≪ 前へ 次へ ≫   検索

2/28 石巻地区 組合員交流会 映画『パパ、遺伝子組みかえってなぁに?』鑑賞会


私たち消費者が知らないうちに食卓へ入り込んできた遺伝子組み換え食品問題は「遺伝子組み換え」から「ゲノム編集」へと問題は複雑化しています。そんな、難しい遺伝子組み換え食品問題を、わかりやすく解説してくれる映画「パパ、遺伝子組みかえってなぁに?」の鑑賞会を開催しました。

映画上映会
石巻地区 組合員交流会 映画上映会
この映画は、子供を持った映画監督が「子供達を守りたい」という思いから、食の安全性に疑問を持ち、遺伝子組み換え食品について追及していく、パパ目線で作ったドキュメンタリー映画です。
スーパーで原材料を調べ、食品メーカーに電話をかけ、農家の話を聞き、遺伝子組み換え作物を育てている現場に足を運びます。
問題の深刻さを知れば知るほど、父親として「そんなものを我々や子供達は食べさせられているのか!?」と怒り、この問題にどう向き合ったらいいのか私達に呼びかけています。
難しい理屈うんぬんより、人間として、父親として考え、怒り、行動する姿に共感できる、遺伝子組み換え問題の入門書としては最適な映画と思います。(父親としての言葉に、みなさん「ホントにそうだ!」と、ブンブン頷いていました。)

映画を観た後、遺伝子組み換え問題に詳しい副理事長から、日本では家畜の飼料や加工品の材料として遺伝子組み換えが入り込んでいるが、日本の表示は分かりにくく、知らず知らずの間に食べてしまっていること、表示を分かりやすくして欲しいと行政に働きかけているが、望まない方向に進んでしまったこと、さらにややこしい「ゲノム編集」された食品が流通するかもしれないのに、それも国が規制や表示をしてくれないこと、など、現状をお話して頂きました。
参加の方からは「今まで知りませんでしたが、現状に驚きました」「家族のためにも食品選びには注意していきたい」などの感想をいただきました。

しっかり学んだあとは、楽しい交流と試食の時間です♪

今回の試食
今回の試食
試食しながらお勉強の時間
試食しながらお勉強の時間
今回、試食に選んだのは「ノンカップ麺」!
選んだ理由は「国産小麦使用」です。
外国産小麦や私たちの体内から、発がん性も指摘されている除草剤の成分が検出されているとのこと。国内産小麦には使用が認可されていないため、その除草剤の心配はありません。食べ盛りの子供のおやつにもなるノンカップ麺を「美味しいね!」と味わいながら、「小麦はできるだけ国産で」と思いました。

食べた後の楽しいおしゃべり♪
楽しいおしゃべり♪
大事な家族の健康を守るため、はては自分達の生活している地域の環境が汚染されることなく次の世代にバトンタッチできるよう、学んで、何か少しでも行動したい。そんな方は、あいコープの企画や活動に参加して、一緒に学んでみませんか?
まずはこのような交流会に足を運んでいただき、あいコープの美味しいおススメ商品を試食しながら、上手に利用する方法、悩み相談など、おしゃべりしつつ、あいコープ仲間をみつけましょう。きっと新たな扉が開き、より楽しい暮らしが始まりますよ♪

これで、今年度の石巻地区の組合員交流会はおしまい。来年度の県内各地区の交流会でも、すてきなご縁でたくさんの出会いがありますように。
ご参加いただいた皆様、楽しい交流のひとときをありがとうございました!

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫