≪ 前へ 次へ ≫   検索

7/25・27 「上靴を石けんで洗おう」袋原児童館


仙台市3R講師派遣事業として、あいコープ石けん環境委員会が袋原児童館で「自分の上靴を石けんで洗おう」の講座を開催しました。
二日間とも晴れて、暑い中での開催でしたが、25日は31名、27日は49名もの参加がありました。

石けんと合成洗剤との違いのお話

石けんと合成洗剤それぞれにお酢を入れて泡が消えるかどうか実験

まずは、石けんが汚れを落とす仕組みや、石けんと合成洗剤の違いを実験をしながらお話をしました。
少し難しい内容でしたが、目の前で泡が消えたり、ブラックライトで光ったりする実験を見たことで、よく理解できたようでした。

お勉強したあとは、上靴洗いです。

みんなでゴシゴシ・ゴシゴシ!
みんなでゴシゴシ
参加したお子さんたちのほとんどが、いつもおうちの方に上靴を洗ってもらっているとのこと。今日は、自分で洗うということにとても楽しんでくれていました。

みんなでゴシゴシ
講師のお話をちゃんと聞いて、石けんで自分の手で汚れた上靴を洗ってみて、感想を声に出す子どもたち。「ゴーセーセンザイよりせっけんのほうがきれいになる~!」とはしゃぐ男の子が印象的でした(笑)

泡をたてるのが上手な子、一生懸命上靴の裏をゴシゴシしている子、よごれが落ちて喜ぶ子と、みんなそれぞれでしたが、ども上靴もピッカピカになりました。

洗い立て上靴がずらりと並びました
洗い立て上靴がずらりと並びました
仙台市の家庭ごみ減量化の方のごみの分別○×クイズもチーム対抗で大変盛り上がりました。
今回のことをきっかけに、ゴミのことや石けんのことなど、環境に少しでも興味を持ってもらえたらと思いました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫