≪ 前へ 次へ ≫   検索

11/16 秋のフォーラム「大郷みどり会とタンポポ村のごちそうデリサラダ作り」


今年度の秋のフォーラムのテーマは「PB(プライベートブランド)」です。
PBが最も多い生産者はタンポポ村さん。また、今年度、私たち泉B地区は大郷みどり会と交流をしてきました。この両方の生産者の方をお呼びして、泉B地区の秋のフォーラムの開催です♪

タンポポ村から牛渡社長が、みどり会から西塚さんと清水さんが来てくださって、「生産者とお話しできる」というあいコープならではの贅沢な時間を過ごすことができました。

まずは、PBの話。あいコープくらいの規模の生協で、これほどのPB商品のある生協はありません!という言葉に会場から拍手がおこりました。牛渡社長からは、「こんなにこだわっている生協は全国みても他にない。あいコープは化石のようだ(笑)」というお話も。

タンポポ村牛渡社長のお話

生産者さんとの出会い、生産者さんの努力、そして組合員の強いこだわりや活動があってPB商品が広がってきたことを改めて知ることができました。参加者のアンケートにも、「あいコープの組合員であることが誇らしく思った」という感想が多数寄せられました。

牛渡社長からは、幼いころの思い出の話などから、家族(作り手である母)の愛情が食べる人に伝わり、それが受け継がれていくというお話がありました。あいコープでも生産者と顔の見える関係であり、同じことが言えるのだと感じました。

みどり会の西塚さんからは、みどり会の取り組みのほかにも、生産現場の大変さや担い手不足の問題についてもお話いただきました。減農薬や有機の農業を行っている生産者さんを応援するためには、それを食べていくことが大切だと再確認することができました。

大郷みどり会西塚さんのお話

次に、とうほく食育実践協会の食育コンダクターのみなさんに「ごちそうデリサラダ」を教えていただきました。

サラダの盛り付け方やドレッシングづくりのデモンストレーション

普段はサラダというとレタスにトマトなど「バリエーションが少ない」というお悩みに、大根や白菜、小松菜、春菊などを組み合わせたり、フルーツを入れたり、温野菜にしてみたりなど、アレンジ方法をたくさん教えていただきました。

彩り豊かなサラダの完成

タンポポ村のソーセージやハム、スモークサーモン、スモークチキンを取り入れることでボリュームアップにもなり、うまみもアップ!
また、ドレッシングも5種類提案していただき、その組み合わせ方でも味の変化を楽しめました。

5種類のドレッシング
5種類のドレッシング
サラダとササニシキとひとめぼれの食べ比べ。大郷の新米です!
サラダとササニシキとひとめぼれの食べ比べ
生産者さんとの交流とおいしいサラダで心もお腹も満たされたフォーラムとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫