生み出した「曲がりネギ」

<作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機質肥料中心に農薬を削減して米や野菜を栽培しているグループ。
野菜のほとんどは「優ぶらんど」基準。若手の新規就農者も支援しています。
(大郷みどり会) あいコープ産直産地の中でも草分け的な産地です。
野菜、米、平飼い卵を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践。
有機質肥料を中心とした土作りにより、農薬不使用などレベルの高い栽培にチャレンジしています。


<ココが違う>
甘味と軟らかさが美味しいネギ
 一般的な「白ネギ」は、ネギをまっすぐ立てた状態で土寄せをおこなうことで軟白化しますが、仙台では白い軟白部分が大きく曲がった「曲がりネギ」が多く栽培されています。
 もともとは栽培の始まった地域の地形に合わせて考えられた栽培法で「曲がったネギ」が誕生しましたが、その甘味と軟らかさから人気も上昇中の野菜です。

手間隙を要する栽培法
 曲がりネギの栽培には、「やとい」と呼ばれる独特の作業があります。まず、畑で栽培中のネギを一度抜き取ります。そして約30度の角度を付けて寝かせます。こうして横倒しにしたネギの上から土をかけます。この作業が「やとい」です。こうして1~3ヶ月栽培すると土のかかった部分は白くなります。軟白部分は柔らかく、甘味をもつようになります。横倒しになったねぎは立ちあがろうとし、その結果、軟白部の中ほどから大きく曲がるのです。

減農薬だから安心
 七郷みつば会、大郷みどり会では、この仙台曲がりネギを優ぶらんど基準で栽培。
 ネギは病害虫に弱く農薬削減が難しい野菜の一つですが、美味しいネギを安心して食べてもらいたいとの思いから栽培に取り組んでいます。


七郷みつば会 阿部哲也さん
「やとい」作業の様子






【仙台曲がりネギ】ご利用の皆さんからのコメント

ネギは我が家の必需品。揚げものにはネギソース。具がネギだけのお好み焼きもうまし!(R.Aさん)

地元ならではの曲がりネギ。減農薬だから、安心して食べられます。(H.Tさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【仙台曲がりネギ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫