次へ ≫    検索

大郷で有機の野菜作りに挑戦!-産地のおと-



産地の情報をお届けする「産地のおと」

大郷で有機の野菜作りに挑戦
大郷で有機の野菜作りに挑戦!

産地紹介。大郷みどり会(宮城県黒川郡大郷町)農家が集まり「循環型有機農業」を目標に水田、畑作、平飼いたまご等を中心に農業生産に取り組んでいます。BMW技術を用いた土づくりや栽培管理で有益な微生物が活動しやすい環境作りに努め、安全、安心、おいしい農畜産物を提供します。

有機認証取得を見据えた新たなハウス

農薬不使用の野菜がひと箱に詰まった「Gめ~るBOX」でお馴染みの大郷みどり会。
地域の高齢化により技術をもった生産者は年々減少しており、技術の継承と十分な収穫量の確保が課題となっています。

そこで大郷みどり会では、葉物野菜の農薬不使用栽培を拡大し、この春、新たに12棟のハウスを建設。
「1年を通して、組合員に農薬不使用の野菜が届けられるように」と、ハウスでは小松菜や春菊等の生産に取り組んでいます。

新設ハウスでは順次、小松菜や春菊など葉物野菜を栽培する予定です。
新設ハウスでは順次、小松菜や春菊など葉物野菜を栽培する予定です
ハウスは2重カーテンや防虫ネット等、作物が生育しやすい環境を整えています。
ハウスは2重カーテンや防虫ネット等、作物が生育しやすい環境を整えています
また、土づくりには、平飼いたまごの鶏糞や地域の畜産農家と稲作で出たワラを交換した牛糞を使い、有機認証取得を見据えた栽培を行っています。

4月中旬の小松菜の芽生え。ハウスでは初めて撒いた種ですが、みんな揃って芽が出てきました。 4月中旬の小松菜の芽生え。ハウスでは初めて撒いた種ですが、みんな揃って芽が出てきました。
「子どもを育てるように、一日一日手をかけて、病気や害虫に負けないよう、元気に育てたい。その手間ひまに、野菜はしっかりと応えてくれるはずです。」とハウスを管理する佐藤留美さんは言います。

ハウスを管理する熊谷剛介さん、佐藤留美さんさん
熊谷剛介さん、佐藤留美さん
すでに5月下旬からこのハウスで栽培した小松菜の出荷がスタート。
宮城の産直産地の挑戦は始まったばかりです!

小松菜(農薬不使用)
小松菜(農薬不使用)

6/19 しおさい地区 添加物&PB商品学習会


今年度初めてのしおさい地区の学習会。初心にかえって学ぼう!と、添加物とPB商品の学習会を企画しました。

前半は、添加物のお話。
みんなでテーブルを囲み、市販のハム5種類・ミニウインナー3種類と、あいコープで扱っているたんぽぽ村のロースハム・PB商品「もぐもぐミニウインナー」を比較してみました。

添加物のお話
添加物とPB商品の学習会
見た目でビックリ!不自然なピンク色。
商品パッケージ裏の表示でビックリ!カタカナばかり並んでいて一体どんなものなのか想像がつきませんが、なにやら多くの物が書いています。
商品の表側に貼ってあるシールにも、糖質ゼロとかギャバが何倍とか。知ってるようで知らない言葉がいっぱいです。
解説していただき、ひとつひとつ、解決していくことができました。

世の中には1500種類もの添加物があるそうですが、特に今回は「亜硝酸塩」に注目しました。
亜硝酸塩は、発色剤としてやボツリヌス菌を防ぐ目的で使われる添加物ですが、一方で発がん性を促す物質だそうです。

「亜硝酸塩テスター」というリトマス紙のような実験用紙を使用(亜硝酸塩の含有率が高いと赤く染まる)して、それぞれの含有率を調べます。
ハム等にフォークで傷を付け少量の水を垂らし試験紙に吸わせてみました。
「いかにも!なもの」はすぐ真っ赤に染まり、亜硝酸塩の含有率が高いことが分かります。「良さげなもの」もうっすら赤く染まりました。

亜硝酸塩テスト
亜硝酸塩テスト
あいコープの商品の安全さを再認識すると共に、簡単に手に入る身近な食べ物にも、様々な添加物が含まれていることがわかりました。

「知らないより知って選ぶこと」
今回の講義で、食品選びの際の大事なポイントがおさらいができました。

後半は、PB(プライベートブランド)商品についてのお話です。
PB商品製作はどこの企業もやっていますが、あいコープの特徴は「組合員の声がそのまま商品作りに反映される」ということ。

PB商品のお話
添加物とPB商品の学習会
今回は添加物学習会と絡めて、「もぐもぐミニウインナー」についてお話していただきました。
「開発途中で挫折しそうになったけれど、タンポポ村さんとの協力で乗り越えられた。」
実際に商品開発にかかわった方からお聞きして、もぐもぐウインナーを愛する地区委員達は心打たれたことと思います。
また、「みなさんの声でリニューアルできます!ご意見・ご要望をお寄せください!」とのことで、こちらにも地区委員として声をあげていきたいと思います。

本日の試食
添加物とPB商品の学習会
参加者のみなさん、サポートしていただいたみなさん、ありがとうございました。

(担当理事)

6/17 たねまきプロジェクト第1回【種まき】


曇り空の下、あいコープ組合員+鹿野小学校社会学級+スタッフが、秋保ゆうきの会・渡辺さんの圃場に大集合!小豆の種まきを行いました。

この企画の名称は『たねまきプロジェクト』。通称『たねプロ』。
元来、作物の種は自家採取をしてそれを蒔くというサイクルが基本でしたが、今ではF1という一代限りの種を種苗会社から買って作物を育てているのが一般的です。
『グローバル企業による種の独占』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
現在は自分で育てた作物から種を採って繋いでいくことが困難な状況にあります。
それを、秋保ゆうきの会 渡辺さんのご協力を得て、小豆の種まき・草取り・収穫・そして選別を通して『種を繋ぐことの意味を考えよう!』というのが、このプロジェクトの目的です。

秋保ゆうきの会・渡辺さんと参加者のみなさん

集合場所で簡単なオリエンテーションを行った後、圃場に移動、一家族1畝に種をまきました。
小さな種を2粒ずつ、蒔いて土をかぶせます。

撒いたあずき「大納言」
撒いたあずき「大納言」
家族ごとに小豆の種を蒔く
家族ごとに小豆の種を蒔く
一家族1畝
一家族1畝
大人も子供も黙々と種まきをして、あっという間に終了!

次は人参の畝の草取りをお手伝いしました。
雑草が人参の葉っぱに触れることで菌に感染してしまうのだそうです。

にんじん畑の草取り
にんじん畑の草取り
小さいお子さんをおんぶしたお父さん、『上手だね!上手だね!』と草取りをする上のお子さんに声掛けをします。
また別の方からは『草を取ってあげるとニンジンさんがのびのびできるんだよね。』と可愛らしい声。
あちらこちらから微笑ましい会話が聞こえてきました♪

お父さん本気モード
お父さん本気モード
草取りを頑張ったご褒美は、間引いたミニ人参です。
畑でほお張る人参が美味しくて子供たちも大喜びでした!

ごほうびの間引き人参GET♪
ごほうびの間引き人参GET
雨に降られることもなく無事に1回目の『たねプロ』が終了しました!
小豆の芽は1週間~10日くらいで発芽するとのこと。
参加者は今日の種まきから色々な想像を巡らせていることでしょう!
早く芽が出ろ小豆の種!どうか無事に沢山の小豆が収穫できますように♪

集合写真 お疲れ様でした!
たねまきプロジェクト第1回種まき
ご参加くださった皆さま、渡辺さん、秋保ゆうきの会の皆さま、多大なるご協力をありがとうございました(^^♪

(担当理事)

6/16 畑に行こう第3回 落花生の種まき


曇り空で少々肌寒い中、今回の【畑に行こう】は落花生の種まきを行いました!
今回も、仙台えんのう倶楽部(生産者のお手伝いをするために集まった組合員のグループ)のみなさんに指導していただきます。

初めに、仙台えんのう倶楽部の方から「落花生」の名前についてお話。

「落下生???いえいえ『落花生』です。
花が落ちて生まれるって書くんですよ。
なぜそんな名前がついたのでしょう?!

落花生は8月下旬から9月初旬に花が咲き、花が落ちると、そこからツルのようなものが地中に伸びて実をつけます。めずらしい作物なんですよー!」

おもしろい!!5か月後の収穫が楽しみです☆

種まきを教わる

今回植えた落花生は「おおまさり」という種類。
淵がギザギザしたコップみたいな形のものでビニールマルチの上からぐるりとなぞるときれいに穴が開きます。そこに2粒ずつ種を置いて種の3倍くらいの高さの土をかけます。
小さい子供たちも、えんのうさんに教わった通りに種まきをしていました。

ビニールマルチに穴を開ける

種をまく
落花生の種をまく
その後は1回目に植えたジャガイモ周囲の草取り、前回植えたサツマイモ生育状況確認をしました。

草取り
草取り
「土に触れる」「無心で草取りをする」参加者との会話の中で【畑に行こう】は農作業だけではなく心の栄養にもなっていることが伺えました(*^-^*)

寒空の下でしたが今回も無事に終えることができました!
仙台えんのう倶楽部の皆さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

(担当理事)

6/16 大郷交流畑にて除草作業と枝豆の間引き


6月16日の午後、雨には降られずに住みましたが、梅雨の肌寒さの中、しおさい地区と石巻地区委員会の家族が大郷の交流畑へ。除草作業と枝豆の間引きを行いました。

まずは「畑の先生」から教わります。

「畝の外側は機械で刈れるけど、畝の間は機械で刈ろうとするとマルチを傷めてしまうからね。あと、枝豆やサツマイモの脇にも雑草出ちゃってるから、これも手で抜いちゃってね」
なるほどー。がんばるぞ!

最初、三角にとがった鍬で挑戦しましたが、うまく使いこなせず、マルチを破りそうで早々に断念。手作業で抜いていきました。

除草前

除草後

次は枝豆の間引き作業。
この日はクローバーズファームから、阿部哲也さんが枝豆作りのエキスパートとして指導に来てくださっていて、大郷の生産者のお2人も、アドバイスを受けていました。

マルチの穴1か所に、枝豆の種は2粒ずつ植えたはずが、なぜか5~6本生えているところも…。
たくさんの子供たちが「はりきって」まいてくれたので、2回・3回と蒔いちゃったとこもあったようです(^^;)
そんなところは、2本ずつに間引きしてきました。

真面目に一生懸命がんばるこどもたち。
しゃべりながらもちゃんと手は動く母ちゃんたち。
人数は少ないながらも、あっというまに終了!

がんばるこどもたち
草取りを頑張る子どもたち
サツマイモは枯れてしまった苗もけっこうあり、捕植してくれたそうです。
枝豆の方は、阿部先生によれば、ここまでの生育は順調とのこと。

次に畑に来るのは7月7日。8月中旬には枝豆の収穫&ずんだ作りをします!
どれだけ採れるか楽しみです♪

おまけ♪カマキリの赤ちゃん
カマキリの赤ちゃん
(担当理事)
 次へ ≫