次へ ≫    検索

10/24 「布おむつカバーを手作りしよう」


10月の布おむつの会オープン定例会は、布おむつの交換の際やトイレトレーニングにも便利な、ウール地の「布おむつカバー」を作りました。

おむつカバーちくちく
おむつカバーちくちく
市販の布おむつカバーは、高価だったり、動き始めたお子さんだと仰向けに寝かせて交換させるのが大変…などの困り事があり、布おむつの使用を断念してしまう要因にもなっているようです。
今回作成するおむつカバーは、おしっこなら履いたままでも脇からおむつだけを引き抜くことができ、立ったまま着脱できるすぐれもの。おむつを卒業してもパンツとして使えます。
今回はウール生地で作るので、冬温かく夏も涼しく、通年使えます。

まずはパンツ型・ふんどし型(股にあたる部分の縫い合わせが片方のみで、お相撲さんのまわしのように腰のゴム部分に挟めるタイプ)のどちらかを選んでもらい、予めサイズに合わせて裁断してある生地をお渡ししました。

こちらがふんどし型おむつカバー
ふんどし型おむつカバー
手順説明のあとは早速ちくちくを開始。作り方も簡単で、腰のゴム通し部分を作り、それに股部分を縫い合わせて最後にゴムを通すだけ。

手を動かしながら、布おむつについての情報交換や、子育てについてなど、お話しも弾みました。
また、石けん製品を展示し、「布おむつを洗うなら石けん」をお伝えしたり、布おむつの会の活動紹介も行ないました。

おしゃべりしながらちくちく
おしゃべりしながらちくちく
お茶やお菓子もつまみながら、1時間ちょっとで出来上がった方もいらっしゃり、「早速子どもに履かせてみます。」とうれしい感想を頂きました。

今回は0歳児のお子さんを連れて参加の方がたくさんいらっしゃったので、部屋の一部にマットを敷いて臨時の託児スペースを設置。

0歳児託児スペース
0歳児託児スペース
仲良くねんね
仲良くねんね
お母さんがちくちくに専念できるよう、会メンバーが交代でお子さんの見守りを行ないました。
赤ちゃんの元気な声が響く室内はとても温かい雰囲気に包まれていました。

お子さんの身につける品を手作りする機会は近年減っているように感じますが、お子さんと過ごす貴重な時間が有意義になるような企画を、これからも開催していきます。

(担当理事)

いつまでも元気で健康に!「ロコモ予防ヨガ体操」開催


いくつになっても元気でいたいもの。
そこでジョイケアシステムで初の試みとなる「ロコモ予防ヨガ体操」を、NPO法人日本ヨガ連盟の深掘智恵氏を講師にお迎えし、全5会場で開催しました。

大崎会場の様子
ロコモ予防ヨガ体操/大崎会場
ロコモとは骨・関節・筋肉などの運動器の機能が低下し、将来的に要介護になるリスクが高い状態のこと。
ヨガの呼吸を取り入れた体操は運動器の機能低下の予防になります。また、身体を使うことで脳の刺激になって認知症予防にもなるとのこと。
筋肉は120歳まで鍛えられ、骨は75歳まで作られるということも教えていただきました。

泉会場の様子
ロコモ予防ヨガ体操/泉会場
足の指から順にほぐしてストレッチ。耳・目・指をほぐす簡単ヨガをやりました。
不思議なことに、目ヨガの後には脚の動きが楽になり、指ヨガの後には後ろが振り向きやすい!耳ヨガも、頭がスッキリしました。

最後に「笑いヨガ」
最後に「笑いヨガ」
いつまでも健康に元気で居られるように、あいコープの食材で細胞を健康に、ロコモ予防ヨガ体操で元気に!
命いきいきライフを送っていきたいものですね♪

(担当理事)

10/26 石けん環境委員会オープン定例会「新聞エコバッグ作り」と「無漂白ネル布の準備」


石けん環境委員会のオープン定例会は、前半は布ナプキン用の無漂白ネル布の梱包作業、後半は新聞エコバッグ作りをしました。

無漂白ネル布は「ひろがれ ひろがれ エコ・ナプキン」の著者である角張光子さんが立ち上げた「スペース・ムウ」さんから布を反物で購入し、石けん環境委員会で裁断し梱包作業をし、年に2回、組合員のみなさんに頒布しています。
反物の仕入れ代金や配達料、裁断作業をする委員さんの交通費を考えたら、利益はほとんどなくむしろ赤字になります。しかし、仕入れ元のスペース・ムウさんも利益ではなく布ナプ普及活動を目的としていて、あいコープもこの考えに賛同し、この無漂白ネル布の頒布を行っています。

今回は石けん委員さんのみならずオープン定例会に参加していただいた組合員のみなさんにもお手伝いいただいたので、あっという間に作業が完了しました。


今年2月のオープン定例会「布なぷで温活」に参加していただいた方も今回いらしていただいて
「市販のネル生地よりもフワフワしていて使い心地が良かった」
「実家に帰ったときに持って行って、家族に渡してきました」
など、布ナプキンが広まっていくのを感じることができる嬉しい報告がありました。

後半は、エネルギーナビゲーターの委員長さんにお越しいただいて、新聞エコバッグの作り方を教えていただき、2種類のバッグを作りました。

1種類目の新聞エコバッグ

参加者の感想を紹介します。
「思ったよりも簡単にできたので、家でも作ってみたい」
「家のごみ箱や野菜を入れるのに利用したい」
「カレンダーでも作ってみたい」
「自分の好みでサイズを変えられるところがいい」

2種類目のエコバッグ
新聞エコバッグ
2種類目のエコバッグの作り方
新聞エコバッグの作り方
これからの季節、クリスマス等でプレゼントをやり取りすることも増えるかと思いますが、新聞紙だけでなく、包装紙やカレンダーなどを利用してもできるので、プラスチックではなくリサイクルできる紙でバッグを手作りしてみてはいかがでしょうか。

(担当理事)

10/20 第7回 畑に行こう!さつまいもの収穫


7回目の畑に行こう!は、さつまいもの収穫です。12家族30名が参加。心配していた雨も午後まで雲の中で我慢してくれたおかげで、濡れずに収穫が出来ました。

サツマイモの収穫開始!

よいしょ!

とれたよ!

大きなさつまいもを掘って喜ぶ子ども達。お子さんより楽しむ大人(^^)
みなさん笑顔で収穫の醍醐味を味わっていました。

立派なさつまいも

さつま芋収穫の後は、大根の作業。
前回間引きした大根の葉の付け根には、ヨトウムシの赤ちゃんが住み着いてしまっていたので、割り箸を使い手作業で除去していきました。
無農薬栽培・殺虫剤を使わない畑ならではの光景です。

ヨトウムシを割り箸で除去

※ヨトウムシの写真は、この記事の一番下にある【閲覧注意】の下に掲載しました。見たい方は、最後までご覧ください。見たくない方は、【閲覧注意】の文字までで、スクロールを止めてください(^^)

最後に、仙台えんのう倶楽部の皆さんが準備してくださった、ふかしたてのさつまいもをハフハフといただきました。

ふかしたてのさつまいも。ハフハフ
ふかしたてのさつまいも。ハフハフ
さつまいもの柔らかい茎は、茹でてお浸しにして食べたら美味しいという説明を聞き、茎もお持ち帰りしました。
「畑に行こう!」残すところ1回の開催となりました。
最終回の落花生・大根の収穫も楽しみです。

(担当理事)


【閲覧注意】
次、ヨトウムシの写真が1枚あります。


↓↓↓↓↓


大根の葉の付け根にヨトウムシの赤ちゃん
ヨトウムシの赤ちゃん


10/19 しおさい地区オープン定例会「焼魚と新米」


待ちに待ったシーサイド企画!間宮商店さんをお招きして焼魚について学びました。しおさい地区では間宮商店さんの工場見学に続き第二弾の生産者交流となります。(間宮商店の工場見学報告ブログはこちら

まずは、間宮商店について紹介していただき、「近海マサバ」について学びました。

近海マサバのお話

原料になる三陸・北海道などの国産の原料を直接目利き。創業以来、無添加にこだわっているとのこと。そして大変衛生的な工場で製造されています(私達も見学しました)。
冷凍技術の進んだ昨今、単なる「乾燥」ではなく魚に合わせた技法、いわゆる「熟成」という形で魚をより美味しくしているそうです。干物でありながら薄味な仕上がりの秘密は、魚種により漬け込み方や時間を変えている点にもあるようです。

焼き魚のお話

次に、焼き方のデモンストレーション。
ほとんどの組合員が普段使用しているであろう「グリル」 VS 間宮商店さんオススメの「フライパン」での焼き比べです!

フライパンで焼く方法を教えていただく
「焼き魚」をフライパンとグリルで焼き比べ
グリルはこんがりと焼き色が付き良い香り。身が薄い内蔵の部分にアルミホイルを乗せて焦げ防止にします。
フライパンはクッキングシートを敷き、火の通りを良くする為あらかじめカットして焼くと良いとのこと。蓋をし蒸し焼きにするため身がふんわりとしていました。
「私はこっちがカリカリしてて好きだわ!」「後片付けはフライパンが楽だわねー」とワイワイがやがや。 食感の好みも影響し、ここは仲良く両者引き分け!笑

次はまんま通信でお目見えした「酒汐干し3種(マサバ・真ホッケ・赤魚)」で焼き方を試しました。
魚種ごとに3班に分かれ、各班グリルVSフライパンで焼いてみました。

マサバ班。秘技を伝授していただきます。
マサバ班。秘技を伝授していただく
焼き上がるまでの時間、間宮さんや石川部長、大沼さんが各班を回って適宜アドバイスをくださり大変心強かったです。焼魚のことで普段困っていることなどにも気軽にお答えいただきました。

ホッケ班。ポイントを教えていただく。
ホッケ班。ポイントを教えていただく
片面焼きグリルの場合、皮目から焼き途中で裏返し余分な油を落とし、再び皮目を焼くことがポイントのようです。
フライパンは思ったより火の通りが良く、やはりふっくらとした仕上がりでした。

赤魚班。たくさんの質問にも応えていただきました。
赤魚班。たくさんの質問にも応えていただきました
歓談しているうちにあら!計算されていたかのように同時に3魚種が焼き上がりました!

マサバの焼き比べ。
マサバの焼き比べ
焼き上がった魚はバイキング形式でお皿に取り分けました。
産地交流をしている大郷みどり会さんの新米(ササニシキ)と一緒にいただきます!

秋定食の完成!
秋定食の完成
きのこ汁、箸休めに三五八で和えた野菜も焼魚の味を引き立てていました。
デザートは先日収穫したさつま芋を使った「クラフティー」。これは目新しくて大好評でした。

みんなで食卓を囲む
みんなで食卓を囲む
みんなで食卓を囲み、おしゃべりしながら美味しくいただきました。

ベテラン組合員さんにも色々な点で新しい提案ができ、日常に役立てていただける企画だったと思います。
間宮商店さんはじめ、理事・職員のサポートも、ありがとうございました。

(担当理事)
 次へ ≫