次へ ≫    検索

5/20 天童、りんごの摘果を手伝ってきました


5月、久しぶりの晴天に恵まれた日曜日。
山形県の天童果実同志会では、5月に咲いた花が実を結び、りんごの摘果作業に大忙し。そこで、産地の援農を担う「仙台えんのう倶楽部」から9名がお手伝いに向かいました。
産地では7名の生産者が待っており、各生産者の園地に1~2名に分かれて作業に取り掛かりました。

今日摘果する木を教えてもらいます
摘果する木を教えてもらう
複数ある実
複数ある実
中心の実を残して摘み取ります
中心の実を残して摘み取る

小さい木であれば半日で終わりますが、大きな木はたくさん実るため、慣れた生産者でも1日かかるときもあるそうです。

こちらの品種は「王林」
こちらの品種は「王林」

1年目2年目の枝には実を成らせない、と生産者の洋平さん。
実を着けすぎないよう花の時にも摘み取りを行っている、と枝を見ながらお話下さいます。

生産者の洋平さん
生産者の洋平さん
実りは順調ですが、心配なことが。
昨年、被害が大きかった黒星病。越冬した病原菌が5月の低温が続いた日に広まったのか、葉に感染している様子がみられました。これから梅雨時期、被害をできるだけ抑える対策が急がれます。

黒星病の斑紋がみえる葉
黒星病の斑紋がみえる葉
秋には美味しいりんごが実りますように!

雪が残る月山
雪が残る月山
天童の生産者とみなさんと
天童の生産者とみなさんと

取材日:2018年5月20日
取材者:商品部千葉

4/19 大郷みどり会のハウスと畑、生育順調です!


産地の様子を報告します。
初夏のような天気もあった4月、大郷みどり会のハウスや畑ではイネや野菜の苗がすくすくと育っていました。
収穫や田植えに向けて、生産者は温度や水管理にますます目が離せません。
美味しい実りになるよう、がんばってください!

西塚さんのハウス、土手には菜の花が咲いています

4棟のうち2棟にはイネを育苗

イネの苗生育もそろっています5月中旬の田植えが待ち遠しいです

別のハウスにはトマトの苗が植えられました。写っているのは西塚敦子さん
トマトの苗が植えられました
小さな蕾もついています
トマトの苗に小さな蕾
露地畑にはレタスの苗がしっかり根付きました
レタスの苗
今春新しく建てた農薬不使用ハウス全部で12棟
農薬不使用ハウス
芽が出たばかりの小松菜
芽が出たばかりの小松菜
少し生育が進んだハウス。5月下旬から収穫予定です
少し生育が進んだハウスの小松菜
ハウスを担当する熊谷剛介さん、佐藤留美さん。頑張ってください!
ハウスを担当する熊谷剛介さん、佐藤留美さん
取材日:2018年4月19日
取材者:商品部千葉

1/21 仙台えんのう倶楽部 トマトの定植・誘引


あいコープの産直産地で、生産者から指導を受けながら田畑の農作業をお手伝いする「仙台えんのう倶楽部」。
1月21日。クローバーズファームのトマトの定植から今年の活動が始まりました。

この日は、大玉トマトが「はるか」2000本、中玉は「フルティカ」1000本を目標に作業を開始。
BM活性水をプールでたっぷり含ませたあと、花の向きを確認しながら1本ずつ丁寧に植えました。

BM活性水をプールでたっぷり含ませる


1本ずつ丁寧に植えました
トマトの定植・誘引

その後、すぐに誘引の紐で軽く支えました。

誘引作業
誘引作業

誘引の紐で軽く支える
誘引の紐で軽く支える

ぐんぐん大きく育ってほしいですね!

(担当委員)

8/20 仙台えんのう倶楽部 大石田のすいか メロン畑の片づけ


あいコープの産直産地で、生産者から指導を受けながら田畑の農作業をお手伝いする「仙台えんのう倶楽部」。8月20・21日は、山形県大石田町の星川さんのすいか・メロン畑の片づけをお手伝いしました。
毎日曇天が続いた仙台から一変、山を越え山形に入ると青空が広がっていました。

1日目の作業は、収穫が終わったすいか、メロンの畑の片づけ。
大きく肥ったすいか、メロンが座っていたお皿を拾い集める作業から始まります。

メロンを乗せていた白いお皿を回収

こちらはスイカの皿


続いての作業に入ります。
一面に広がったつるを道具を使って一本の畝に集め、後から片づけやすくします。

スイカのつるを鋤で集める
スイカのつるを鋤で集める

一面にあった枯れたつるが…
一面にあった枯れたつるが

すっかり片付きました
すっかり片付きました

畑でスイカをごちそうに
畑でスイカをごちそうに

1日目の作業はここで終了。続きは翌日。

大石田2日目の作業はマルチ剥がしです!

マルチ剥がし
マルチ剥がし

広い面積ですが、管理は息子の星川祐一さんがひとりで行うそう。
人数がいればアッという間に終わりました。

今年は春先から低温などの天候不順で、例年に比べ管理に苦労したそうです。来年につながるよう、少しでも力になれれば良いな、と思います。

取材日:2017/8/20(日)
報告:商品部 千葉

7/9 七郷のトマトハウスで苗の定植


仙台でも真夏日となったこの日、七郷みつば会、クローバーズファームのトマトハウスでは苗の定植が行われました。
通気性のよいハウスとはいえ、一歩入るとサウナのよう。トマトにとっては適温でも、人間にとっては暑すぎる中での作業。仙台えんのう倶楽部からも10名が参加し、クローバーズファームのスタッフと総勢14名で、丸一日かけてひと苗ずつ丁寧に植えていきました。





収穫予定は9月頃。夏の暑さでぐんぐん大きく育ってほしいですね!

みんなでおにぎりを食べながら集合写真
おにぎりを食べながら集合写真
報告:商品部千葉
取材日:7月9日
 次へ ≫