≪ 前へ 次へ ≫   検索

2/21 泉B地区組合員交流会「産直野菜をおいしく食べきる!使い切る!」


あいコープでは今年度、新たな栽培区分での農産物への取り組みが始まりました。
化学合成農薬、化学肥料を各都道府県で定められた慣行基準の1/2以下に削減して生産された特別栽培レベル以上のものがあいコープの基本となり、さらに有機栽培や化学合成農薬・化学肥料不使用、トライ・I'sといったあいコープ独自の栽培基準も、生産者と一緒になって作りました。
そんな取り組みの中で生産された農産物は安心・安全でおいしい!その野菜を多くの組合員に知ってもらい、たくさん利用してほしいという思いから、この交流会を開催しました。

なんと!遠いところ茨城BMから事務局の笹沼さんと若手生産者の本田さんが来て下さり、茨城BMの取り組みから、就農のきっかけ、野菜作りの苦労話などたくさんのお話を聞くことができました。

茨城BMの若き生産者・本田さん

野菜ソムリエの資格をお持ちの笹沼さんからは、大根と長いもの使い切り料理について教えていただきました。まずは、切り干し大根の作り方と、その切り干し大根を使った料理など。

茨城BM事務局・笹沼さんの料理教室

また、キャベツや白菜など、1玉だと食べきれないという声も聞かれたため、それらをたくさん消費できるレシピも紹介しました。

キャベツのグラタンの焼き具合をチェック。焼き上がりが楽しみ♪

ワクワク!盛り付けタイム。
産直野菜をおいしく食べきる!使い切る!
パパっと簡単にできるものをたくさん教えてもらって参加者のみなさんも大満足の様子。「さっそく今夜作ります!」との声が続出しました。

茨城BMの産直野菜づくし料理の完成!
茨城BMの産直野菜づくし料理の完成
これからも産地の取り組みを見て聞いて交流させていただきながら、組合員としてたくさん食べることで応援して行きたいと思いました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫