Pick Up 注目商品

もったいないから生まれたこだわりマヨネーズ
2020年6月1回

もったいないから生まれたこだわりマヨネーズ

もったいないから生まれたこだわりマヨネーズ

1994年の12月。「産地から出荷されずに余ってしまった花たまごがもったいない」そんな組合員の一言からこのマヨネーズは生まれました。
産直原料に加えて、当時の常識では考えられない全卵使用・化学調味料不使用のマヨネーズ。

メーカー担当者からも「かなり難しい」と言われていましたが、実現に向け試行錯誤を重ね、一年の歳月をかけついに、誰もが納得の味に仕上がりました。
これは、素材の良さ、組合員のこだわり、作り手の技術があってこそ生まれた、まさに生協らしい商品。

開発から20年以上たった今では、年間1万3千本以上も利用されているあいコープのプライベートブランド(PB)商品です。

あいコープ マヨネーズ 化学調味料不使用。菜種油は非遺伝子組み換え。 組合員の共同開発商品です。原料のたまごは花兄園「花たまご」の余剰卵を使用。

さらに、今年の4月には包材がリニューアルし「あいシテル」の一員として新たな一歩を踏み出しました。
時代とともに変化をする一方で、あいコープのものづくりへの姿勢と思いは、これからも変わりません。

美味しさそのまま!あいシテル!

開発担当者の声

多々良 哲(前あいコープ専務理事)

マヨネーズ開発当時の商品担当
多々良 哲(前あいコープ専務理事)

「“家庭で作る手作りマヨネーズのように”原料に余計な添加物は入れたくない、という組合員の声はメーカーを動かし、美味しくて、長く愛される商品を生み出しました。
変えてはならないものを変えないためには、大胆に変わらなければならない時もある。
「あいシテル」として生まれ変わったマヨネーズも当時の思いは変わらず生きています。
その思いを絶やさずこれからも引き継いでいってほしいです。」

マヨネーズ

マヨネーズ