≪ 前へ 次へ ≫   検索

初夏の小田原にいってきました その1


ゴールデンオレンジ、レモン、梅…と、柑橘・果物の産直産地の1つ、ジョイファーム小田原を訪れました。

訪問した日はあいにくの雨でしたが、2週間晴れ続きだった畑にとっては恵みの雨です。
さっそくブルーベリーの畑へ。
春先から天気がよく、早生種はふっくら実が膨らんでいました。

早生のブルーベリー、実が膨らんでいます


矢郷さん夫婦はブルーベリーを作り始めて8年。
毎年たくさんの実を手で摘み出荷します。

実成りの様子を見る生産者の矢郷さん
ブルーベリー生産者

続いて、急な傾斜の山道を車で上っていくと見晴の良い畑に。

海、鉄道も望める斜面の畑にあります
斜面の畑

このあたりはバレンシアオレンジの栽培に適した条件がそろい、一面にオレンジの実がなった木が並びます。
5月に咲いた白い花、その近くにはこれから収穫するオレンジが。

雨上がりのバレンシアオレンジ
雨上がりのバレンシアオレンジ

バレンシアオレンジの花
バレンシアオレンジの花

開花から1年以上かかって収穫を迎えるバレンシアオレンジは、この時期花と実が一緒に見られるのです。

近くには、見慣れないうっすらピンクの花をつけた木も。(答えは次の写真)

うっすらピンクのこの花、何の花でしょう?
何の花でしょう?

レモンの花でした
レモンの花でした

今小田原で困っていることは【獣害】。
矢郷さんの畑でも、鳥だけでなく、猿も果実が美味しくなった時期を狙ってやってきます。
ネットを張ったり、策を設けたり、対策を行っていますが動物達も学習するため、常に新しい対策を考えなければなりません。

猿と鳥避けのネット
猿と鳥避けのネット

産地訪問はまだ続きます。報告はまた後日。
次回をお楽しみに!

「初夏の小田原にいってきました その2」へ続く)

取材日:2017年5月26日
商品部千葉
≪ 前へ 次へ ≫