次へ ≫    検索

9/22 やっぺしりんご畑に行こう!りんご園地見学ツアー


ネオニコチノイド系農薬不使用で果樹を育てるのはとても難しいと言われています。それを実践して下さっている天童果実同志会のりんご園地に18組28名の組合員と職員2名の計30名でお邪魔しました。

仙台駅に集合して出発!

小雨降る仙台駅に集合したメンバーは、バスに乗り天童のりんご園まで1時間半の旅です。バスの中では職員さんによる説明を聞きます。天童果実同志会とあいコープの歩みと、りんごの育ち方についてざっくりと予習しました。

天童に到着するとそろって出迎えてくれた生産者さんたち。早速りんご園まで小路を進みます。雨は上がり、道の両側にはまだ赤くなり切っていないりんごがたわわに実っていました。

今回は片桐謙二さんチームと片桐道也さんチームの2つに分かれて園内を回り説明を聞きました。
まんま通信でおなじみ「葉取らずふじ」と葉を取った普通のふじの違いは木をパッと見ただけで解りました。市場では赤くなっている方が美味しそうに見えると言われるから、日が当たるように葉を摘むことが多いけれど、りんごに近い部分の葉を出来るだけ残した方が大きく甘く、美味しくなるという説明に参加者は納得の表情。

「葉取らずふじ」の説明

子どもたちはりんごの木の下で駆け回り、出荷が終わったリンゴの木に残ったりんごを取っていただき、早速その場でかじりつきます。念入りに洗わなくても安心してかじりつける、幸せな光景です。

リンゴにかじりつく子どもたち
リンゴにかじりつく子どもたち
昨年大発生し生産者さんを悩ませた黒星病(りんごに黒い点が現れる病気)は、今年も昨年ほどではないけれどやはり確認されているようで、心配そうに木に実っているりんごの裏側をのぞき込む生産者さんの表情が印象的でした。

黒星病の説明
黒星病の説明
黒星病だけでなく、胴枯れ病や尻腐れ病など、ただでさえ病害との戦いが絶えないりんごやラフランスの生産者にとって、農薬を減らすことがどれほど大変か、りんごの木の下でお話を聞くととても伝わるし納得できます。

それ以外にも今年は猛暑で、乾燥しているところに急にたくさん雨が降り味のバランスが崩れたり、日焼けで果実に焼けキズが付いたりして大変だったそうです。

組合員になって間もない、初めてツアーに参加したというご夫婦が、農薬を減らす努力の説明を聞き「農薬を使わない方が美味しいのですか?」という趣旨の質問を生産者さんに投げかけました。
生産者さんはどう説明するべきかと少し悩まれた後で「農薬を使わないから美味しいというわけではないけれど、使わないとたくさんの手間がかかります。手間をかけた分だけ美味しく食べてもらえると思って、一生懸命世話をしています」と答えました。

「安全であること」と「美味しいこと」は別物であるかのように感じますが、安全な食べ物を育て出荷するまでの手間を考えると、やはりそれは比例するのではないかと感じる回答でした。質問したご夫婦も大きくうなずいていました。

見学を終えて、公民館に場所を移し、交流会の始まりです。

いただきまーす
いただきまーす
生産者と一緒のテーブルを囲んで交流会
生産者と一緒のテーブルを囲んで交流会
子どもたちの「いただきます」の掛け声で、天童の奥様方手作りの山形芋煮やお漬物をお腹いっぱいいただき、もちろんとれたてのりんごやブドウもいただきます。
天童果実同志会の生産者さん一人一人に、ご自分の育てている果物の今年の出来栄えなどを聞かせて頂き、参加者も一人一人、今日の感想や日頃の感謝をお伝えしました。

もぐもぐ。芋煮おいしー♪
もぐもぐ
楽しい時間はあっという間で、ごちそうさまの時間です。
最後は「今後も頑張ってください」と、心ばかりのカンパをして天童を後にしました。生産者さんの手間と想いがいっぱいつまったお土産の袋はずっしりと重く、参加者は心地よい疲れを感じながら帰路についたことでしょう。
ご案内下さった天童の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!

リンゴ畑で、はいチーズ!
リンゴ畑で、はいチーズ!
(担当理事)

食べ物を作る生き方をしたい-産地のおと-



産地の情報をお届けする「産地のおと」


食べ物を作る生き方をしたい
食べ物を作る生き方をしたい

七郷みつば会(宮城県仙台市若林区)仙台市若林区の5軒の農家で構成され、米、野菜を生産。東日本大震災の津波で田畑が被災しましたが、翌年から生産を再開。2012年には農事組合法人クローバーズファームを立ち上げ、若者の研修受け入れも行っています。
就農2年目の挑戦

「今年初めて、農薬不使用のブロッコリーの作付けに挑戦します」。
小さな芽が出始めた苗箱を見ながらそう話してくれたのは佐東智之さん。佐東さんはクローバーズファームで研修をしながら、知識や技術を身につけ昨年2017年に新規就農しました。

わくわくした表情でブロッコリーの苗を見つめる佐東智之さん
わくわくした表情でブロッコリーの苗を見つめる佐東智之さん
ブロッコリーの苗。どんどん成長しています。
ブロッコリーの苗。どんどん成長しています。
震災を経験し「食の大切さ」を改めて実感した佐東さんは「生きるために食べる。食べ物を作る生き方をしたい」と考え、機械メーカーを退職後、研修生を募集していた農事組合法人クローバーズファームへ。
「毎日忙しいですが、生長する野菜と向き合う日々はとても充実していて農業を仕事にしてよかったと心から思います。農業に魅力を感じ、就農する仲間が増えてくれたら嬉しいです」と、佐東さんはお話しします。

先輩農家の細谷さん(左)と佐東さん(右)
先輩農家の細谷さん(左)と佐東さん(右)
現在は仙台市東部に自らの畑を持ち、ネギやきゅうり、オクラなど野菜を栽培します。
「経験がない中で不安もありますが、無理だと思ってやらないより、まずはやってみようと、先輩農家である細谷さんからの後押しで作付けを決めました」。畑は5畝(10×25m)ほどですが、11月中旬ころから収穫が始まります。

ここで、農薬不使用の栽培に取り組みます。
ここで、農薬不使用の栽培に取り組みます。
今後も技術を磨きながら、作付け品目を増やしていきたいと佐東さんは力強く答えてくれました。


担い手野菜セット
(11月企画予定。生産者:七郷・大郷・はさま・秋保・茨城BM)
担い手野菜セット

9/6 自家製酵母でパン作り 泉B地区企画


「酵母をおこすところから自分でやってみたい!」という声から、「自家製酵母でパン作り」の企画を開催。酵母のおこし方から、パンを作りやすくするための中種と呼ばれるパンの素のつくり方、そして、カンパーニュのつくり方まで、盛りだくさんの内容でしたが、一つ一つ丁寧に教えていただきました!

パンのこね方を教えてもらう
パンのこね方を教えてもらう
こねたパン生地
こねたパン生地
レーズンで酵母おこしをする方法を教えていただきました。
事前に地区委員さん数名に試しにやってもらったところ、カビが生えてしまった方も…。そこで、カビが生えた時の対処法も教えてもらい、参加者の皆さんは、大事なペットのように酵母の瓶をお持ち帰りしていただきました(^^)

いろいろな酵母
いろいろな酵母
今回参加したのは「自家製酵母でのパン作りにあこがれていたけれど、今までは難しそうで挑戦できなかった」という方々。今回の講座では、一つ一つ丁寧に教えていただき、「これなら家でもできそう!」と喜びの声があがっていました。

試食は、事前に焼いておいたカンパーニュに、ハムやスモークサーモン、桃や生クリームなどをお好みで乗せていただく、オープンサンドでした。
スモークサーモンのおいしさや桃と生クリームの相性の良さに「おいしい!」の連発♪

試食
試食
カンパーニュにトッピングはお好みで
カンパーニュにトッピングはお好みで
時間の都合上、仕込んだパン生地は、お持ち帰りして各自のお家で発酵させ、焼いてもらいました。数名の方から「うまく焼けました!」と、うれしい感想もいただきました。

パン作りについての話にみんなで盛り上がり、和気あいあいと楽しい企画となりました。
ご参加、ありがとうございました。

(担当理事)

9/15 畑に行こう!大根の間引き


9月15日の「畑に行こう!」。いまにも降り出しそうな空でしたが、たくさんの家族が参加しました。今回は大根の間引き作業です。

仙台えんのう倶楽部の皆さんから作業の仕方を伝授していただき、さっそく作業開始。

間引きの方法を教わる
間引きの方法を教わる
10本ほどある畝に散らばった参加者は、それぞれに手を動かします。

作業開始!
作業開始
こどもたちも一生懸命に作業します
こどもたちも一生懸命に作業
マルチの穴からひょっこり伸びる3つの株から選りすぐりの1本を残して、残りは間引きます。絡み合っている葉っぱは、優しくほどきます。
残す株の葉をちぎらないように間引いて行くのは、最初は緊張しましたが、ほどなくして慣れてくるとサクサクと作業が進み、間引いた葉を入れる袋はすぐいっぱいになりました。

立派に育ってね!
立派に育ってね
無農薬の大根畑には、深緑色のフンを残しながら葉をもぐもぐと食べている青虫が見られました。
青虫はそんなに大根を好む方ではないんだけどね~と、えんのう倶楽部の方々も苦笑。
参加者はところどころ食べられて穴の開いた葉を持ち帰り、美味しく頂くことにしました♪

ちょうど作業が終わるころ、雨がパラパラ落ちてきて、そこで作業終了となりました。

今月もえんのう倶楽部の皆さんに大変お世話になりました。
来月の予定は、いよいよサツマイモの収穫!
秋の味覚が楽しみです。

(担当理事)

9/15.16 ながめやま牧場に行こう2018


私たちのイメージキャラクターでもある“放牧パスちゃん”は、山形県にある飯豊連峰のふもとに広がるながめやま牧場でのびのび暮らしています。その広さは180ha、なんと東京ドーム38個分!
ここ数年、私たちのツアーでは雨や暑さによって放牧を見学することができておらず・・・
今年こそは何としても放牧の様子を見たい!との思いで企画した一泊ツアー、集合はながめやま牧場です♪

開会式後、すぐに私たちと一緒に牧草地に向かって歩いてくれた牛たち。
緑のまきばに戯れる牛たちを見られたことに参加者一同感激です!

緑のまきばに戯れる牛たち
緑のまきばに戯れる牛たち
牛さんたちが私たちと一緒に歩いてくれました
牛さんたちが私たちと一緒に歩いてくれました
牧草地から牛舎に移動すると、お乳が張っている様子の牛たち。そろそろ搾乳の時間との事でタイミングよく午後の搾乳を見せていただきました!

その後、宿泊場所の“飯豊少年自然の家”に集合しオリエンテーションを行いながら、紙芝居とクイズで放牧パスちゃんのことを楽しく学習。事業部職員の皆さんがしてくれたクイズに子供たちは大盛り上がりでした♪

紙芝居とクイズで放牧パスちゃんのことを楽しく学習
紙芝居とクイズ
クイズに大盛り上がりの子供たち
クイズに大盛り上がり
夕飯を終えて、いよいよ夜間放牧見学に行きました。
涼しくなった夜のまきばに思い思いに出ていく牛たち。
暗闇の中、目を凝らしてみるとずいぶん遠くまで牛たちがいます、自分の好きな場所があるのでしょうか。
一般的には牛舎で繋がれ一生を終える牛たちが多いという内容の紙芝居を見た後のこの光景に、ここの牛たちは幸せなんだろうなぁとしみじみと思ったのでした。

ぞろぞろと夜間放牧
ぞろぞろと夜間放牧
月と牛さん
月と牛さん
翌日は早朝5時半からの搾乳見学の為、皆さん眠い目をこすって牧場に集合しました。

お乳が張って苦しいのか「モ~」と鳴く牛たち。
搾乳準備の傍ら、牛たちは搾乳場所に向かう列を作って静かに待っていました。

30頭ずつ入ることが出来るロータリーパーラーに一頭ずつ牛が入っていきます。
乳房をきれいに拭いてもらい、手しぼりしたお乳の色や乳房炎にかかっていないかスタッフがチェックした後、搾乳器を取り付けられていました。こちらは、しぼり終わると自動的に外れるのだそうです。
1周して出口では、後ろ向きに歩を進め、くるりと向きを変えて出ていく牛たちに驚きました。

ロータリーパーラーで搾乳
ロータリーパーラーで搾乳
そして嬉しいことがありましたー(*’▽’)
早起きのご褒美だったのでしょうか☆子牛が生まれた!とのことで見せていただきました。
行ってみるとお母さん牛は生まれたての子牛をベロで舐めていました。
あと一時間ほどで立ち上がるという子牛、貴重な場面を見学させてもらうことができました!

産まれたばかりの子牛
産まれたばかりの子牛
みんなで注目
みんなで注目
再び宿に戻って朝食をいただいた後、みんなで”放牧パスちゃん牛乳のうた”を合唱しました。
♪放牧パスちゃんランラン・・・♪子供たちが口ずさんでくれてとても嬉しかったです(*^-^*)

退所後は牧場に戻り3グループに分かれて、子牛舎での哺乳体験や餌やり体験、牛舎の見学をさせてもらって搾りたての牛乳を試飲させてもらいました。

ミルクをあげる
ミルクをあげる
一般的な乳牛は輸入の濃厚飼料を餌に育てられ、牛乳は超高温殺菌で熱処理されます。一方、私たちの放牧パスちゃん牛乳は数少ない放牧酪農スタイルで緑の牧場で草を食み、暑さで外に出られない時にはバイオベットの床で自由に動き回りながら暮らしています。
牛舎で与えられる飼料も地域で栽培されたデントコーンやおからやウイスキー粕などをミックスした地域循環のスタイルをとっています。
また他の牛乳とは混ざらないように専用のタンクを通ってパスチャライズド殺菌されます。

今回のツアーでは一日の流れを通して、牧場の方々のお仕事の大変さをわかると同時に、こんなに伸び伸び暮らしているパスちゃん牛乳の価値と素晴らしさを実感することができました!
ずっと雨の予報だった二日間でしたが、一滴の雨にもあたることなく無事にツアーを終えることができました。

日常の業務の他に牧場を案内して下さった牧場スタッフの皆さま、やまらくの山口組合長はじめ職員の皆さま、ご参加下さった皆さま、ツアースタッフの皆さま、どうもありがとうございました。

集合写真
集合写真
(担当理事)
 次へ ≫