≪ 前へ 次へ ≫   検索

株式会社オルター・トレード・ジャパン


オルター・トレード・ジャパン写真:バランゴンバナナ生産者(ミンダナオ島レイクセブ)

 (株)オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。昨今、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる面で世界の人々の生業や暮らし、そして地球環境と密接につながっています。そして、その貿易を支配しているのはごく少数の大規模企業です。
 ATJは生産と消費の場を、顔と顔が見える関係でつなぐ交易を通じて、「現状とは違う」つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

〇バランゴンバナナ
フィリピンの小規模生産者たちが、化学合成農薬や化学肥料不使用で自然環境を守りながら栽培したバナナです。
また、生産者たちは、多様な農作物栽培や畜産も含めた有畜複合農業をめざすことで、持続的な生産と暮らしの自立をめざしています。

〇エコシュリンプ
インドネシアで自然の力を活かし、環境と伝統を守る生産者が育てたエビです。
人工飼料や抗生物質は使わず、広々とした養殖池でのびのびと育ったエビです。収獲後は酸化防止剤などの薬品は使用せず、産地一回凍結で新鮮なおいしさのままにお届けします。

写真:エコシュリンプの収獲(インドネシア・ジャワ島東部シドアルジョ)

〇マスコバド糖
フィリピンのネグロス島で伝統的に作られてきた黒砂糖です。1980年代半ば、砂糖の国際市場価格暴落のためネグロス島では深刻な飢餓が発生したことを受け、生産者支援を目的で始まった交易です。サトウキビ由来の優しい甘味が、お料理はお菓子の味を広げてくれます。

写真:マスコバド糖用サトウキビ生産者(ネグロス西州)

〇パレスチナのオリーブオイル
イスラエル占領下の厳しい社会状況の中で農業復興に取り組む現地NGOと農民の協力によってつくられています。
オリーブは古来、平和、肥沃、そして生命の象徴として扱われ、とりわけパレスチナでは人びとの暮らし、文化、歴史に深く根付いています。パレスチナの大地が育んだ豊かな味と香り、そこには人びとの平和への願いが込められています。

写真:オリーブの収穫(パレスチナ)

〇パプアのカカオ
インドネシア・パプア州の豊かな森で、自然と共生する人々が大切に育てたカカオ。カカオを通じて森と暮らしを守りたいという、パプアの未来への願いが込められたプロジェクトです。
パプアの人々の手によって、カカオを販売するだけでなく、現地でチョコレートやお菓子を製造、販売する挑戦が始まっています。

私たちの「民衆交易」は、「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、「食」を通して、生産者と消費者が協力しあい、持続的な暮らしと環境を作ることをめざしています。

ホームページ
http://altertrade.jp/

所在地
東京都新宿区大久保2-4-15 サンライズ新宿3F

主な生産品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ、コーヒー、マスコバド糖、パレスチナのオリーブオイル、ゲランドの塩、インドネシア・パプア州のカカオ

提携商品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ・L、同・M、むきえび・エコシュリンプ、下処理済エコシュリンプM、インスタントコーヒー(カフェインレス)、マスコバド糖、マスコバド糖かりんとう、パレスチナのオリーブオイル、チョコラ デ パプア 生チョコレートトリュフ、チョコラ デ パプア オーレ、パプア クラフトチョコレート カカオ67%、パプア クラフトチョコレート ミルクココナッツ 等
≪ 前へ 次へ ≫