≪ 前へ 次へ ≫   検索

4/15 のら牛調印式


2017年、あいコープは、田尻エコ畜産協議会の皆さんと共にのら牛プロジェクトを本格稼働させます。 その大きな一歩となる『のら牛調印式』が、田尻あいちゃん牧場で執り行われました。

「のら牛プロジェクト」とは…
放牧を取り入れて快適な環境下で育てる『アニマルウエルフェア(動物福祉)』と、地域の自給飼料主に与え、牛の糞尿を土に返す『資源循環型畜産』によって、健康な牛肉生産を行うことを目指したプロジェクトです。

あいコープは、経済動物ではあっても、飼育期間中は少しでも生きものらしく、のびのびと幸せに育ってほしいと考えています。

当日は繁殖農家の加藤農場を見学し、牛の親子と触れ合い、肥育を担当する小野寺さんの広大な放牧予定地を見学しました。

パドックの中を自由に駆け回る牛の母子
パドックの中を自由に駆け回る牛の母子
餌やり体験
餌やり体験
ふれあい
ふれあい
広大な放牧予定地
広大な放牧予定地

そのあと、あいちゃん牧場にある『あいあいファームわ・は・わ田尻』で調印式を行いました。
田尻エコ畜産からは、会長の日向一郎さん、肥育農家の小野寺實彦さん、繁殖農家の加藤清夫さん、高橋洋介さん、あいちゃん牧場の今野真樹さんが、あいコープからは高橋千佳理事長がそれぞれ『のら牛プロジェクトに係る確認書』に調印しました。

調印式
調印式

今後、順次パドックや放牧場の整備をさらに広げ、安定的なのら牛生産を目指していきます。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫