次へ ≫    検索

11/22 秋のフォーラム「お醤油の魅力再発見!お醤油使いこなし技」


太白地区の秋のフォーラムは、毎日の食卓にかかせないお醤油をテーマに、鎌田醤油の鎌田専務をお招きして「お醤油の魅力再発見!お醤油使いこなし技」を開催しました。

はじめに、NPO法人食育実践協会の食育コンダクターさんより、あいコープの丸大豆醤油と市販のお醤油の違いをレクチャーして頂きました。

あいコープの丸大豆醤油と市販のお醤油の違い

商品名を目隠しした食べ比べでは、味の違いが一目瞭然!市販のお醤油は塩辛く化学調味料の味が口に残りましたが、あいコープの丸大豆醤油はまろやかで深みのある味でした。
900ml当たりの価格を比べると、意外にもあいコープのお醤油は市販品よりも安い事がわかり、参加した皆さんからは驚きの声が上がっていました。

鎌田醤油の鎌田専務からは、食品表示の見方や鎌田醤油こだわりの材料、製造工程などのお話しをお聞きしました。

鎌田醤油・鎌田専務のお話し
鎌田醤油・鎌田専務のお話し
最近CMなどでよく見かける生(なま)しょうゆ。火をいれないものの事を”生しょうゆ(なましょうゆ)“と言うのだそうです。一見すると新鮮で身体にも良さそうですが、火入れしないと醤油とは呼べないので、それを補う為にアルコールや添加物が使用されているそうです。

あいコープの丸大豆醤油のように添加物が入っていない醤油は、生醤油(きじょうゆ)と呼ばれています。

市販のお醤油は、糖類やアルコールなどが添加され長い物で6ヵ月あれば完成するそうですが、鎌田さんの丸大豆醤油は、宮城県産の原材料こだわって1年~2年間かけて熟成させるので、うま味のあるまろやかなお醤油が出来上がります。

シンプルな材料で手間ひまかけて作る「きじょうゆ」は、添加物もなく、安心して頂く事が出来るのだとわかりました。

鎌田さんのお話しのなかで「生協という共同購入の仕組みで供給することは生産者にとっても、利用する側にとってもメリットがある。」という言葉が印象に残りました。

お話の後は、いよいよ調理です。
「みたらしはっと」の手軽な醤油あんの作り方を教えて頂き、みなさんで実際に作ってみました。

みたらしの作り方を真剣にメモ
みたらしの作り方を真剣にメモ
みたらしをはっとにかける
みたらしをはっとにかける
他にも醤油をつかった料理がそろいました!

醤油を使ったお料理の完成!
醤油を使ったお料理の完成
鎌田専務をかこんでいただきまーす♪

鎌田専務をかこんで
鎌田専務をかこんで
お醤油はプライベートブランド商品のなかでも代表格と言えますが、スポットを当てて学習する機会を持つことでさらに理解を深めることができました。
良い物を知って食べることの大切さを実感し、これからも鎌田醤油さんのお醤油を供給し続けて頂けるように買い支えて行きたいと思いました。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

(担当理事)

11/22 秋のフォーラム パスちゃん牛乳でモッツァレラチーズを作ろう


11月22日、若林地区の秋のフォーラム「パスちゃん牛乳でモッツァレラチーズを作ろう」を開催しました♪
あいコープは来年、設立40周年を迎えます。あいコープは卵と牛乳の供給から始まりました。2013年7月にデビューした「放牧パスちゃん牛乳」は、組合員の多くは冷蔵庫に必ずといっていいほど入っている一品ではないでしょうか?
今回は、そのパスちゃん牛乳を使って、お家で簡単にモッツァレラチーズを作る企画です!

本来、モッツァレラチーズは乳酸菌やレンネットという酵素を使い、時間もかかるので、自宅で作るのはなかなか難しいものです。今回は、牛乳とお酢で手軽に作れる方法で挑戦です!

モッツァレラチーズを簡単に作れる方法を解説
モッツァレラチーズを簡単に作れる方法を解説
まずは、牛乳を65℃まで温めお酢を入れてかき混ぜると、みるみるうちに牛乳がそぼろ状になっていきます。

お酢を入れると固まる
お酢を入れると固まる
それをザルで漉し、そぼろ状の固形物をまとめ、80~90℃のお湯の中で木べらを使い練りこんでいくと、だんだん弾力のある状態になります。

ザルで濾す
ザルで濾す
木べらで練る
木べらで練る
あとは手で滑らかになるまで練り上げていき、適当な大きさに分けたら出来上がり!

手でつるんとなるまでこねる
手でつるんとなるまでこねる
好きな大きさにちぎってできあがり♪
好きな大きさにちぎってできあがり
ザルで漉した時に出る液体(ホエー)にもミネラルやカルシウムがたっぷり含まれています。
今回は、そのホエーを使ったトマトスープも作りました。
その他にも、ホエーはスムージーにしたり料理に活用したりと、余すことなく楽しめます。

チーズの試食、完成!
チーズの試食、完成
おいしいー(^o^)
おいしいー
「市販のものよりリーズナブルだし、子供と一緒につくれそう。」
「味もまろやかで美味しい!クリスマスに作ってみようかな?」
参加者のみなさんも、手軽に作れることに驚いたようでした。

今まで、飲むだけでなく、料理にも活用してきたパスちゃん牛乳ですが、今回は新しい楽しみ方を再発見できる会となりました。
参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

(担当理事)

11/18 たねまきプロジェクト 小豆の収穫&脱穀作業


11月18日、秋保ゆうきの会の渡辺さんの畑で小豆の収穫&脱穀作業を行いました。
このイベント「たねまきプロジェクト@秋保ゆうきの会 あの・渡辺さんと小豆を育てよう!」は、『種子(たね)』について考えてみよう、という今年度のあいコープのプロジェクトの一環として仙台市立鹿野小学校社会学級さんと一緒に、「来年播くためのたねを収穫する」ことを目的として小豆を栽培しているものです。

10月中旬に収穫の予定でしたがサヤの成長が遅く、一カ月見送り、この日の作業となりました。

こちらが「あの・渡辺さん」。収穫のポイントを聞き、作業を開始します。

本来なら小豆の株ごと刈りとり、一気に脱穀できるのですが、まだ青いサヤが残っているので、茶色く乾燥したものだけを選びながら一つひとつ収穫しました。

まだ緑色のサヤが残っているので茶色いのだけを収穫

取り残さないようにじっくり探します
小豆の収穫
その後はこれまたひとつひとつ、手でサヤをむいて小豆を取り出します。

無農薬栽培のためか虫に食われたものが多く、作業しながらあちこちで「う゛ゎぁ~っ!」「また虫だよぉ~」「きもっ」という声が…
それでも手をとめる人はなく、最後まで黙々と小豆をむき続けました。
※虫の写真は、記事の最後に載せます。大丈夫な方はご覧ください。

ひとつぶひとつぶ丁寧にサヤから出します
丁寧にサヤから出す
みんなで小豆とにらめっこ
みんなで小豆とにらめっこ
みんなが取り出した小豆を一か所に集めると、頑張った子どもたちは大興奮。

脱穀した小豆を集める
脱穀した小豆を集める
たくさん集まった小豆に、大興奮のこどもたちがカゴに頭を突っ込む(^^)
大興奮のこどもたちが頭を突っ込む
重さを計ってみると9.2kg。
2kgの小豆を撒いて、この日収穫できたのは9.2kgですが、この後洗って乾燥させて、12月には選別作業をするので、だいぶ減ることでしょう。

9kgを超える小豆が採れました(この後の選別でぐっと減ることでしょう)
9kgを超える小豆が採れました
目的は、来年播く小豆をつくること。
形がよくて、大きくて…という小豆を2kg選び抜きます。
残った小豆があったら、みんなでお汁粉を楽しむ予定です。

かつては個々の農家で、収穫した豆をより分け、来年のたねを残すという事があたりまえに行われてきましたが今ではあまり見られません。
今回の作業では、文字通り一粒ひとつぶと向き合って小豆を収穫しました。
参加された方々がじっくり「たね」に関わることで見えてきたものはたくさんあるはずです。
「たね」を知ると、農作物がますますありがたく、愛おしいものになってきますね。


このあと閲覧注意!
虫の写真があります。
虫がいても、みんな手を止めずに作業しました!

無農薬だから虫食いっぱい
(担当理事)

11/16 秋のフォーラム「大郷みどり会とタンポポ村のごちそうデリサラダ作り」


今年度の秋のフォーラムのテーマは「PB(プライベートブランド)」です。
PBが最も多い生産者はタンポポ村さん。また、今年度、私たち泉B地区は大郷みどり会と交流をしてきました。この両方の生産者の方をお呼びして、泉B地区の秋のフォーラムの開催です♪

タンポポ村から牛渡社長が、みどり会から西塚さんと清水さんが来てくださって、「生産者とお話しできる」というあいコープならではの贅沢な時間を過ごすことができました。

まずは、PBの話。あいコープくらいの規模の生協で、これほどのPB商品のある生協はありません!という言葉に会場から拍手がおこりました。牛渡社長からは、「こんなにこだわっている生協は全国みても他にない。あいコープは化石のようだ(笑)」というお話も。

タンポポ村牛渡社長のお話

生産者さんとの出会い、生産者さんの努力、そして組合員の強いこだわりや活動があってPB商品が広がってきたことを改めて知ることができました。参加者のアンケートにも、「あいコープの組合員であることが誇らしく思った」という感想が多数寄せられました。

牛渡社長からは、幼いころの思い出の話などから、家族(作り手である母)の愛情が食べる人に伝わり、それが受け継がれていくというお話がありました。あいコープでも生産者と顔の見える関係であり、同じことが言えるのだと感じました。

みどり会の西塚さんからは、みどり会の取り組みのほかにも、生産現場の大変さや担い手不足の問題についてもお話いただきました。減農薬や有機の農業を行っている生産者さんを応援するためには、それを食べていくことが大切だと再確認することができました。

大郷みどり会西塚さんのお話

次に、とうほく食育実践協会の食育コンダクターのみなさんに「ごちそうデリサラダ」を教えていただきました。

サラダの盛り付け方やドレッシングづくりのデモンストレーション

普段はサラダというとレタスにトマトなど「バリエーションが少ない」というお悩みに、大根や白菜、小松菜、春菊などを組み合わせたり、フルーツを入れたり、温野菜にしてみたりなど、アレンジ方法をたくさん教えていただきました。

彩り豊かなサラダの完成

タンポポ村のソーセージやハム、スモークサーモン、スモークチキンを取り入れることでボリュームアップにもなり、うまみもアップ!
また、ドレッシングも5種類提案していただき、その組み合わせ方でも味の変化を楽しめました。

5種類のドレッシング
5種類のドレッシング
サラダとササニシキとひとめぼれの食べ比べ。大郷の新米です!
サラダとササニシキとひとめぼれの食べ比べ
生産者さんとの交流とおいしいサラダで心もお腹も満たされたフォーラムとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

(担当理事)

11/15 秋のフォーラム「さらに美味しく!菜種油活用術」


宮城野&しおさい地区の秋のフォーラムは、定員を超える応募で大盛況!みなさん楽しみにしていたことが良く分かります。

初めに、宮城野地区委員会と「あきう有機の会」との、そして、しおさい地区委員会と「大郷みどり会」との「産地交流」の様子を紹介しました。

この日は大郷みどり会の生産者さんにも来ていただき、芋博士(大郷みどり会:清水さん)、豆博士(大郷みどり会:只野さん)の解説も交えながら、枝豆とさつま芋の○×クイズで楽しく盛り上がりました。

芋博士、大郷みどり会の清水さん
芋博士、大郷みどり会の清水さん
豆博士、大郷みどり会の只野さん
豆博士、大郷みどり会の只野さん
次に、あいコープPB(プライベートブランド)商品について学びました。
「生産者と組合員が共同開発したものである」「これからも育てていける」
あいコープのこだわり、自分の体は食べたものでできていること、食の大切さ…これらを再確認することができました。

いよいよ、食育コンダクターの方による平田産業「菜種油」を使った調理と学習です。
料理している人も周りの人も「もたれない」油。
お家でも作れるフライドポテトと豆腐ステーキは、大変好評でした。

食育コンダクターの方によるデモンストレーション
食育コンダクターの方によるデモンストレーション
参加者の方にも実践していただきました
参加者の方にも実践していただきました
普段揚げ物をしない方も「油を減らす方にばかり考えがちでしたが、良い油を適度に使えば良いのですね」と実感してくださったようです。
遺伝子組み換え問題など、食の現状についてもお話していただきました。

菜種油を使ったランチが完成!フライドポテトと豆腐ステーキ
フライドポテトと豆腐ステーキ
みんなでいただきまーす!
いただきまーす
おいしい料理をお腹いっぱい食べて、食について学び、有意義な時間となりました。
ご参加いただいたみなさん、ご協力ありがとうございました。

(担当理事)
 次へ ≫