次へ ≫    検索

1/24 大島堅一氏講演会『原発やめると電気料金が上がる?~原発の本当のコスト~』


「原発を廃止すると火力発電に頼ることになり、電気代が上がりますよ」
それって本当でしょうか?

女川原発の再稼働が現実味を帯びてきた宮城県で、もう一度根本から原発のコストを検証しようと、龍谷大学政策学部教授の大島堅一氏をお招きして、講演会を開催しました。
会場には組合員と一般参加者を合わせて65名が集い、大島先生のお話に耳を傾けました。

龍谷大学・大島堅一氏の講演会
大島堅一氏講演会
福島原発事故が発生して以来、原発は多くが停止しています。そして事故の加害者である国と東電は懐を傷めず、国民に事故の処理費用を負担させながら再稼働の道を進もうとしています。一方再生可能エネルギーは増え続け、電力不足は起こっていません。
先生の示された資料によると、条件が良ければ太陽光をはじめとする再エネでほとんどの電力を賄える日もあるほどで、政府が再エネに舵を切れば脱原発は可能であることがはっきりわかりました。

大きなポイントは、原発を持ち続けるだけでコストがかさむという事。福島の事故以来、規制が厳しくなり、莫大な改修工事・追加工事をしなくては再稼働が認められない中、原発は立ち往生しています。ただただ発電もしない原発を維持し続けていては下げられる電気料金も下げられるはずがありません。そして停止期間が長くなればなるほど、発電できる時間は短くなりコスト(単価)が上がるという、簡単な計算です。

「原発を廃止しても再稼働しても電気料金は下がります」と先生の言葉。では同じ安い電気ならどちらがいいでしょう?10万年先まで危険な廃棄物を出し続ける原発と、環境負荷が少なくコストが下がり発電効率が上がってきている再エネ。・・・考えるまでもありません。

「怖いか怖くないか」「危ないか安全か」という論争だけでは、それぞれが主張して終わりがありません。しかし経済の面から見ると原発は反対派にはもちろん、推進派にとっても利益のないものであることがよく解りました。
今がやめ時。ここで原発をすっぱりあきらめ、再エネにシフトししなければ!と誰もが思う素晴らしい講演でした。

真剣に耳を傾ける参加者の皆さん
真剣に耳を傾ける参加者の皆さん
参加者が共有することができたこの想いを女川原発の再稼働を止める力にして、あいコープのこれからの脱原発活動につなげたいと強く感じたひと時でした。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

(担当理事)

12/5 ゼン・ハニーカットさん講演会


著書『UNSTOPPABLE』出版記念として全国9カ所をまわるツアーのために来日されたゼン・ハニーカットさんを仙台にもお招きして、講演会を開催しました。
当日は県外の来場者、一般からのお申込みも含め、105人もの参加がありました!

多くの来場者で会場がいっぱいに!

ゼンさんは3人のお子さんのアレルギーや自閉症に直面し、その原因が遺伝子組み換え食品や農薬である可能性を感じ、その情報を発信、様々な運動を重ねることで多くの母親たちと共にアメリカの食を変えた方です。

「遺伝子組み換え食品の様々な問題の一つにグリホサート(除草剤)の残留があり、Non-GMO(遺伝子組み換えでない)とされていても『収穫時の乾燥剤』として除草剤が使われているため、現在の食卓ではオーガニック(有機)の食材でない限り、1回ごとにグリホサートを口にしている」とゼンさんは話されました。

グリホサートと聞いてもピンときませんが「ラウンドアップ」という商品名を聞けば「あぁ!」と思う人は多いはず。
輸入小麦などにはこの除草剤が「収穫作業を楽にするため」収穫直前に使われており、私達はそんな輸入小麦を原料としたパンや麺類などを主食として口にしています。
わたしたち、母親としても、子供たちの給食が気になるところです。

「食べ物の由来を知り、真実を公開してオーガニックを要求するというこの活動を、将来お子さんたちに『私の親は日本と世界を守ったんだ』と言ってもらえるように、共に始めましょう!」とゼンさんから呼びかけがありました。
さらに「『Moms Across America』と共に「食の安全を求める活動をしている団体」として、あいコープみやぎに感謝状をくださいました!
講演会の最後には参加者全員でゼンさんと声を合わせ、世界に向けたコール「We will not give up!(私たちはあきらめない!)」と発信し、会が終わりました。

世界に向けて「We will not give up!」
世界に向けて「We will not give up!」
参加者からは
「ご自分の目の前で起きている個人的な出来事から、世界の問題へと視野を広げられた知性に尊敬を感じます」
「粉ミルクにも遺伝子組み換えの原料が入っていると初めて知って驚いた」
「ママの『子供のため』という思いは一番強い原動力になると改めて思いました」
などの感想が寄せられました。
熱い思いがあふれるたくさんのアンケートから「まだ大丈夫、日本は変えられる」と、これからの活動への勇気とパワーをいただきました。
さぁ、一緒に動き始めましょう!

この講演会に際して、はるばるアメリカからお越しくだり、日本のあちこちに活動への種まきをしてくださったゼンさん、ゼンさんをサポートし日本各地での講演ツアーを支えてくださった事務局の皆様、ゼンさんのお話を聞くことで共感し、行動へのエネルギーをお持ち帰りくださった参加者のみなさまに心から感謝いたします。
ありがとうございました!

(担当理事)

1/23 泉B地区「フィナンシェでバレンタイン」


私たち泉B地区の組合員と社会福祉法人みんなの輪のわ・は・わ大衡、あいコープ職員が一緒に意見を出し合って開発した、あいコープ初のお菓子のPB(プライベートブランド)商品「発酵バター香るしあわせフィナンシェ」。食べると外はサクっと、中はしっとり。発酵バターの香りでもう一口!と止まらなくなるフィナンシェです。

もっともっとみなさんにたくさん食べてもらいたい!という想いから、フィナンシェに少しのアレンジで、楽しみ方が無限に広がる。そんな食べ方を提案しよう!という企画を1/23に行いました。
ちょうどバレンタイン前ということで、チョコレートでフィナンシェにデコレーションすることに♪

みんなでお喋りしながら、デコレーションのアイディアを出し合います。

まずは、お持ち帰りのプレゼント用のデコレーションから。
溶かしたチョコレートをつけてナッツをトッピングしたり、ジャムをのせたり挟んだり。ココアや抹茶を振って、美味しそうに大変身したフィナンシェが出来上がりました。

シンプルなフィナンシェが素敵なプレゼントに大変身♪

次に試食分のアレンジへ。
フィナンシェを半分に切って、生クリームや果物で飾れば簡単にかわいいケーキの出来上がり!

フィナンシェが立派なデザートプレートに!
フィナンシェが立派なデザートプレートに!
「あ、それいいね!」と参加者人数分のアイディアも出てくるので、みんなで共有しながらワイワイ楽しく作ることができました。
そのままでとってもおいしいフィナンシェですが、簡単なアレンジでプレゼントやお祝いのケーキにも大変身!

たくさんの皆さんにいろいろなアイディアで食べていただけたらと思います。

(担当理事)

12/26 餅つき


12/26、冬休みに入り、理事の子ども達も集まるせっかくの機会なので、大郷みどり会さんからお借りした杵と臼を使い、茨城BMさんから支援として頂いた玄米のもち米で餅つきを行いました。

よいしょ!ぺったん、ぺったん
餅つき
杵と臼を使って本格的な餅つき
餅つき
2019年は、台風19号が各地に甚大な被害をもたらしました。あいコープの生産者さん達、また、あいコープみやぎの建物もその例外ではありませんでした。
こうしてみんなで集まり、わいわいと掃除や餅つきをして新年を迎えられることに感謝の言葉しかありません。

2020年も頑張って行きましょう!

(担当理事)

12/18 太白地区企画「米粉deシュトーレン」


パン・お菓子教室を主宰している太白地区委員を講師に迎え、台風災害の応援企画として大郷の米粉を使った「米粉deシュトーレン」を開催しました。

シュトーレンはドイツやオランダでクリスマスの時期に食べられる伝統的なお菓子です。作るのは手間も時間もかかり、難しそうなイメージがありますが、今回は短時間で家でも作りやすいレシピにアレンジしたものを教えて頂きました。

まずは生地を手ごねするところから始まり、講師のデモを交えつつ、パン作りが初めての方にも分かり易く教えて頂きました。

生地捏ねのコツとドライフルーツの混ぜ込み方を習います。

麺棒を使って成型
麺棒を使って成型
男性も参加されています
男性も参加されています
生地を発酵している間には、台風19号で受けた被害報告と、輸入小麦粉に含まれる農薬グリホサートのお話しをしました。みなさん、真剣に耳を傾けて聞いてくださいました。

約2時間で憧れのシュトーレンが焼きあがり!
ホロホロに煮込んだ骨付きのチキンスープ、サラダと一緒にいただきました。

粉糖をふりかけたらシュトーレンの完成♪
粉糖をふりかけたらシュトーレンの完成
華やかなクリスマスリースサラダ
華やかなクリスマスリースサラダ
残った卵白で作った、サクサクのチュイールのおまけつき
残った卵白で作った、サクサクのチュイール
みんなでいただきま~す!
みんなでいただきま~す
参加した方からは「いつも買っているシュトーレンよりも美味しい!」「初めてシュトーレンを作りましたが美味しくて感激です!!」等の嬉しい感想をいただきました。
焼き立てふわふわのシュトーレンも美味しかったのですが、米粉が入っているので少し時間が経つとしっとりしてより美味しくなるそうです。
皆さんが家に持ち帰ったシュトーレン、一番美味しくなった頃に食べて頂けたのではないでしょうか? 本来ならクリスマスまで少しずつ切って頂くそうですが、我が家はその日のうちになくなってしまいました(笑)

12月の忙しい時期に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)
 次へ ≫