次へ ≫    検索

夏野菜のトマトカレー


夏野菜のトマトカレー

材料
玉ネギ…1と1/2個
トマト…2個
米沢郷鶏ウィングカット…500g
お好みの夏野菜…適量
スパイシーカレー…適量
水…適量

作り方
1.玉ネギ1個はみじん切りにし、さらに玉ネギ1/2個分を細切りにする。トマトは湯むきして、角切り、乱切り(1個ずつ)にする。お好みの夏野菜を食べやすい大きさに切り素揚げする。細切りにした玉ネギも色よく揚げる。
2.手羽元は表面を焼き、焼き色がついたら取り出す。続けて玉ネギみじん切りと角切りトマトを炒め、透き通ってきたら手羽元を戻し入れる。水とフォンドボーと揚げた玉ネギを入れ、弱火で20分ほど煮込む。
3.カレールウを入れてとろみがつくまで煮込み、乱切りトマトを入れてさっと煮る。お好みで別添のスパイスを入れる。さらにご飯を盛り、カレーをかけたら素揚げにした野菜を添える。

※夏こそスパイシー!

さっぱり爽やか!レモンハーブチキン


さっぱり爽やか!レモンハーブチキン

材料(1人分)
鶏もも肉…300g
白ワイン…大さじ1
産直カットレモン…4~5個
ハーブソルト…適宜

作り方
1.鶏もも肉は解凍しひと口大に切る。
2.白ワイン、カットレモン、ハーブソルトを1によく揉み込んでしばらくおく。
3.熱したフライパンにオリーブオイルを適宜ひき、皮目から焼きはじめ、火を通しながら焼きつける。

※ジューシーなチキンにレモンの酸味がアクセント。

鶏のさっぱり炒め


鶏のさっぱり炒め

材料(2人分)
米沢郷鶏モモ正肉…300g
むきネギ…1本
塩・コショウ…適量
食菜酢…適量

作り方
1.解凍した鶏肉はひと口大に切り塩・コショウで下味をつける。
2.熱したフライパンに油をひき鶏肉を焼く。
3.両面が色よく焼けたらぶつ切りにしたネギを入れる。ネギに焼き色がついたら食菜酢を一周回しかけ、炒め合わせる。

※食菜酢を使うことで、コクがありながらもさっぱりとした炒め物に。

鶏の照り焼き


鶏の照り焼き

材料(1~2人分)

米沢郷鶏モモ正肉…300g
塩・コショウ…適量
食菜酢…適量

作り方
1.解凍した鶏肉は塩・コショウで下味をつける。
2.熱したフライパンに油をひき、鶏肉を焼く。
3.色よく焼けたら食菜酢を一周回しかけ、飴色になるまで煮詰める。

※食菜酢を使うことで、照り焼きが簡単に!

三色から揚げ


三色から揚げ

材料(3~4人分)

徳用・米沢郷鶏モモ正肉ペアパック…600g
塩…小さじ1と1/2
酒…大さじ2
みりん…大さじ1
しょうがすりおろし…1片

三色衣分量(良く混ぜ合わせる)
A:青のり…大さじ2、片栗粉…大さじ1
B:桜あみえび(包丁で軽く刻む)…大さじ3、片栗粉…小さじ1
C:片栗粉…大さじ3

作り方
1.モモ肉は解凍しひと口大に切り分ける。すりおろしたしょうが、塩、酒、みりんをもみ込み1時間ほどおく。
2.三等分になるように1を等分に分けたら衣をつける。焦げ付かないように温度に注意しながら、一色ずつ揚げていく。

女の子の成長と、春の訪れを喜ぶ行事として、昔から親しまれてきた「桃の節句」。そんな“ハレの日”には子どもも喜ぶ「から揚げ」で食卓を彩ってみませんか。
 次へ ≫