次へ ≫    検索

11/1 青葉A・宮城野地区合同企画「発酵食品なんで美味しいの?」


紅葉が朝日で輝く11月はじめ、あいコープで供給されている"ひしおの糀"の販売元である(株)ケイミーオフィスの青木さんを講師にお迎えし、発酵食品についての知識や活用方法を学ぶ会が開催されました。
参加者は25名、まずは青木さんがご用意下さった甘酒のウェルカムドリンクでお出迎え。

発酵食品講座講師 ケイミーオフィスの青木さん

開会挨拶、スタッフ紹介に次いで始まった、青木さんの発酵食品講座には、早くも皆さん真剣に聞き入っていらっしゃいました。
発酵食品の歴史や世界の発酵食品、身体への効用等をお話頂きましたが、発酵食品は消化吸収されやすく、細胞修復作用や免疫力を高めたり、身体が求めるものだからこその"おいしさ"だという事が解りました。
「身体も心も発酵食品で温まって欲しい」と穏やかにお話しされる青木さんの言葉からは発酵食品への深い愛が感じられ、参加者のお子さんに積極的に話しかけられる姿が印象的でした。

青木さんの講座の後は、納豆麹のデモンストレーションを行いました。"納豆麹"について、会場でもご存知ない方がほとんどでしたが、醤油と酒で麹と納豆を漬けた納豆の松前漬けの様な物をご想像頂ければ分かり易いでしょうか。
山形、中でも米沢市を中心とした置賜地方が発祥で、地元では五斗納豆と呼ばれ、江戸時代頃から食べられていたようです。麹の甘みと納豆の旨味が合わさって、炊きたての新米にのっけたら、何杯でもご飯のおかわりが出来てしまうのです。まだ食べた事のないものに、皆さん興味津々なご様子でした。

納豆麹のデモンストレーション

さて、納豆麹の次は再び青木さんにバトンタッチをして"ひしおの麹"の仕込み方と、出来上がった"ひしお"で鶏胸肉の漬け焼きのデモンストレーションをして頂きました。
今回の企画のメインとなる"ひしお麹"ですが、これは大豆麹・麦麹が合わさったもので、醤油と水を合わせて仕込む、味噌や?油の原型と言われる調味料です。米麹と比べるとタンパク質の旨味量が大きく違います。
別名、"日向みそ"と言われ、あたたかい場所に置いて毎日混ぜること一週間、シュワシュワという発酵途中の音が聞こえなくなれば完成です。
このひしおを使う鶏胸肉の漬け焼きは、麹の酵素でタンパク質が分解され、しっとり柔らかく仕上がります。

ひしお麹の仕込み方のデモンストレーション

その後は各班に分かれ、参加者の皆さんそれぞれ"ひしお麹"を仕込みました。
皆さんのひしお、もうそろそろ美味しく仕上がってるかな?

ひしお麹を仕込みます。
ひしお麹を仕込みます
さて、ひしおを仕込んだら、次はひしおを使った料理です。
ネギで香り付けした油で鶏胸肉の漬け焼きを調理し、大郷のササニシキ、納豆麹、海藻とひしおのお吸い物、天童のリンゴと、青木さんがご用意下さった"豆汁グルト"のリンゴ和えも一緒に、発酵食ランチをいただきました。

鶏胸肉漬け焼きが焼きあがりました。
鶏胸肉漬け焼きが焼きあがりました
本日の発酵食品ランチの完成!
本日の発酵食品ランチの完成
みなさんでいただきます♪
いただきます♪
鶏胸肉の漬け焼きは「柔らかくて美味しい!」という感想が、あちらこちらのテーブルから聞こえてきました。

納豆麹も「凄く美味しい!」「家でも絶対、作ります」「納豆食べない子供が食べてました!」と子供達も納豆麹ご飯をもりもり食べ、大変好評の様子でした。
今回のご飯は、大郷のササニシキを使用しましたが、青木さんはそれにも感激して下さり、「今、ササニシキ食べられるのは貴重ですからね。」と喜んで召し上がってました。

お子さんにも大好評の納豆麹。大郷のササニシキとの相性抜群!
納豆麹
美味しい大郷のササニシキに相性抜群のひしおと納豆麹の組み合わせ、是非みなさんもお試し下さい。
ケイミーオフィスの青木さん、ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。
来年は、青木さんの発酵食講座、第2弾として”ぬか漬け”を予定しておりますので、お楽しみに!

(担当理事)

11/1 思い出の布でリース作り


講師に仙台友の会会員の根本道子さんをお招きして、雑誌婦人之友2018年12月号に掲載された「思い出の布でリース作り」を教えて頂きました。

リース作りを教えて頂きました

今回は根本さんにキットをご用意していただいたのですが、はいていたスカートやワンピースなどを利用して作る方法や、アレンジの仕方も教えていただきました。

皆さん、作業に没頭されています。

参加者の感想を紹介します。
「端切れを使ってとても素敵なリースができました。今度こどもが大きくなったら一緒にやりたいと思います。」
「久しぶりに集中して作業ができてよかったです。人によって雰囲気が異なるのも面白かったです。」
「没頭できて楽しかったです。家でも思い出の布で作ってみようと思います。」

完成品がこちら。それぞれ個性が表れた素敵な作品ですね。
リースの完成
台風19号により日の出町センターが冠水したため、会場を変更させていただきました。ご参加いただいたみなさまにはご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。またご協力をいただき誠にありがとうございました。

(担当理事)

11/2 畑に行こう!落花生・さつまいもの収穫


11月2日、「畑に行こう」の今年最後の活動です。悪天候で中止が相次いだため、予定していた落花生の収穫に加え、さつまいもの収穫も同時に行いました。

青空の下、畑に行こう!スタートです

仙台えんのう倶楽部の井上さんに注意点をお聞きした後、落花生チームとさつまいもチームに分かれて作業開始。
子どもたちは早く掘りたくてウズウズしていました。
農業とは縁遠い環境に育っていても、こうしてあいコープの企画に参加すれば一年を通して様々な作業を体験できて、食べ物が作られる(育てられる)過程を知ることができる・・・貴重な体験が出来る素敵な企画だなぁと感じます。

家族ごと、割り当てられた畝を掘ります。
今回のお宝はどちらも土の中!子供も大人も掘り出された宝物に歓声をあげていました。
畝の両側に向かい合って競うように掘る親子がいっぱい!

ひっぱれ、ひっぱれ!

大粒の落花生に、長い大きなさつまいも!
豊作です!

大きなさつまいもが掘れたよ!
大きなさつまいもが掘れたよ!
一段落したら、さつまいもチームと落花生チームが交代して、どちらの収穫も体験しました。

落花生の掘り方を真剣に教えてもらう
落花生の掘り方を真剣に教えてもらう
子どもたちが「みんなで頑張って草取りしたから大きな落花生ができたんだ」と、元気に教えてくれました。
参加者も開催の度に草取りしていましたが、それ以外の時間にお世話に励んでくださったえんのう倶楽部さんに感謝感謝の大豊作です。

収穫後、それぞれ袋いっぱいの落花生とさつまいもを提げて終了後は記念撮影。
お土産に大根やネギをいただいて帰途につきました。

先日の台風で流れてきたと思われる稲わらがそこかしこに見られる圃場。そんな自然の厳しさに耐えて実を付けてくれた野菜たちを収穫できる喜び。

農家をちょっとだけ疑似体験できる『畑に行こう』に来年もご参加ください!
一年間ありがとうございました。

(担当理事)

11/2 DVD『香害110番』鑑賞とあいあいファームわ・は・わ田尻見学会


石巻地区企画として念願の「わ・は・わ田尻」でのDVD鑑賞会を開催しました♪晴れて穏やかな絶好の遠足日和となったこの日、遠くは女川から1時間半もかけて参加してくれたご家族もいて、大人7名、子供7名の合計14名での学習&交流会となりました。

まずは『社会福祉法人みんなの輪』の設立母体があいコープみやぎであること、わ・は・わ田尻の『今福ルーム』について、名前の由来などを説明してからDVD上映を始めました。…が!用意したパソコンではDVD再生できないことがわかり、どうしようかと一瞬悩んで「そうだ!ゲーム機があると言ってませんでした!?」「あ!あります!!」かくしてあいコープみやぎ初!であろうゲーム機によるDVD再生の学習会(笑)となりました。

DVD「香害110番」鑑賞中

最近では「香害」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、化学物質過敏症の方が実際に日常生活の中で、何が原因でどういう症状で苦しんでいるのか話している映像と専門家の説明にもうなずきながら「確かに周りの香りが強くて不快な時もある」「そんなに大変なことになるんだね」と、香害について理解を深めていました。

香害についての質疑応答も終え、次はわ・は・わ田尻の管理者である大内芳裕さんにバトンタッチ!「わ・は・わ田尻」がどんな施設なのか、障害のある利用者さんたちとどのように関わって牧場管理の仕事をしているのか等、お話していただきました。「実際に見ながらのほうがわかると思います」と、座学は早々に切り上げ、生き物たちに興味津々なお年頃のお子さんたちと牧場へ移動しました。

牛舎のほうまで降りると、ハロウィンの仮装をした「ホールクロップ」を発見!子供も大人も「カボチャだ!イイね!」と笑い、その中身は「刈った草を包んで、牛にとっていい菌を増やした栄養豊富なエサ」と教えてもらいました。

ホールクロップがカボチャに仮装

牛舎を出ると、外の柵付近にたたずむ牛さんと間近で対面!おとなしくて触っても嫌がらず、のびのびとした環境と、普段からの人との信頼関係がこの穏やかな表情をもたらすのだろうなと感じました。あちらからもじーっと見られて、どっちが観察されているのかわからないような状況(笑)

人間観察中の牛たち(笑)

次は豚舎へ向かい、まだ幼さの残る小さめの豚さんと出荷間際の大きく育った豚さんを見せてもらったのですが、思ったほど臭わない清潔な豚舎を自由に走り回っていました。あまり動かさず、管理するほうの都合で育てられる一般的な密飼いと違い、のびのび動けるようにしつつも寒さや環境に気を遣って、ここにいる間は幸せに…と手間隙かけて育てているそうです。「豚たちにも個性や社会がありましてね」と大内さん。毎日お世話している人ならではの言葉ですね。普段はなかなかお目にかかれない豚さんを目の前にして、自分達が食べているお肉はこうして愛情こめて育てられた豚だったんだなーと、しみじみ。無駄なく感謝していただきたいと改めて思いました。

豚さん近っっ!人懐こい豚さんたち
人懐こい豚さんたち
堆肥をつくっているハウスや、これから子豚を迎える準備ができた豚舎、餌置き場やBMプラントなど余すことなく見せてくださり、以前と改善した点、様々な工夫をしていることなど、わかりやすく説明してくれました。堆肥も触らせてもらって「温かい!」。実体験を伴った学びは、お子さんにも何かを強く残してくれたのではないでしょうか。

「あったかい!」堆肥が発する熱で堆肥場ハウスの中はポカポカです
堆肥が発する熱で堆肥場ハウスの中はポカポカ
ひと通りの見学後は今福ルームへ戻り、お弁当タイム♪広い芝生を目の前にしたウッドデッキも好評で、お外でお弁当を食べる方も。大内さんもお弁当を一緒に広げ、質問や情報交換もできました。
木の香りただよう素敵な今福ルームにはこれからもたくさんの組合員さんに足を運んでいただき、広々とした田尻の自然の中、わ・は・わ田尻の皆さんと、豚さん牛さんたちと、楽しく温かな交流が生まれる場所であって欲しいと思いました。

大内さんはじめ、わ・は・わ田尻の職員の皆さん、ちゃんと近くまで来て姿を見せてくれたオール女子の牛さんたち、知らない人がいっぱい来て、ちょいとストレス与えちゃったかもしれない豚さんたち、お邪魔させていただきありがとうございました。また伺いたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いしまーす!

(担当理事)

10/5 ながめやま牧場へバスツアー!


この日は待ちに待った放牧パスちゃん見学の日!
曇り空の仙台から、総勢75名で山形県飯豊町のながめやま牧場へバス2台で訪問しました。
12時頃牧場に到着すると牧草地に白黒模様の牛たちが見え、今年も放牧の様子が見られる!と思うと胸が踊りました。

牛さんたち、こんにちは!

到着後すぐに長靴に履き替え、開会式を行いました。
開会式では組合長の山口さんから、『パスちゃん牛乳を飲んでもらうために必死で頑張っています。飲んでくれている皆さんに会うともっと頑張ろうと思います』とのご挨拶をいただきスタートから目がうるみます。
開会式の後は3グループに分かれての行動になりました。

成牛舎では牛たちが食べている餌を見せてもらいました。
この牧場の近くで収穫された牧草や稲わら、デントコーンなどをそれぞれ種類ごとに発酵させた粗飼料やおから、栄養の為に摂取する濃厚飼料などです。
参加者は、好きなようにミックスして牛にあげるという体験をさせてもらいましたが、普段と違う様子に牛たちは緊張しているのか、餌をあげようとしても食べてくれなかったりと、思うように餌やりが上手くいかないことも体験。

餌の配合を体験

この時間は朝の搾乳を終え、乳牛たちが一番リラックスしている時間なのだそうで、ゆっくりゆったりと過ごしていました。繋がれることなく、自由に横になって休んでいる牛もいれば柵から顔を出している牛もいました。また床には堆肥を発酵させたバイオベットという土が敷かれています。
一般的な繋ぎ飼いとは真逆の光景でした。

僕が作った餌を食べてね!

次に子牛舎の見学です。
ここは生後90日までの赤ちゃん牛が過ごすところです。生まれた日と性別が書かれた仕切りの中で過ごしていました。
参加者はスタッフの方がミルクやりをする様子を見学しました。
『牛さん、なでなでしたいけど怖くてできない・・・あ!できた!』なんて子供たちの可愛らしい様子も見られました。

人懐っこい子牛をなでなで

3ヵ所目はロータリーパーラーと言って、一度に30頭の牛が搾乳される効率的な搾乳システムの見学です。
ながめやま牧場では301頭の乳牛が飼育されていますが、少ないスタッフでお世話をしており、それもこの搾乳システムがあるからこそやっていけるのだということがわかりました。

グループに分かれての見学の後はパスちゃん牛乳を試飲し、自由散策の時間となりました。
日差しが少し出た暑さで牛舎に戻っていた牛たちも、牧場職員のかたが外に出るよう促すと元気よく出ていきました。

そんな牛たちの様子を見学し、参加者も牛と同じ草原を歩きました。
緑の牧場に白と黒の牛が映えます!

絵画のような一枚

気持ちよさそうに伸び伸びと草の上を歩く牛たち。
私たちの家に届く牛乳はこうしてゆったりと放牧で過ごした牛たちから絞られたものなんだと思うと感慨もひとしおです。

閉会式は、ながめやま牧場が見渡せる丘の上で行いました。黄金色に色付いた田んぼと緑の草原が美しく、改めて放牧酪農の牛乳をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

参加者全員で記念撮影
参加者全員で記念撮影
参加者の感想から一部を紹介します。
「大自然の中で牛たちがのびのびと暮らしている様子に感心しました。牛舎の中で自由に歩き回っている姿に驚きました。」
「グループに分かれて体験・見学させていただき勉強になりました。とりわけ自然な酪農の姿を見ることが出来よかったです。もっと日本中で広がればいいと思いました。」
「放牧とは知っていましたが、その価値などパスちゃん牛乳の良さがとても分かりました。」
「子どもに色々な体験をさせられて良かったです。」

組合長はじめ、今回も牧場スタッフの方々には、お仕事の傍らとても親切にご案内いただきました。
参加された方が良さを知って周りの方々にも広げてくれたらとても嬉しく思います。

今回のツアーに携わって下さった全ての方に感謝しています。ありがとうございました!
これからもパスちゃん牛乳が沢山の組合員に愛され続けるよう、みんなで利用していきたいですね(^_-)-☆

(担当理事)
 次へ ≫