次へ ≫    検索

7/13 職員が田んぼの体験!草取りと生き物調べ


あいコープみやぎ40周年の節目となる今年、あいコープの職員が産地や商品を改めて学ぶ活動に取り組んでいます。
7月13日、「七郷みつば会」の農産物について学ぶ「チーム七郷」は、組合員活動として企画されている行事「いきものしらべ」に一緒に行ってきました。

以下、職員2名からの報告です。

----------

7月13日に七郷の無農薬トライ田んぼで、いきもの調べが開催され、私達職員も参加しました。

最初に草取りの体験。

草取りスタート。雑草の量がすごい!
草取りスタート。雑草の量がすごい!
畔道から入って雑草を根から抜きますが、量が多く、なかな前に進めません。

草の量が多すぎて、なかなか進まない
草の量が多すぎて、なかなか進まない
結局、中心部の雑草がまた取り残されました。
雑草がはびこっているところの稲は雑草に栄養を取られて、除草したところの稲より緑が薄くなっていました。

草取りの後は、むかっち先生こと、農学博士の向井康夫さんの指導で、子供たちといきもの調べをおこないました。

むかっち先生こと、農学博士の向井康夫さん
むかっち先生こと、農学博士の向井康夫さん
田んぼや用水路から掬った水を向井先生お手製の顕微鏡でのぞくと、肉眼では見えなかった小さな生き物がたくさんいます。

むかっち先生が用意してくれた顕微鏡で観察
むかっち先生が用意してくれた顕微鏡で観察
目に見えるアメンボやカエルを捕まえられず「生き物なんかいない」とぐずっていた子も、顕微鏡を夢中になって覗いていました。

(チーム七郷・豊嶋)

----------

七郷みつば会の商品のご注文はこちら! >あいコープのインターネット注文へ

次に、二人目の報告です。

----------

快晴に恵まれ気温もぐんぐんと上がり、参加した親子とスタッフと組合員グループ仙台えんのう倶楽部の方々の大勢の熱気に包まれた一日でした。

先に、軽く(?)、田んぼの草取り。
前日に買った真新しい長靴と長ゴム手袋を装着し恐る恐る田んぼに入りました(何せ、初に近い体験)。

腰をかがめるので忍耐のひと言。
でも、自分が歩いた稲の間は草がきれいになっているのを見たら痛みも忘れますね。

田んぼの草取り。腰をかがめるので忍耐のひと言。
田んぼの草取り。腰をかがめるので忍耐のひと言。
自分が歩いた稲の間は草がきれいになっているのを見たら痛みも忘れます
自分が歩いた稲の間は草がきれいになっているのを見たら痛みも忘れます
草取りの後は「生き物調べ」。

田んぼの生き物調べ
田んぼの生き物調べ
田んぼに棲みついてる小さな小さな生物。
むかっち先生手作りの顕微鏡は簡易式とは思えない性能の良さ。
肉眼では確認できない生き物の様子が面白いように見えます。

顕微鏡で見えた生き物をむかっち博士のイラストと比べて名前を調べます
顕微鏡で見えた生き物をむかっち博士のイラストと比べて名前を調べます
無農薬栽培の田んぼならではの、草や生き物。
人間には邪魔な存在かもしれませんが、自然の循環や生態系には重要な存在です。
収穫までまだ道のりはありますが、微力ながら協力していきたいです。

(チーム七郷・柴田)

----------

七郷みつば会の商品は、みつば会のひとめぼれ・みつば会のつや姫・小松菜・トマト…などなど!
七郷みつば会の商品
ご注文はこちらから
インターネット注文へ

あいコープ40周年&発電所開所記念植樹


あいコープの40周年にあたる今年は、「日の出さんさん発電所」も稼働し始めた記念の年です。この記念に、日の出町センターの正門わきに枝垂れ桜を植樹しました。

まずは、理事や地区委員さん、そして組合員グループ仙台えんのう倶楽部の方々のご協力を得て、人力で田起こしならぬ「花壇起こし」!小さな重機を入れて行うような広いスペースですが、人の力で耕します。花壇は雑草だらけ。この機会に生まれ変わらせましょう。

これから、この花壇に手を入れます!

土づくりに詳しい方や仙台えんのう倶楽部の方の助言を受けながら、総勢14名の組合員の手によって掘り起こされました。
すべての土を一旦花壇の外に出して、根っこや石ころを取り除く根気のいる作業を続けました。

土を崩して掘り起こし

根や石を取り除く

大きな石も出て来て大変でした

土づくりには良い堆肥とBM活性水!仙台市のリサイクル堆肥「杜のめぐみ」(給食からの生ごみなどを堆肥化したもの)を土に混ぜ、活性水をたっぷり入れます。

堆肥を入れる

この作業を数日続け、ふっかふかに出来上がった土に、いよいよ苗木を植樹です。

今回の主役、枝垂れ桜の苗木

こうして無事、植樹は終了しました。
来年の春には小さいながらもきれいな花をつけることに期待して、これからもお世話していきます。
ご参加・ご協力くださったみなさん、ありがとうございました。

しっかり根付きますように!
しっかり根付きますように
(担当理事)

6/22 メンバー全員筋肉痛!あいコープ職員が体験!田んぼの草取り


あいコープみやぎ40周年の節目となる今年、あいコープの職員が産地や商品を改めて学ぶ活動に取り組んでいます。
6月22日、「七郷みつば会」の農産物について学ぶ「チーム七郷」は、農薬不使用の田んぼで草取りをしてきました。

以下、職員2名からの報告です。

----------

予報は雨でしたが、当日は晴れ!予定通り田んぼの中の草取りをしました。

一列に並んで草取りスタート!
一列に並んで草取りスタート
下の写真を見てください。

左が一般的な栽培方法の田んぼ、右が私たちの農薬不使用の田んぼ
左が一般的な栽培方法の田んぼ、右が私たちの農薬不使用の田んぼ
左の田んぼは雑草が一つもありません! 一方、右の私たちの農薬不使用の田んぼは雑草だらけ…。

もくもくと草取りを続けましたが、長時間続けられるものではありませんでした。

田んぼの草取りは始めてやりましたが、ジムに行くなら田んぼで草取りした方がかなり鍛えられます(^^)
皆さんも田んぼに行って体験してみて下さいね。

(チーム七郷・嶺岸)

----------

七郷みつば会の商品のご注文はこちら! >あいコープのインターネット注文へ

次に、二人目の報告です。

----------

先週は雨でできなかった田んぼの草取り。1週間たって、雑草も増えていました。

雑草の目立つ私たちの農薬不使用の田んぼ
雑草の目立つ私たちの農薬不使用の田んぼ
泥に足を取られ、慣れない体勢を続けながらの草取り。足腰に負担がかかります。
泥に足を取られ、慣れない体勢を続けながらの草取り。足腰に負担がかかります
草取り作業は約1時間半でしたが、腰を曲げ、水面をかき回す体勢で、普段使わない筋肉をフル稼働!
参加したメンバーもれなく、筋肉痛となりました。

「無農薬の米作りにトライ!」
言うは易し、雑草との戦いは大変だ、と身をもって実感しました。

七郷みつば会の皆さんにも今後の雑草管理に協力いただき、無事にイネが育つことを祈ります。
次回7/13(土)は生き物調査です。

(チーム七郷・千葉)

----------

七郷みつば会の商品は、みつば会のひとめぼれ・みつば会のつや姫・小松菜・トマト…などなど!
七郷みつば会の商品
ご注文はこちらから
インターネット注文へ

6/15 あいコープ職員が体験!トマトの葉欠きと小松菜の草取り


あいコープみやぎ40周年の節目となる今年、あいコープの職員が産地や商品を改めて学ぶ活動に取り組んでいます。
6月15日、「七郷みつば会」の農産物について学ぶ「チーム七郷」は、先月植えた農薬不使用の田んぼで草取りをする予定でしたが、時折強く降る雨のため、ハウス内の作業に変更して、農作業を体験してきました。

以下、職員2名からの報告です。

----------

本来であれば、トライ田んぼの貴重な草取りの日でしたが、あいにくの雨模様・・・
予定を変更し、まずはハウスのトマトの葉の剪定作業です。

肥料には、東北大学馬術部から提供された馬ふんを使った堆肥を使うそうです。七郷からは田んぼで取れた藁を馬の餌に提供しており、資源の循環がみられました。

赤く実ったトマトの下部の枝をきれいにカットします。
これは、伸びた葉に実の栄養を使われてしまうのを防ぐためと、風通しを良くすることで病気や害虫からトマトを守るためだそうです。

職員7名で一列に並び作業開始!
(ことのほか楽しい作業・・)

左は作業前で、右が作業後。キレイになりました。

しかし次の作業が待っています。
小松菜のハウスへ移動し、草取りです。
来週には出荷予定の小松菜の周りに雑草が見事に生えています。

小松菜の周りには見事に生える雑草

きれいにしても、一週間もたてば、またもっさりと生えてくるのでしょう。

写真の手前側が草取りした後。作業前の奥側とは、色が違います。

毎週、安心安全なお米やお野菜を届けてくれる『七郷クローバーズファーム』で皆さんも私たちと一緒に草取りでいい汗流してみませんか!

(チーム七郷・相田)

----------

七郷みつば会の商品のご注文はこちら! >あいコープのインターネット注文へ

次に、二人目の報告です。

----------

あいにくの雨で、田んぼの作業はできませんでしたが、まずは、田んぼの説明をしていただきました。

七郷みつば会・阿部さんの説明

隣の一般的な栽培方法の田んぼは、1本1本が太く、そして、雑草の姿は見えません。

一般的な栽培方法の田んぼには、雑草がない

それに比べて、私たちの作業する農薬や化学肥料を使わない「トライ田んぼ」は、1本の太さは細く、数多くの小さな雑草があります。

「トライ田んぼ」には、数多くの雑草が!

田んぼは隣同士なので、その差は一目瞭然。
農薬や化学肥料を使えば、手間を大きく削減できることがわかります。

草取り

少しだけですが、雑草をとってみました。
眼立つのはホタルイという雑草。ホタルイは、稲の分けつ(新しい茎が出ること)を妨げるそうで、小さいうちに草取りすることが重要とのこと。

稲の分けつを妨げるホタルイ

たくさんの雑草を残して後ろ髪を引かれる思いでしたが、来週も草取りの予定なので、今日はトマトハウスでの作業に移動します。

七郷みつば会の商品のご注文はこちら! >あいコープのインターネット注文へ

トマトハウスの前では、東日本大震災のために全国からあいコープに寄せられた支援金で建てられた発電用の風車が、勢いよく回っていました。

トマトハウスの前には、発電用の風車

トマトハウスは広く、収穫を待つトマトがたくさん!

トマトハウスの中

大きく育ったトマト

トマトの「葉欠き」作業に挑戦します。下の方の葉っぱをハサミで切っていきます。
「葉欠き」は、余分な葉を取り除いて栄養を実に集中させるためと、風通しを良くして病気を防ぐ目的があるそうです。

七郷みつば会・尾崎さんにお手本を見せてもらう

ハサミを手に、1列に並んで作業開始!

どんどんスッキリしていきます。楽しい作業でした。

こちらは収穫したばかりのトマト。鮮やか!


七郷みつば会の商品のご注文はこちら! >あいコープのインターネット注文へ

次は、来週の出荷を予定しているという小松菜のハウスに移動して「草取り」です。
ハウスの入口をあけてビックリ!ビッシリと生えた「ひょう(和名:スベリヒユ。雑草)」に小松菜が埋もれている!
これが除草剤を使わないということなんですね。
小松菜を折らないように気を付けながら、手作業で雑草を抜いていきます。

小松菜のハウス。小松菜よりも雑草の方が多い!?

もくもくと草を抜きました。

今回は職員7名で一気にやったため、短時間でも目に見えて仕事が進み、楽しく作業できました。しかし、この作業を限られた人数で毎日やるのは、本当に大変です。
農薬や化学肥料を使わないためには多くの人手がかかります。改めて、その大変さを認識しました。
毎日この作業をしてくださっている生産者のみなさんに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今日の農作業、頑張ったぞ!(七郷みつば会・工藤さんとあいコープ職員)
七郷みつば会での農作業、頑張ったぞ!
(チーム七郷・渡辺)

----------

七郷みつば会の商品は、みつば会のひとめぼれ・みつば会のつや姫・小松菜・トマト…などなど!
七郷みつば会の商品
ご注文はこちらから
インターネット注文へ

5/25 あいコープ職員が学ぶコアサイクル活動「田植え」


あいコープみやぎ40周年の節目となる今年、あいコープの職員が産地や商品を改めて学ぶ活動をはじめています。

「七郷みつば会」の農産物について学び始めた「チーム七郷」は、5月25日、組合員活動として企画されている行事に一緒に行って、「田植え」を体験してきました。

以下、職員2名からの報告です。

----------

初めての田植え体験に、前日から興奮気味でした。
震災後に出来た立派な道路を車で進みながら、震災当日の事が頭に浮かび、また米作りが出来る様になった事に感激。(七郷は、東日本大震災で津波の被害があった場所です。)

七郷みつば会とは、仙台購入会の時代から30年以上の長いお付合いです。
みつば会も世代交代して「農事組合法人クローバーズファーム」となり、若い生産者に先人の思いが引き継がれています。
今回、あいコープのコアサイクル活動に応えて、トライ田んぼでは「農薬不使用 つや姫」が作られることになり、微力ながら職員も作業に参加させていただくことになりました。

田植え頑張るぞ!オー!
田植え頑張るぞ!オー!
まずは播種から育苗の流れと稲刈りまでのスケジュール、田植えの仕方をパネルで解りやすく説明して頂き、諸注意を受けます。

田植えの説明
田植えの説明
いよいよ田んぼへGO!
泥に足を取られ、どうか育ってくれます様にと植える事30分。
あっという間に手植えは終了。

細谷さんによる田植え機のデモンストレーションもあり、機械植えの正確さと速さに唖然。
子供も大人も田植え機の試乗も出来楽しい時間でした。

でも、草取りだけは人力との事で、細谷さんの切実な草取り作業へのお誘いがありました。農薬不使用は簡単に実現できるものではないことを、改めて実感しました。

(チーム七郷・佐藤)

----------

七郷みつば会へお邪魔し、「田植え」の体験に行ってきました。

今回植える苗の品種は「つや姫」。発祥の地は山形県で、甘みと粘り気の強さが特徴で、そのまま食べるのはもちろん、おにぎりにしても美味しく頂くことが出来るそうです。

当日は晴天に恵まれ、絶好の田植え日和!
区画の半分程度を手で植え、残りの半分を田植え機で植えます。

手植えのやり方を教わって、いざ田んぼへ!

苗。これを植えていきます
苗。これを植えていきます
いざ田んぼへ!
いざ田んぼへ
日常生活では中々体験する事のない、田んぼの感触に若干苦戦しつつも、田んぼに書かれた十字の目印に苗を植えていきます。

組合員さんの子どもたちもとっても楽しそうでした。

楽しそうな子どもたち
楽しそうな子どもたち
植えた苗
植えた苗
手植え終了後は、田植え機での作業を見せていただきました。

田植え機に乗せてもらう
田植え機に乗せてもらう
手植えと比較にならないスピードで一気に植えてられていきます。
私も試乗させて頂きましたが、ぬかるみ中でもスムーズに動く田植え機のパワーに驚きました。

大人も乗せてもらいました
大人も乗せてもらいました
田植えが終わり、はじめはまっさらだった田んぼには苗が植わりました。

今回、田植えの体験を通して、農業の大変さの一端を知ることができたと思います。普段何気なく食べているお米がどのように作られているのか?そういった部分に興味を持つきっかけになり、とても有意義な時間になりました。

(チーム七郷・今井)

----------

七郷みつば会の商品は、みつば会のひとめぼれ・みつば会のつや姫・小松菜・トマト…などなど!
七郷みつば会の商品
ご注文はこちらから
インターネット注文へ

 次へ ≫