次へ ≫    検索

牛肉と人参のこっくり煮


牛肉と人参のこっくり煮

材料(2人分)

牛カレーシチュー用…1パック
人参…中2本
にんにく…1~2かけ
砂糖…大さじ1
醤油…大さじ2
バター…大さじ1
油・パセリ…適宜
A[醤油…大さじ1、コショウ…少々]
B[水…2カップ、酒…1/2カップ、鷹の爪…1本]

作り方
1.牛肉はAを振っておく。にんじんは一口大の乱切りにする。にんにくは皮をむき、半分に割って芽を取る。
2.フライパンに油を熱し、にんにく、牛肉、にんじんを炒める。肉の表面の色が変わったらBを入れ、アクをとって落しぶたをして、中火で10分くらい煮る。10分経ったら砂糖を加えて、さらに10分くらい煮る。
3.醤油を加え、煮汁が1/3程度に煮詰まるまでさらに煮る。煮詰まったらバターを入れて全体に混ぜ合わせ、上にパセリのみじん切りを散らす。

※アクセントのきいた組み合わせのこっくり味。

ニラだれで食べる!牛肉とキャベツの炒めもの


ニラだれで食べる!牛肉とキャベツの炒めもの

材料(3~4人分)

産直牛焼肉用…200g
キャベツ…1/2個
長ねぎ…1/2本
塩…小さじ1/2程度
こしょう…少々

<ニラだれ>(作りやすい分量)
ニラ…1束
みりん…50ml
A(しょうゆ…150ml、ごま油…大さじ1、鷹の爪…1本)

作り方
1.ニラだれを作る。ニラは5mm幅程度に切り、煮切ったみりんとAを合わせたものに10分程度漬け込む。
2.牛肉は3~4cmの角切り、キャベツは5cm位の角切りにする。長ねぎは斜め薄切りにする。
3.フライパンに油を引き、長ねぎを入れ、香りが立ったら牛肉を入れて、広げながら焼く。両面を焼き、肉の色が変わったら長ねぎといっしょに取り出す。
4.そのままフライパンにキャベツを入れて塩、こしょうし、弱火で炒めて火を通す。3を戻し入れ、ざっと混ぜ合わせて盛り付け、上からニラだれをかける。

※牛の旨みとニラの香りで、ご飯がすすむ。

牛肉とスナップえんどうの炒めもの


牛肉とスナップえんどうの炒めもの

材料(3~4人分)

牛肩小間切れ…200g
玉ねぎ…1個半位
スナップえんどう…1パック
コンソメ…1~2個
白ワイン…大さじ1
塩、こしょう…適宜

作り方
1.スナップえんどうは筋をとっておく。玉ねぎは1cm幅程度の千切りにする。
2.フライパンに油を引き、玉ねぎを炒める。透き通ってきたらスナップえんどうを入れ、中火で野菜に火が通るまで炒める。塩、こしょうで下味をつけてお皿に取り出す。
3.2のフライパンに少し油を足し、牛肉を入れてほぐしながら炒める。肉の表面の色が変わったら2の野菜を戻し入れてざっと混ぜ、コンソメ、好みで塩、こしょうを足して味つけする。白ワインを回しかけて、全体に水気がなくなるまで炒める。

*牛肉は調理する直前に冷蔵庫から出し、封を切っておくとほぐれやすくなります。
*スナップえんどうの弾ける食感を残すために、2では野菜を炒めすぎないこと。

※シンプルな材料をフライパンで炒め合わせていくだけなので簡単!スナップえんどう特有のぷちぷちの食感と甘さが楽しめます。仕上げの白ワインで風味をプラス。

牛肉と長芋の炒めもの


牛肉と長芋の炒めもの

材料(2~3人分)

産直牛肩バラ肉…160g
長芋…300g程度
長ねぎ…1と1/2本
酒…大さじ2
しょうゆ…大さじ2
ごま油…小さじ1
A(片栗粉、醤油、酒…各小さじ1)

作り方
1.産直牛は3cmくらいに切って、Aをもみこんでおく。長ねぎは5mm程度の厚さの斜め切り、長芋も5mmくらいの薄切りにする。太い長芋なら半月切りやいちょう切りにする。
2.フライパンに油を入れ、長ねぎを炒める。しんなりしてきたら片方によせ、空いたところに牛肉を入れ、ほぐしながら炒める。肉の色が変わったら長芋を入れ、全体を混ぜながらさらに炒める。
3.長芋の表面が透き通ってきたら酒、しょうゆを加え、少し煮詰めて水気を飛ばす。火を止めてごま油を回しかけ、ざっと混ぜる。

※長芋のシャキシャキほっくり食感が新しいおいしさ!

牛肉と葉にんにくのシンプル炒め


牛肉と葉にんにくのシンプル炒め

材料(3~4人分)

産直牛小間切れ…200g
葉にんにく…3本
A(しょうゆ…大さじ2、酒…大さじ1)
こしょう…少々
油…適宜

作り方
1.葉にんにくは6~8cmくらいの千切りにする。
2.フライパンを熱し、油をひく。産直牛をほぐしながら炒め、表面の色が変わったら1を入れる。
3.葉にんにくが少ししんなりしたら合わせておいたAを入れ、さらに炒め合わせる。仕上げにこしょうをふる。(こしょうの量はお好みですが、多めのほうがおいしいです。)

※産直牛をやわらかな葉にんにくと一緒に炒めます。切るときにはよく香るものの、残る匂いではないので、気にせずたっぷり使えます。シンプルな味つけで、素材のおいしさを味わって。
 次へ ≫