次へ ≫    検索

9/5 魚屋さんが教える包丁の研ぎ方&魚のさばき方


台風一過で蒸し暑いこの日、年に数回企画される『鮮魚セット』の生産者・丸友しまかの島香友一専務をお迎えし、包丁の研ぎ方と魚のさばき方を教えていただきました。
島香専務、元はIT関連のお仕事をされていたそうで『最初は魚をさばけなかったんですよ』という一言で参加者のハードルがだいぶ下がったようでしたε-(´∀`*)

まずは、切れる包丁と切れない包丁の違いを教えていただき、包丁研ぎのデモンストレーションを見学しました。

包丁研ぎのデモンストレーション
包丁研ぎ
次は参加者の番です!
片刃、両刃や砥石の種類なども教わりながらそれぞれの傍でご指導して下さったおかげで、皆さんの包丁はピカピカになりました!

包丁を研いだ後は、いよいよ魚を捌くところを見せていただきました。

島香専務による3枚おろしの実演
3枚おろしの実演
さすがプロ!島香専務の包丁さばきにうっとりです☆
ポイントは、切れる包丁を使うこと!骨の場所を知ること!そうすれば大体の魚はおろせるそうです。
私にもできる!?と皆さんワクワクの表情で見ていました。

さてさて参加者の番です・・・。
まな板の上に置かれた魚は、ブリの幼魚・イナダ!想像より大きい・・・
いざ魚を前にすると皆さんの緊張が伝わってきました。

参加者も3枚おろしに挑戦
参加者も3枚おろしに挑戦
初めて捌く方には、一緒に包丁を握って骨を確認しながら指導して下さり『なんどもやって上手になりますから!』と優しい言葉もかけてくれる島香専務、温かい!*(*´∀`*)*。

骨にあたるでしょ?
骨にあたるでしょ?
皆さんの三枚おろしが完成です!

おろしたイナダは、食育コンダクターさん指導のもと、塩焼きと照り焼きにしていただきました。

自分で捌いた魚をいただきまーす
自分で捌いた魚をいただきまーす
釣りをなさるという参加者の男性は『自分で捌いた魚は美味しい!』と。
塩焼きも、照り焼きも魚自体が新鮮で美味しくって、お箸が進みました。

初めての方でもできるようにと、優しくご指導していただいたおかげで『楽しかった!』という感想を沢山いただきました。
遠くから足を運んでくださった島香専務、本当にありがとうございました。
また、ご協力いただいた食育コンダクターのお二人にも感謝です(*^-^*)

『鮮魚セット』(頭と内臓をとった状態のお魚が最低3種類は入っています♪)は10月5回に登場します!
三陸の旬の鮮魚、多くの皆さんにご賞味いただきたいと思います。

ありがとうございました(^^♪

みんなで“魚”(ぎょっ)で記念撮影
記念撮影
(担当理事)

9/3 第2回パルシステムでんき発電産地交流会


パルシステムでんき発電産地の各社・関連生協が、福島市「土湯温泉」に集まり「株式会社元気アップつちゆ」の再エネ活用によるまちづくりに触れてきました。

震災と原発事故による風評被害によって、16軒あった旅館のうち5旅館が廃業してしまった土湯温泉。「このままでは温泉が消滅する」という危機感から復興再生協議会を結成、町つくりのスタートとなったそうです。

現在は、豊富な水量を誇る川と温泉を活かした小水力発電、土湯温泉源泉地の温泉熱を使ったバイナリー地熱発電の2種類の電気を発電しています。
現場を見学して回りました。

小水力発電までの川辺

小水力発電

小水力発電

バイナリー地熱発電
発電産地交流会
ここでは「湯快な土湯温泉エビ養殖事業」として、温泉バイナリー発電の2次利用で海老を養殖しています。全国初だそうです。エビ釣りや食材として出荷しています。

つち湯愛えび養殖
つち湯愛えび養殖
エビの養殖を説明していただく
エビ養殖の説明
えび
養殖のえび
エネルギーを地産池消できる温泉観光地の実現を目指しながら、再エネ×人材育成プラス地域づくりが賑わいの創出になることを目的に独自の研修プログラムを開発し、平成27年度は2500名もの施設見学の参加があったそうです。

発電産地応援!
再生可能エネルギーの電気を選ぶ消費者が増えますように!
電気加入の輪を広げていきましょう(^^)/
パルシステムでんきのチラシをご覧くださいね♪

(担当理事)

8/31 秋保ゆうきの会産地交流 仙台芭蕉菜の種まき


2018年度、秋保ゆうきの会さんと交流している仙南・青葉B・宮城野地区委員会。8月31の交流は、芭蕉菜の種まきです。

あいにくの雨になりましたが、雨の中では直播きが出来ないと言う事で、ハウスの中での作業になりました。

中に3センチ四方の仕切りがあるプラトレーに肥料やピートモス等を混ぜた土を入れ、秋保ゆうきの会・渡辺さんお手製の種まき用の穴を開ける道具(角材に等間隔に釘を打ってあるもの)で穴を開け、1ミリ程の種を、2つずつ蒔いていきました。

渡辺さん特製の穴あけ機

種が小さいので、なかなか根気のいる作業でしたが、渡辺さんや、研修されている若いお二人と話しながらの、楽しい交流になりました。

ハウスの中で仙台芭蕉菜の種まき
仙台芭蕉菜の種まき
ハウスの中にはコオロギやバッタ、カマキリ等がいて、息子(3歳)は夢中になって捕まえていましたが、コオロギが芭蕉菜の芽をかじってしまうので、上から薄いシートをかけるそうです。

芽が出るまでは、4日程度ということ。収穫は11月中旬です。
「仙台芭蕉菜、あまり聞きなれない方も多いかと思いますが、苦味のない高菜と言うと分かりやすいかな?」と渡辺さんはおっしゃっていました。漬物に向いているそうです。
来年、秋頃にあいコープで取扱いになる予定ですので、皆さん、お楽しみに!

(担当理事)

不用品を活かす!鍋布団準備会


先日の脱原委員会ニュースで、組合員の皆さんに「不用になった毛布や新品の布地を譲ってください」と発信したところ、たくさんの反応をいただきました。
配送職員さんの力も借りて集まった布地がこんなに!

集まった毛布や生地
集まった毛布や生地
脱原委員とエネルギーナビゲーターメンバーで、『鍋布団』を作るためのキット(ある程度仕上がっていて最後の段階を縫うだけで完成させられるパーツ)を作りました。
布地を広げ、同じ幅に切りそろえるところからスタートです。

同じ幅に切りそろえる
同じ幅に切りそろえる
半端な布地は「つぎはぎ」して、見えない部分に使用します。無駄にしません。

つぎはぎ
つぎはぎ
この日作られたキットは、今後の組合員活動で「鍋布団を作って省エネ調理しよう!」という企画を行う際に、参加する組合員さんの手に渡る計画です。

「作ってみたいけど裁縫が苦手で不安」とか「作る意欲はあるんだけど材料がそろわない」という声にこたえられるように、委員会総力を挙げて取り組んでいます。

今後の鍋布団企画にご期待ください!

(担当理事)

8/31 消しゴムはんこをつくろう


石けん環境委員会のオープン定例会は、元美術教師で現在は地方紙にイラストなどを提供している石けん委員さんを講師に、消しゴムハンコを作りました。

彫り方を説明していただく

図柄を選ぶ

消しゴムに図柄を書く

彫る
消しゴムはんこを彫る
完成!
完成
押してみる
押してみる
押した紙にぬりえ(^^)
押した紙にぬりえ
今回作った消しゴムハンコは、11/4(日)に卸町サンフェスタで行われるWa!わぁ祭りの時に、石けん環境委員会のブースで紙袋に押していただけるようにと、準備したものです。
来場者のみなさんに紙袋を購入していただき、好きなハンコやスタンプを押してオリジナルマイバックを作れるコーナーにしたいと考えています。
ぜひ、ご家族みなさんでご来場くださいね!

(担当理事)
 次へ ≫