Archives

選択: October 2017

10/14 田んぼに行こう!稲刈り


晴れ間ののぞいた10月14日、大郷みどり会の田んぼで稲刈りを行いました。
5月の田植えから始まった交流田でのお米つくり。この日は組合員とその家族30名が集まりました。

大人も子どももみんな軍手に鎌を持ち、手刈りでの作業。
連日の雨で足元はぬかるみ、いつもよりも大変な作業でした。

頭を垂れるイネ

刈ったイネを杭にかけていきます


刈ったイネ。大人はたくさん担げます

ボクたちもがんばったよ!
稲刈りがんばったよ
ここまですすんだ!
稲刈り

お昼過ぎまでかかってなんとか刈り終わりました。

みどり会から新米おにぎりと、焼き芋の振る舞いがありました。

新米おにぎり、おいしい!
新米おにぎり、おいしい!
焼き芋もごちそうになりました
焼き芋もごちそうになりました

今年で20年目を迎えた交流田でのお米つくり。
「農薬を使わず、毎年同じ場所で組合員さんと一緒に苗を手植えして、除草し、生き物を調べ、そして今日の稲刈りを迎えました。本当にありがたいことです。これからも続けていきましょう!」と大郷みどり会の郷右近さん。

今年は日照不足でお米にとっては厳しいお天気でしたが、しっかり実ったお米をありがたくいただきましょう。
参加くださった皆さん、大郷みどり会の皆さんありがとうございました。また来年も一緒に作業できることを楽しみにしています!

(報告:商品部千葉)

小牛田 佐々木さんのイチゴ畑 報告


最近、石巻地区委員が通わせていただいている、小牛田のイチゴ畑(生産者・佐々木さん)の状況を報告です。

■9月16日

ハウスの中は深い畝が立ててあり、イチゴの苗を定植する準備をしていました。

イチゴの苗を定植する準備


この時期は雨が続き、ハウスの中に水が入ってしまい、作業をするのに土が乾くのを待って、乾いた頃にまた雨が降る、の繰り返しだったそうです。
自然が相手って、ほんとに大変ですね(><)

■10月10日

定植されたイチゴの苗たちがずらりと並び、壮観でした!

ずらりと並ぶ定植されたイチゴの苗


「お祭りまでに、これにマルチ掛けの作業を終わらせたい」とおっしゃっる生産者の佐々木貞美さんですが、すごい広さと苗の数!大変な作業です。

こちらは、貞美さんの息子の慶悦さん。家族総出で作業されていました。

家族総出での作業
家族総出での作業

梨も作っている佐々木さん。
この梨は、地区委員がタルトタタンにして定例会で試食する予定です♪

佐々木さんの梨


左:花粉とり用の「松島」という品種。酸味がありお菓子作り向き。タルトタタンに変身予定♪
右:「新星」という品種。「今年はっぱり大っきくなんねんだおん」と貞美さんお嘆き(´ω`;)
奥:貴重なリンゴ梨。「アッピー」という名前で品種登録されているそう。

■10月22・23日

台風21号の影響で、ハウス近くの用水路があふれて畑に水が入ってきてしまい、畝がところどころ崩れてしまいました。苗は無事ですが、苗の根元が崩れると、生育に影響が出るそうです。

ポンプで排水しようにも、周囲が湖のようで、その水位が下がらないことには排水してもまた水が来ての繰り返しだったそうです。
夜から水はだいぶ引けたのですが、畝の間の溝にはまだ水が残っていて、少しでも水を吸わせるために、もみがらがまいてありました。

ところどころ崩れた畝


こちらの畑は無事


10/29のWa!わぁ祭りでは、私たち委員会が苺のスイーツを作って、組合員さんに試食していただく予定です。
無事に作業が終わって、お祭りの会場に佐々木さんが来てくれるのを祈っております(^人^;)
思いのこもったイチゴで作ったスイーツ、たくさんのお客様に食べていただきたい!
佐々木さんと組合員さんの交流の橋渡しをさせていただけるよう、がんばります!

(地区担当理事)

干し芋つくりました!!!


10月12日、機関紙あいあいあいの次号に掲載するため、『干し芋作り』をしました。

今回用意したのは、『紅東(べにあずま)』と『安納芋』の2種類。
(本当は紫芋でも作ってみたかったのですが、欠品で断念。)

紅東

安納芋


干し芋は、蒸して、皮をむいて、切って、干す。それだけでできます。

蒸して

切って

干す
干し芋作り

日中はお日様にあてて、夜は家の中にしまう。
切る厚さやお天気にもよりますが、早ければ3日、遅くても1週間あれば完成です。

完成
完成

これからいろいろな品種のサツマイモが出回るので、それぞれ楽しんでみてはいかがでしょう?
ちなみに、紅東はホクホクしたお芋なので、ねっとりした干し芋にはなりませんでした。
でもこれはこれで味わい深い♪
安納芋の干し芋は、オススメです。

食べるときはトースターやグリルで軽くあぶって召し上がれ。
温められた干し芋が放つ香りは…
作った人だけの、お楽しみ( *´艸`)♪

(広報担当理事)

10/10 花兄園 宮床農場見学&交流会


10月10日、花たまごでおなじみの花兄園さんとの交流会を開催しました。

花兄園の大須賀さんと農場長のたづまさんにごあいさつ


鶏舎内


宮床農場は高床式開放型鶏舎が2棟あります。
1棟に9,300羽ほどの鶏さんがいるそうです。

鶏さんと卵


高床式とは、上に鶏さん、下には糞が落ちる仕組みになっています。鶏さんと糞の距離があるので衛生的だそうです。

鶏舎の下部分。山になってるのが糞です。


銀色の箱のようなものに飼料が入っていて、鶏舎の端から端まで動く仕組みで、鶏さんのエサ箱に補充するようになっています。

エサ箱


見学後は、吉岡のまほろばホールに移動し、昼食を兼ねての交流会。
大須賀さんが双子の卵をもってきて下さいました!子ども達が、双子目玉焼き作りに挑戦です。

わぁ、双子だ!
わぁ、双子だ!
双子の目玉焼き♪
双子の目玉焼き作りに挑戦

レタスと卵のスープ、ナスとピーマンのお浸し、そして、大須賀さんからプリンの差し入れを頂き(子ども達大喜び♪)豪華なランチになりました!

目玉焼き定食の完成!
目玉焼き定食の完成

食べながら、交流会
交流会

子供たちの感想をご紹介します。

「ほんもののニワトリがみられてよかったです。」(小3)

「いつもおいしく食べているたまごが、たくさんの人のおかげで私のエネルギーになっていることがとてもうれしかったです。」(小5)

「たまごのきみは1つしかないとおもっていたけど、2つもあるのをしれてうれしかったです。」(小1)

「今日は見学させてもらってありがとうございます。たまごやプリンがとてもおいしかったし、たくさん勉強になってとてもよかったです。」(小5)

とっても可愛らしいですね(^-^)

花兄園の大須賀さんは、「安全・安心な卵を作り続けることは大変なことも多いけれど、これからも、おいしい卵を作っていきます!」とおっしゃっていました。
私たちも、今後も買い支えていきたいと感じます。
お忙しい中、ありがとうございました。

(担当理事)

10/5 生産者さんにあいに行こう!平田産業編


【機関紙あいあいあい 生産者さんにあいに行こう!平田産業編】
10月5日、平田産業の平田孝一副社長と、中村竜也営業主任を招いて、学習会を開催しました。

平田産業は、今年記録的豪雨で被災した福岡県朝倉市にあります。幸い、大きな被害はなかったそうですが、お忙しい中、はるばる福岡から来て下さいました。


平田産業と言えば、あいコープのお祭り【Wa!わぁ祭り】で行列ができるほど、菜種油が人気です。
1.NON-GMO(遺伝子組み換えでない)ナタネのみ使用
2.昔ながらの圧搾一番搾り製法(薬剤を使ってむりに抽出することはない)
3.油の精製に使うのは、お酢とお湯だけ
という、人にも自然にもとっても優しい菜種油です。

そんなこだわりの菜種油のお話をたっぷり伺いました。

この日は、菜種油とメープルシロップの旬な使い方【超簡単!大学芋】も教わりました。

菜種油とメープルシロップを使った簡単調理
菜種油とメープルシロップを使った簡単調理

乱切りにしたさつま芋を水にさらして、水気を切ったら、菜種油:メープルシロップ=1:1と一緒に冷たいままのフライパンに入れ、中火にかけるだけ。

超簡単!大学芋
熱くなってきたら火を弱め、さつま芋に火が通ったら出来上がり。
(焦げ付かないようにさつま芋を動かしているとあらふしぎ、勝手にシロップが絡んでいい感じ♪)

勝手にシロップが絡んでいい感じ
詳細はあいあいあい12月号でお知らせします。お楽しみに!

さつま芋の美味しいこの時期、NON-GMOの菜種油とメープルシロップで、超簡単!大学芋を作ってみてください。

平田産業の平田孝一副社長と、中村竜也営業主任
平田産業のお二人

(担当理事)

10/4 県連学習会「電力選びで地球の未来は変わる!!」


10月4日、宮城県協連と、消費者行政の充実強化をすめる懇談会みやぎの共催による学習会『電力選びで地球の未来は変わる!!』が開催されました。
エネシフみやぎ代表の浦井さんに、電力小売り自由化に伴う電力事業の仕組みや、東北電力から電気を切り替える選択のポイントなどをご講演頂きました。

県連学習会「電力選びで地球の未来は変わる!!」
県連学習会「電力選びで地球の未来は変わる!!」

あいコープからも、FIT電気(再生可能エネルギー)率87.2%のパルシステムでんきや、あいコープの活動報告について、鈴木理事が発表しました。


FIT電気率の高いパルシステムでんきが、どんどん広まっていくことを期待します。

(担当理事)

おさらいカフェ全4回!折り返し地点


8月26日に行われた飯田哲也さんの講演の出前講座を行う「おさらいカフェ」。
全4回開催予定ですが、半分の2回目を終えました。

9月22日あいコープ日の出町センター
10月10日石巻みなと荘

いずれの回も、前半は飯田哲也さんの講演とトークセッションの一部映像(登壇者からのメッセージ部分)を観て頂き、後半はあいコープが取り扱う「パルシステムでんき」について、わいわい意見を言ったり質問したりする、おしゃべりタイムです。
脱原発エネルギーシフト委員とあいコープ職員になんでも聞いちゃおう!ということで、みんなでお菓子をつまみながら話しました。

写真は、石巻での様子です。
おさらいカフェ

参加者からは、電気契約の事務的な質問や、電力会社(パルシステム電力)に対する疑問なども寄せられましたが、『そもそも契約した自分が、再エネの電気を使ってるってどうやってわかるの?』という送電に関する基本的な質問もあり、大変ありがたかったです。
そういった基本的な疑問を払拭することも、今回の企画の大きな目的だったからです。多くの組合員の皆さんに、電気がおうちに届く仕組みを知って欲しいという願いもあります。

カフェタイム終了後は、委員会お得意の省エネ調理【鍋布団】のメニューの試食です。
一汁一菜!とばかりに、お野菜たっぷり、もぐもぐウインナーの味が染みたポトフと炊きたてご飯を頂きます。

鍋の蓋を開ける瞬間、本当に煮えてる!とみなさん驚かれます。
鍋の蓋を開ける瞬間
鍋布団で調理したポトフと炊きたてご飯
鍋布団で調理したポトフとご飯
いただきます!
いただきます
食事中も話は止まりませんでした♪

アンケートでは
「8月26日に都合が悪く参加できなかったので、この企画がありがたかったです」
「でんきを切り替えたいと思っているので詳しく聞けて良かった」
というご意見をいただきました。

参加して下さった皆様ありがとうございました。残りの会場も楽しみですね。

(担当理事)

10/1 仙南・太白地区 秋保ゆうきの会との交流会


10月1日。気持ちの良い秋晴れの中、秋保ゆうきの会の皆さんと仙南・太白地区委員家族で、交流会を行いました。
まずは、畑を見学。畑には、これから出荷されるかぶや大根などの野菜が元気に育っていました。

秋保ゆうきの渡辺さん・加藤さんの説明を受ける


次はいよいよ、さつま芋の収穫体験です!
今年はまだ細くて小さめとの事。芋を折らないように気を付けて…

芋ほり開始!折らないように気を付けて、掘っていきます。
さつま芋の収穫体験

土を手で掘っていくと次々にキレイな紫色のさつま芋が顔を出します。

キレイな紫色のさつま芋!
キレイな紫色のさつま芋

大人も子供も芋堀りに夢中です(^^)

みんな芋堀りに夢中
みんな芋堀りに夢中

その後は、火起こしと薪割り体験をさせて頂きました。
初めての体験に興味津々の子供たち。

撒き割り体験
撒き割り

自分たちが割った薪を使って、さっき収穫したさつま芋を焼き芋に♪

薪で焼き芋
薪で焼き芋

秋保ゆうきの会の渡辺さん特製の火起こし装置に大人たちが大盛り上がり!
汗だくになって交代に火を起こしている姿はまさに大きな子供の様でした(笑)

渡辺さん特製の火おこし装置
火おこし装置

お昼の交流会では、秋保ゆうきの会の野菜がたっぷり入った宮城風芋煮汁、きゅうりの漬物や大根菜のサラダと、美味しいとれたて野菜をお腹いっぱい頂きました。

いも煮で交流食事会
いも煮

きゅうりの漬け物、葉だいこんのサラダ
漬け物

食べながら、秋保ゆうきの会のメンバーの皆さんのお話をうかがいます。
有機で野菜を作るご苦労がありながらも、「自分の野菜は美味しい!」と、プライドとやりがいを持って取り組まれていることがわかり、とてもうれしく、頼もしく感じました。

交流食事会
交流食事会

秋保ゆうきの会のみなさんが作った収穫したての野菜は優しい美味しさで、心もお腹も満たされた交流会でした。
子供たちにとっても貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました!

(担当理事)

9/29 泉AB地区 子育てサロン


9月29日。NPO法人みやぎ発達障害サポートネットの相馬潤子先生を講師にお迎えして、子育てサロンを開催。子育て中の女性たち20名が参加しました。

最初に、心と体をほぐします。
手をこすったり指や耳のツボをマッサージしながらリラックス。
子育てサロン

自分をいたわる時間も必要ですね。

次に、先生のお話をお聞きします。
日々の子育てには悩みはつきもの。子ども一人一人違いがあり、その価値観や見え方が違うことを認めてあげることや、気持ちを共有すること、共有する体験を積み重ねていくことが大切だというお話がありました。

後半は、試食のおやつを頂きながら質疑応答の時間です。子育てで困っていること、子どもの行動にどう対処したらいいかなどの質問に、講師の方が1つ1つに丁寧に、具体的に答えて下さいました。



2時間という短い時間でしたが、有意義な時間を過ごすことができました。
「今日から子どもに笑顔で向き合うことができそう」という感想も。
子育ては毎日バタバタですが、今日のように親として立ち止まる時間も必要と感じました。
ご参加いただいたみなさん、講師の先生、ありがとうございました。

(担当理事)

9/24 やっぺしりんご園地に行こう!見学ツアー


9月24日。晴天にも恵まれ、15家族27名で天童果実同志会りんご園地に行ってきました。
りんご栽培について、木を目の前にして生産者の皆さんからお話を伺いました。

伊藤信行さんのお話

片桐道也さんのお話

接ぎ木の話をする片桐知宏さん


春先の低温の影響もあり『黒星病』が発生しているとのこと。
天童果実同志会の倍以上の農薬を使っている他生産者グループでも黒星病が出ているということで、異常気象の影響は産地を悩ませていました。越冬菌なので防除するのには数年かかるということも耳の痛い話です。

特にひどい黒星病のりんごと葉っぱ


しかし、この『黒星病』は、皮をむけば食味には影響がありません!
『安心、安全なものを届けたい』そうおっしゃる生産者さんの言葉を直に聞いてきた私たちです。写真は特にひどいものですが、軽度のものはお知らせを付けて組合員のみなさんにご理解いただき、供給する可能性もあります。今後も応援していきたいと思いました。

お隣の洋梨の園地でも、台風の風で落下してしまったり、キズがついてしまったことなど聞きました。

洋梨の作柄、収穫後の貯蔵や食べごろの見極めを話す片桐政治さん


昼食会場では、生産者の皆さんと組合員で意見交換。
収穫が終わった「つがる」で作ったフレッシュジュースが振る舞われました。

子供たちに大人気、出来立てりんごジュース


天童果実同志会では、「農薬は慣行基準の半分に」「ネオニコチノイド系農薬は使わないで」というあいコープ組合員の声に応え、それを実践して5年目になります。当初から難しい挑戦であることは産地もあいコープも承知の上でしたが、昨今の天候不順も重なり、毎年園地の状況は変化し、その対応に苦労しているといいます。

10月からも天童のりんごや洋梨の出荷が続きます。時期によって変わって行く品種の違いをぜひ味わってみてくださいね。
天童の果物には、生産者のお名前とともに似顔絵が入っています。感じたこと、食べてみての感想など、一言でもいいのでお寄せください!生産者の励みになるそうです。

もうすぐ収穫を迎えるりんごの木の下で、集合写真。
集合写真

(担当理事)

9/21 石巻地区 大人のアトピー『今からでも間に合うつや肌への道』


9月21日。石巻渡波にある『よってがいん』にて、株式会社アーダブレーンの佐藤圭社長をお招きして【大人のアトピー『今からでも間に合うつや肌への道』~2代目イケメン社長が伝えたいこと~】と題した学習会が開催されました。

佐藤社長のお話し


まずは、市販の日焼け止めや石けんに入っている成分が、肌や環境へどのように影響を与えるかというお話を伺いました。

佐藤社長ご自身も幼少期にアトピー性皮膚炎でご苦労された経験をおの持ちで、ケアのしかたや気持ちの持ちようなど、「内と外」両方からのアプローチの仕方を教えていただきました。
今でも時々アトピー発疹がでるという社長。そんな時は『今だ!』と言わんばかりに、自社製品や開発中のものを塗布してどれが効くかテストをされているそうです。また、脳と皮膚は密接に関係しているそうで、ストレスによるアトピー症状の悪化というお話もなさいました。そんな時は『教えてくれてありがとう』という気持ちやちょっとした心がけで、否定的にならないことがテクニックだというお話しもありました。

そして、『つや肌』を目指す為には、製品の使用だけではなく、
・バランスの良い食事
・質の良い睡眠と適度な運動
・ストレスケア
が大切だということを教えていただきました!

その後は実際に製品を手に取り、使い方を教えていただいたり、カタログでしか見たことのない製品を試してみました!

ワセリンを試す


実際に製品を試したり、質問に答えていただいたり
大人のアトピー学習会

今にもすぐに買いたい!という参加者の声に
『すぐに注文しないでください!うちに帰って冷静になってよく考えてからにして下さい』
と仰る社長。
今日の内容をしっかりお勉強した上で、冷静な目でユーザーさんになってほしいという想いが組合員思いで素敵でした。

今回は、ストレスが肌荒れに直接影響すること、また症状が出た時の心の在り方など、メンタル面のお話も聞くことが出来、参加者一同、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

被災地に想いを寄せて下さる佐藤社長、石巻での学習会ありがとうございました!
ご参加くださった皆さまありがとうございました♪

集合写真
集合写真

(担当理事)

9/16 第6回畑に行こう!秋大根の間引き


親子で畑の作業を体験する企画「畑に行こう!」。9月16日は台風の影響が心配されましたが、午前中は厚い雲に覆われながらもなんとか持ってくれました。11家族26人の参加の中、前回播種した秋大根の間引き作業の開始です。

台風前の天気


大根の間引きの説明を真剣に聞く
大根の間引きの説明

一つの穴に3粒蒔いたので、大根の葉を優しく寄せながら、2株ほど間引きます。
小さな子どもたちにとっては、少し難しい作業なので、お父さん、お母さんが手伝いました。

上手く採れたよ
上手く採れたよ

間引いた大根の葉は柔らかく、その場で食べてみる子どもたちも(笑)
お持ち帰りでお浸しやみそ汁の具になったことでしょう。

ボク、カエルをつかまえたよ
カエルをつかまえた

「七郷の復興のハウスと畑の間の側溝に絶滅危惧種であるミズアオイを見て行ってくださいね」と、仙台えんのう倶楽部の方たちからお話し頂きました。
この地区は、震災時の津波の被害が甚大だった場所です。
津波の影響か、種が集まり、側溝に咲いているといいます。

行ってみると…

絶滅危惧種ミズアオイが復活する側溝
絶滅危惧種ミズアオイが復活する側溝

自然の力は計り知れないですね。

畑に行こう!企画残すところ、あと2回となりました。
さつまいも・落花生・大根の収獲が楽しみです。
ご参加ありがとうございました!

(担当理事)