≪ 前へ 次へ ≫   検索

2/15 若林地区 組合員交流会「心と体の声を聞く 月経血コントロール講座」


若林地区の組合員交流会は、『心と体の声を聞く 月経血コントロール講座』と題して、「産後のための月経血コントロールヨガティーチャー」の資格を持つ鈴木史恵さんを講師に迎え、お話を聞きました。

若林地区 組合員交流会
まず初めに、鈴木さんから参加者に「毎月の生理が楽しみだという人はいますか?」という質問に手をあげたのは、たった一人でした。
たいていの人は「痛い」「めんどう」「憂鬱」というイメージを持つ方が大多数です。
本来の生理は痛みや不快感は無いもので、経血コントロールができるようになるとダラダラと続くことも無く、さらにスッキリとした感覚を味わえ生理が来るのが楽しみにるなるそうです。

「心と体の声を聞く 月経血コントロール講座」
「月経血コントロール」というと、骨盤底筋を鍛えて経血を溜めておくなど、テクニックに意識がいきがちですが、まずは普段の生活を整えていくことで、自律神経やホルモンバランスが整い、コントロールをしやすい子宮にになるそうです。そのためにも、普段口にする食べ物、生活習慣や環境などを改善していくことが大切だというお話でした。

しっかりと睡眠をとる、体を冷やさない、目を使い過ぎない、食事…等々。1つ1つは当たり前に出来そうな事ばかりですが、子育てや仕事に追われ、ないがしろになってしまいがちなことばかり。
お話を聞いて、今回の企画タイトルのように普段の暮らしの中で「心と体の声を聞く」ということを大切にしていきたいなと思いました。
そして、今回のお話は食の安全や環境など、あいコープが大切にしていることと共通点も多く、とても勉強になりました。

【参加者の声】
・とても興味深い話が聞けて良かったです。月経血コントロールをやってみたいと思いました。
・参加費300円でこんなに深いお話を聞けるとは、とてもうれしく感動しました!
・月経血の話は、本当に勉強になりました。体に大切な事をしていきたいと感じました。プラスチックの話や食べ物の話も聞けて良かったです。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫