次へ ≫    検索

4/22 【石巻港ナタネ調査報告】


4/22(木)石巻工業港でナタネ調査を行いました。

ナタネ調査隊in石巻工業港
コロナの影響で今年度も組合員さんへの呼びかけは断念しましたが、石巻の地区委員と、美味しい練り物でおなじみ♪高橋徳治商店の髙橋利彰部長にご参加いただき、調査隊出動です!

去年GMナタネが数検体確認された場所に集合し、まずは検査について説明。
途中で採取してきた「在来ナタネ」と「セイヨウカラシナ」を実際に見比べながら、見分け方をレクチャー。なぜ見分け方を教えるか…それはGMナタネが疑われるのは「セイヨウナタネ」がほとんどだから。「ほんとだ、葉っぱが違う!」さっそくこの2本を簡易検査、こちらは陰性でした。

大きすぎてなかなか抜けず。ここは男性にお願い!
さぁ、次は目をつけていた限りなく怪しい検体を確保しに移動!かなり大きな株で、引っこ抜くのも一苦労。ここは男性の出番、高橋徳治商店・髙橋利彰さんにお願いしました。
皆で確認「ほら、葉っぱが茎の半分くらい巻いてる、セイヨウナタネでしょう?」「ほんとだー!」

大きな容疑者を確保!セイヨウナタネです。 大きな容疑者を確保!セイヨウナタネです。
そして簡易検査「…出たー!二本線!!( ゚Д゚)」バスター耐性ナタネでした。

バッチリ出ました二本線! バッチリ出ました二本線!
少し前、ここを下見した時に採取していた1検体も「バスター耐性ナタネ陽性」が確認されていましたが、それに続き2検体目の「バスター耐性ナタネ」です。

ここは国の「重要港湾」に指定されていますが、ナタネ輸入の事実は何年もないとのこと。水揚げがないと、国や自治体は積極的な調査をしてくれません。
そこで私たち、市民の出番!簡易検査のキットを使い、このようにGMナタネの自生が確認されると、全国の様々な生協や仲間たちと情報交換をし、行政や企業に現状を訴え、調査・管理の徹底をお願いします。そうして知らず知らずのうちに遺伝子の汚染が広がる※のを防ぐのです。

今回、石巻工業港周辺は歩道の工事などで雑草が取り除かれていて、あまりナタネは見当たりませんでした。ただ、昨年は菜の花の季節が終わった後の5月末や11月末にもGMナタネが確認されているので、今後も年間通してチェックは続けていきます。

黄色い菜の花が咲き誇る「春の風景」に汚染が広がらないように、GMナタネ調査隊はひっそりと活動を続けております。トラックやダンプが行きかう幹線道路で菜の花引っこ抜いてる怪しいおばさんがいたら、調査隊かもしれません。どうぞ温かく見守ってくださいね(笑)

※「遺伝子の汚染が広がる」:GMナタネが自生・繁殖してしまうと、セイヨウナタネと交雑しやすいアブラナ科の在来ナタネや野菜(大根やブロッコリーなど)との交雑が進み、見た目からは判断できない遺伝子組み換え作物が広がってしまうことになる。

(担当理事)

4/20【しおさい地区定例会~簡易キットを用いてGMナタネ自生調査をしよう!~】


菜の花の咲くこの時期、毎年あいコープみやぎではGMナタネ自生調査をしています。
GMナタネとは遺伝子組み換えナタネのこと。

青空定例会
青空の下で行った今回の定例会は、あいコープ理事にレクチャーをお願いし、私達が住んでいるしおさい地区で見つけた菜の花の遺伝子組み換え(以下GM)簡易検査を行いました。

検査をする前に観察から
まず始めに数種類あるナタネの見分け方を教わりました。一番分かりやすいのは葉が茎をどのように抱いているかを見ることだそう。

ここで私達が注目すべきタイプは葉が少し茎を抱く「セイヨウナタネ」。
バスターやグリホサートといった除草剤に耐性をもつGMナタネの可能性があり、近年はナタネが輸入されていない石巻港周辺でも発見されています。

外国から輸入されるナタネは遺伝子組み換えのものが多く、これらがこぼれ種から増え、在来ナタネやアブラナ科の植物との交雑が進んで身近に広がったら取り返しのつかない事態になることも考えられます。

葉の付き方でナタネを見分けます。
今回みんなで調べてみようと持ち寄った菜の花は見た目からそれとは違うタイプ、茎を抱かない「セイヨウカラシナ」でした…が、検査をするまで分からないよ!ということで、初めて試みる地区委員さん達に順番に検査をお願いしました。

試験紙に反応が出るかを待ちます。 試験紙に反応が出るかを待ちます。
切り取った葉を精製水の入った容器の中で潰し、試験紙を投入。特定の除草剤に耐性があるとそれに対応する試験紙に反応が出ます。
今回調べた5株はすべて陰性。ひとまず今回の菜の花は「汚染されていない」という結果でした。

汚染されたナタネではなく、ひとまず安心! 染されたナタネではなく、ひとまず安心!
「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」によると、この調査の目的は「国内におけるGMナタネの自生状況を全国の市民が簡単な方法で調査してその結果を公表し、GM作物の問題点を広く知らせるとともに行政及び関係業者に対して遺伝子汚染を止めるための速やかな対策を求めること」。

今回レクチャーをしてくれた理事からも、家族の食をあずかる主婦が知らないうちにGM食品が食卓にあがることに危機感をもち、「そんなもの食べたくない!」と声をあげていく大切さを教わりました。

GMナタネについて実際に検査を行い、丁寧なレクチャーを受けることで、今まで分からなかった素朴な疑問が解決できました。学び多い時間をありがとうございました。

(担当理事)

4/14【石けん環境委員会 環境学習会【雑貨】から見えてくる持続可能な未来 生活アートクラブ富士村夏樹社長のおはなし会】


近頃、新聞やテレビでもよく目にするようになった「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」

まんま通信と一緒に届く特別企画チラシ「エコデパ」でお馴染みの生活アートクラブ社長・富士村夏樹さんに、環境や人体に優しい雑貨を通して、被害者にも加害者にもならない暮らし方のヒントをオンラインで教えて頂きました。

生活アートクラブ・富士村夏樹社長 生活アートクラブ・富士村夏樹社長
始めに、その週に届くチラシを見ながら、生活アートクラブで取り扱っている商品についてお話を伺いました。

売れるモノを売るのではなく、売らなくてはならないモノをどう売るか、とういう視点で原料の段階から環境への負荷の少ないものを選ばれていることを伺いました。

冗談を交えつつチラシの説明をされる富士村社長のお話は、まるでテレビショッピングのよう!参加者の笑顔も絶えません。 冗談を交えつつチラシの説明をされる富士村社長のお話
質疑応答にも分かりやすく楽しく応えて下さり、参加者からは「まずはキッチンからひとつずつプラスチックを減らしてみます」「防草剤やシロアリ駆除剤についてもお話が聞けて勉強になりました」「お話に引き込まれあっという間の時間でした」等の声が聞かれました。

忙しくて中々チラシを見る時間がない!という方もいらっしゃるかと思いますが、是非「エコデパ」をご覧になって、一人一人が環境に優しい取り組みを考え、実践してほしいと願う学習会となりました。

(担当理事)

3/25 【教えて鎌仲ひとみ監督!安定ヨウ素剤って何?】開催


安定ヨウ素剤、ご存知ですか?

原発事故後、福島では現在246人もの小児甲状腺がんが発生しているそうです。
甲状腺がんを防ぐ効果がある安定ヨウ素剤が福島原発事故時はタイミングよく服用の指示が出されず、混乱の中配布されても何の薬か不安に思って飲まなかった人もいたと言われています。

昨秋、女川原発再稼働の地元合意が出されてしまいましたが、避難計画をみても全く実行性がなく、言われるがままに屋内退避をしていたら被ばくするんじゃないか、どうしたら自分や大事な人を被ばくから守れるのか、そうした尽きない不安を少しでも減らすため、オンラインで安定ヨウ素剤学習会を開催し、37名が参加しました。

学習会には被ばくをテーマに数多くの映画を製作されている鎌仲ひとみ氏を講師に迎え、自分で備えて減災する大切さをお話いただきました。

37名がオンラインで参加
チェルノブイリや福島原発事故を例に、放射性物質は思いのほか遠くまで拡散すること、初期被ばくが最も危険であること、安定ヨウ素剤は甲状腺に溜まるまでに時間がかかるため、避難の24時間前に服用するのがベストであることなどを教えていただきました。

鎌仲ひとみ監督 鎌仲ひとみ監督
希望する全市民への安定ヨウ素剤事前配布を行っている丹波篠山市の先進的な取り組みもご紹介いただき、あらかじめ問診を受けて薬の効果や服用上の注意を聞いておくことが大事だとわかりました。

参加者からも、安定ヨウ素剤のことはよく知らなかったので今回詳しく知ることが出来て良かった、講師の話が分かりやすかった等の感想が寄せられました。

今後宮城県にも事前配布を粘り強く働きかけていく必要があると感じました。

(担当理事)

3/18 組合員交流会 青葉A地区委員会【こめ糀から甘酒を作ってキレイと健康を手に入れよう!~活用編~】


Withコロナでの初の全オンライン開催となった組合員交流会のラストは青葉A地区が担当となりました。
私たちの地区では、2月18日に1回目の交流会として、甘酒の仕込み方を学習しました。
今回は、その続編という感じで、甘酒の活用編です。
こめ糀から甘酒を作ってキレイと健康を手に入れよう!~活用編~

講師は特別な方ではなく、地区委員による「生活体験を語る」という企画内容でした。

甘酒の炭酸割りを実演
甘酒を活用したレシピは、パンナコッタ、フレンチトースト、炭酸割りなどスイーツ関連の紹介では、写真や実演などの工夫をこらし、地区委員のみなさんの紹介もスムーズでした。

その他の活用したレシピは鶏のムネ肉を甘酒と味噌で漬け込んだ「西京漬け風鶏肉の焼き物」
魚でも漬けられるそうですよ!

甘酒1に対して味噌も1の割合で漬け床を作ります。
分量が分かりやすいので、すぐに試してみたくなるレシピでした。

「オンラインの交流企画ってどうなの?」と試行錯誤の連続で企画運営していますが、もどかしさもありながらも「私たちはつながっている」ということも感じられた交流会でした。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!!

(担当理事)
 次へ ≫