≪ 前へ 次へ ≫   検索

5/19 田んぼにいこう!2018 田植え


毎年恒例の大郷みどり会交流田(宮城県大郷町)での田植え体験が5月19日に開催されました。
スタッフを含めると総勢100名にも上る参加があり、少しの曇り空と程よい気温という田植え日和の中、大人も子どもも泥んこになりながら「ひとめぼれ」の苗を一所懸命植えました。

総勢100名が集まりました

大郷みどり会代表の郷右近さんから説明を受けて、田植えスタート

あちこちで笑顔があふれ、楽しそうに会話しながら作業する家族、一心不乱に植え続ける大人や子どもがいる一方、田んぼに入るのを躊躇する子、入ったはいいものの怖くて号泣する子もいましたが(可愛かった~笑)、それぞれにとって貴重な体験となったことは確かです。

はじめはこわごわ、慣れてきたらガンガン植えます

オレンジ色の服を着た仙台えんのう倶楽部のスタッフさんがアドバイス

田植えに夢中

小さいお子さんも、お父さんに見守られながら
田植え
田植え終了
田植え終了
この交流田での稲作体験は今年で22回目になります。
開催にむけて大郷みどり会のみなさんが準備をして下さり、「仙台えんのう倶楽部」会員の方々の運営協力があるおかげで続けてくることができました。

田植えの後は大郷みどり会の方からのご厚意で、お米3種の試食もふるまわれ、おかわりにくる子どもたちが続出。きれいに間食して、みんな大きな声で「ごちそうさま」をいいました。

試食のミニおにぎり
試食のミニおにぎり
今回の田植えを始めに、6月には「草取り」、7月には「生きもの調査」、10月には「稲刈り」を予定しています。
カタログと一緒に入ってくる案内チラシをお見逃しなく\(^o^)/

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫