≪ 前へ 次へ ≫   検索

キャベツ


キャベツ 大寒後の冬キャベツは甘くて美味しい!

<作り手>
生産者: 七郷みつば会大郷みどり会はさま自然村八千代産直丸エビ倶楽部茨城BM茨城県西産直センター
(大郷みどり会) あいコープ産直産地の中でも草分け的な産地です。
野菜、米、平飼い卵を供給しています。平飼い鶏舎脇にBMWプラントを建設するなど、耕畜連携・地域循環型農業を実践。
有機質肥料を中心とした土作りにより、農薬不使用などレベルの高い栽培にチャレンジしています。
(七郷みつば会) 仙台市郊外で、有機質肥料中心に農薬を削減して米や野菜を栽培しているグループ。
野菜のほとんどは「優ぶらんど」基準。若手の新規就農者も支援しています。
(はさま自然村) 宮城県北・登米市で、安全・安心の米と野菜を栽培しているグループ。住み良い地域と平和な社会を目指し、明日に受け継がれる農業を目指し、農薬削減に積極的にチャレンジしています。
(八千代産直) 茨城県八千代町を中心に1986年に有機栽培に賛同する農家で結成されたグループ。「生産者と消費者の健康を守る」を掲げ、個々の生産者は園場に適した作物を選び栽培しています。
(丸エビ倶楽部) 丸エビ倶楽部は茨城県水戸市の南側に位置し、生産地は県全域に広がっています。会員数も80名を超え、40~50代の生産者が多い中、30代の若手も育っています。ほとんどの品目が茨城県の特別栽培の認証を受けた農産物です。
(茨城BM) 茨城BMは、茨城県の中央部、茨城町に位置します。
根菜類、葉物野菜を中心に出荷。活動の中核である、BMW技術を深化、応用し、循環型農業の確立と農薬不使用栽培を実現すべく日々研究を行ってます。
(茨城県西産直センター) 茨城県西産直センターは、茨城県の西部に位置し、周辺を流れる鬼怒川、小貝川の氾濫による肥沃な大地と筑波山麓の伏流水といった環境を活かし、丹精込めて野菜・果物を育てています。


<ココが違う>
地場の旬を味わおう!
 宮城県・茨城県の各産地では、有機質肥料中心の土作りを基本に、農薬を最小限に抑えて栽培しています。秋~冬に収穫されるキャベツは、春系に比べ柔らかさは若干劣りますが、寒さにあたることで糖分を蓄え、甘みは十分。寒くなる時期にぴったりの野菜です。
 ロールキャベツなど煮込み料理には秋・冬のキャベツがぴったりです。

食卓に欠かせないキャベツ
 キャベツは、味にクセがないことで様々な料理に使われる汎用性の高い野菜です。
 生食・煮物・蒸す・炒め物・漬物…いろんな食べ方で楽しむことができます。

茨城BM 雨ケ谷さん





【キャベツ】ご利用の皆さんからのコメント

甘みがあり、みずみずしくて、おいしいです。(M.Oさん)

キャベツときゅうりをきざんで、塩・こしょう・オリーブオイルで手もみ。コールスロー風にして食べるのが好きです。(C.Nさん)

あなたのコメントを、お待ちしています!



みんなのあいごはん
『あいぶらんど』を使った「おすすめの食べ方」が【あいごはん】。
【キャベツ】 を使った、皆さんの『あいごはん』をご紹介

≪ 前へ 次へ ≫