次へ ≫    検索

3/27 宮城野地区委員会 わたり納豆見学


「あいコープの小粒納豆」「あいコープの納豆」の魅力に迫るため、3月27日、(有)わたり納豆さんへ宮城野聞く委員とその家族で訪問してきました。

わたり納豆さんは、昭和23年に創業した宮城県亘理町の郊外にある納豆屋さんです。
創業以来、「安心・安全・健康」を合言葉に、原材料と製法にこだわり、納豆本来の美味しさを追求されているそうです。その努力の成果として2011年の全国納豆鑑評会で最優秀賞 農林水産大臣賞を受賞するなど、数々の受賞歴もあります。

玄関を入るとすぐに納豆の香りに迎えられました。
ガラス張りの工場内では、大豆を蒸す作業をしています。

大豆を蒸す作業
大豆を蒸す
わたり納豆の照井慶彦さんに、ガラス越しで作業を見ながら説明していただきました。

わたり納豆の照井慶彦さん
わたり納豆の照井慶彦さん
蒸しあがっ大豆には、手作業で納豆菌を振りかけていました。

蒸したての大豆を試食させて頂きました。
蒸したての大豆を一粒口にすると「おいしい!」の言葉が部屋中に飛び交い、瞬く間に皆笑顔になってしまいました。
大豆の優しい香りと風味豊かな甘みに大人も子供も皆虜に。

蒸したての「とかちあきた」。「あいコープの納豆」の大豆です。
蒸したての「とかちあきた」。「あいコープの納豆」の大豆です。
一粒パクッ「おいしい!」
一粒パクッ「おいしい!」
原料の大豆は、厳選した北海道産スズマルという品種で、蒸煮すると表皮が軟らかく、糸引きも大変強い納豆に仕上がります。
ただし、年々大豆の価格が高騰し仕入れ面では苦労も多いそうですが、安心・安全の経営理念を守り国産大豆にこだわって頂けることに感謝です。

作る納豆ごとの原料大豆の見本
作る納豆ごとの原料大豆の見本
納豆は1日で出来上がるものではなく、大豆の浸水に一晩、熟成発酵に一晩、出荷、組合員の皆様の元に届くのに最低4日かかります。
現在工場は機械化が進みコンピューター管理されているため6名での作業を行なっているそうです。
全てをコンピューターに任せているわけではなく、社長自身がその日の気温や湿度といった環境の変化に応じて発酵途中の納豆の『見た目』や『におい』で状況判断し、時間調整をしているからこそ安定した美味しさに繋がるのだと感じました。

納豆の作り方
納豆の作り方
あいコープの納豆は、市販の納豆と比べると納豆臭さがなく糸引きが強い納豆で我が家の食卓の定番になっています。
シンプルに納豆ごはん、酒のつまみにマグロ納豆、納豆とオクラに薬味をたっぷり乗せたネバネバ丼にと納豆料理を美味しく楽しませてもらっています。

体に良いとされる発酵食品の一つの納豆ですが、体に良いし美味しいからと何気なく食べていましたが、毎日表情の変わる納豆を常に美味しいものにするため精一杯作って頂いている生産者さんの努力を忘れずに、これからもあいコープの納豆を食べて応援して行きたいと思いました。

集合写真
集合写真
わたり納豆のみなさん、見学させていただき、ありがとうございました。

(宮城野地区委員)

4/16 今年も出動!GMナタネ調査隊 仙台港編


桜が咲き出し、お花見の予定にウキウキしつつも、ナタネの花が気になるこの時期がやってきました。チラシ配布の都合上、2ヶ月前に出動日を決めてしまうので、毎年違う天候により花の咲くタイミングが当たるかドキドキですが、当日、快晴の空の下、新人隊員2名を含む、6名の調査隊で仙台港に出動!ちょうど菜の花も見頃になっていました。

まずは日の出町センターに集合。最初にこの「GMナタネ調査」の目的や意義の解説がありました。

遺伝子組み換え作物(GM作物)にはたくさんの疑問や問題点がありますが、そのうちの一つが、輸入されたGM作物の自生です。あいコープでは、2007年からGMナタネの自生を調査しており、2013、2015、2018年に石巻港でGMナタネを確認しています。

解説の後は、簡易検査のやり方をレクチャーして、いよいよ出発です!

GMナタネ調査隊出動!仙台港飼料会社前

事前に職員から「仙台周辺ではあまり菜の花が見られない」と聞いていたので不安もありましたが、仙台港の毎年調査しているポイントにはハタザオガラシが咲いていました。ただ、年々背丈が小さくなっているような…?首を傾げつつ、3つの検体を選び、その場で簡易検査。

ハタザオガラシを念のために検査

初めて参加した方から「やってみたかったんですよー、検査自体は簡単ですね」との感想。
全員で見守る中、検査紙に浮かび上がった赤い線は1本だけ。
陽性の場合は2本線が出るので、今回は全て陰性でした。
仙台港は汚染なし!よかったよかった(^^)

遺伝子組み換えではありませんでした
遺伝子組み換えではありませんでした
帰る途中、以前は菜の花が一面に咲いていた七北田川の堤防沿いも車内から眺めましたが、高くそびえたつコンクリートの堤防で河川敷は見えず。移動していく中で見えてきた河川敷にも黄色い菜の花はほとんど見られませんでした。「(堤防が)こんなに高いと圧迫感あるねー」「不自然で落ち着かないね」など話しながら、今後もいろんな面でこの景色を見守り続けないと、と思いました。

あいコープに戻ってから、当日の朝に大郷で見つけた「セイヨウナタネ」と、12月に咲いていた菜の花を冷凍保存していたもの(以前12月にGMナタネ発見の経緯あり)も検査し、こちらも陰性でした。

県北で採取したセイヨウナタネ
セイヨウナタネ
こちらも陰性
こちらも陰性
このナタネ調査は、飼料会社のこぼれ種などから知らず知らずの間に自生しているGMナタネを見つけ出し、取り除くことで在来のナタネや菜種科の植物との交雑を防ぐ目的で行われています。
また、組合員が市民レベルでこのような活動を続けることで、行政や飼料会社にもGMナタネ自生の事実を伝え、対策を促す効果があり、さらに消費者がGM食品反対を求めていることのアピールにもなります。

今年も、始めて参加してくださった方が2人いて、移動の車中や検査の中で様々な情報交換ができ、人数は少なくても参加者みんなにとって有意義な一日となりました。
ひとりでも関心を持ってくれる人が増えるよう、これからもこの活動への参加を呼びかけていきます。

25日(木)は石巻港での調査です。
遺伝子組み換えの汚染がない未来のために、地道な調査隊、がんばりまーす!

(担当理事)

石けん環境委員会3月定例会「冬物の洗い方&シャボン玉づくり」


石けん環境委員会の3月定例会は「冬物の洗い方」と「シャボン玉づくり」。

まずは、4月開催の「冬物の洗い方講座」に向けて、ダウンジャケットの手洗い方法を予習しました。
冬物も石けんで洗えるんです!
石けん委員の中でも、洗ったことがないという方が多く、スーツやニットの洗い方もみんなで勉強しました。

袖口や襟回りは石けんをつけて洗濯ブラシでたたくように洗う
たたくように洗う
ダウンを洗う
ダウンを洗う
次に、「シャボン玉づくり」をしました。

石けんシャボン玉液の作り方

【材料】
・水…250ml
・ゼラチン…1.5g
・液体石けん…70ml
・ガムシロップ…2.5ml(白砂糖で代用可)

【作り方】
1.鍋に水とゼラチンを入れまぜる。60度になるまで温める。
2.冷ます。
3.1に液体石けんとガムシロップをいれてまぜる。
4.1時間ほど寝かせて完成。

ゼラチンとお湯をよくかき混ぜる。冷めたら液体石けんとガムシロップを入れる。
石けんシャボン玉液
左が完成した石けんのシャボン玉液。右は市販のシャボン玉液。
シャボン玉液
市販のシャボン玉液は合成洗剤でできていますが、小さいお子さんが飲み込んでしまう危険性もあります。
できれば、石けんで作ったシャボン玉液で、楽しく遊びたいものです。

(担当理事)

3/14 ウェルカムパーティ in 玉浦


あいコープの商品をもっと身近に感じ、もっと好きになってもらおうと、新しく組合員になった方を対象としたウェルカムパーティを岩沼市玉浦で開催しました。

ウェルカムパーティ in 玉浦
ウェルカムパーティ in 玉浦
はじめに、まんま通信で上手にお買い物する方法として、加入時にお渡しする利用ガイドブックとまんま通信を見ながらポイントをいくつかお話しました。

「加入時に一度は見たんだけど・・・」
「そういえば、もらったけど、どこにいったかしら・・・」

利用ガイドブックには上手に注文するためのポイントがたくさん書かれています。
カタログの表示などと見比べながら、購入のポイントをお伝えしました。

その後は試食品とまんま通信を囲み、商品トークタイム。

牛乳の製法や飼育方法などもお話し、実際に飲んでみると味の違いが分かっていただけたようです。

参加者のみなさんからは
「おすすめの商品がわかって良かったです。アットホームな雰囲気で話ができて良かったです。」
「おいしいものの情報交換ができてよかった。利用の仕方などわかりやすく教えてもらってよかった。」
「みなさんがおすすめする商品を知ることができたことや、今まで注文のコツを知らなかったので、を教えていただけて良かったです」
「皆さんのおすすめ商品を、今度注文してみたいと思いました。」
などの声をいただきました。

あなたの地区にもチラシが入ったら、ぜひあいコープ自慢の商品を食べにお越し下さい。
お待ちしております♪

(担当理事)

3/13 青葉A地区企画 腸活!菌活!第三弾!『宮城県産大豆・小麦で自家製お醤油作り!』


皆さん、味噌を仕込んだことはあるかもしれませんが、お醤油を仕込んだ経験はないのではないでしょうか(^^)?
青葉A地区では、安全安心な宮城県産大豆と小麦で自家製おしょうゆを仕込んでみよう!!と、鎌田醤油の鎌田さんをお迎えして、お醤油作り企画を開催しました。

まずは、鎌田さんから国内に出回っている各メーカーのお醤油の違いや、大豆のお話などをして頂きました。

鎌田さんより説明

鎌田醤油では、なぜ、国産丸大豆なのか?
鎌田さんのお醤油は、「脱脂加工大豆」を使わず、「丸大豆」を使用しています。
脱脂加工大豆は、大豆の油脂分を取り除いた後の粉砕された大豆のことで、こちらを使用すれば麹により分解され熟成も短期間で済み、手間がかからないということですが、大豆の油脂分と他の成分に分けやすくする為に、マニキュアの除光液と同じ薬剤を使用するのだそうです。その薬剤の成分は残らないといわれていますが、果たしてそうなのか?という食の安全・安心の観点から、あえて時間のかかる丸大豆を使用されているとのことでした。

味見

いよいよ醤油の仕込みです。

醤油の作り方の説明

本日の仕込みに使用する材料は、大豆、小麦、麹、水、食塩というとってもシンプルなもの。余計な添加物が一切入っていない、安全・安心なもので、醤油を仕込みました。

お醤油を仕込む(大豆、小麦、麹に食塩水を加える)
お醤油を仕込む
このあと、はじめの1週間は温度が低めの冷暗所で保管し、1日1回水分が全体にいきわたるように上下を反転させます。
その後は常温で保管し、待つこと2年間!丸大豆も分解され、やっと「おしょうゆ」になるそう。
この長い熟成期間によって、原料は同じでも味も風味も変わるそうで、そのお宅の味になっていくそうですよ!!発酵って面白いですね!!

「手間がかかるー!」
「上手くできるかな?!」
「大切に育てていきたいです。」
と、参加者のみなさんの声。

仕込みの後は、NPO法人とうほく食育実践協会さんお手製の、お醤油を使ったランチを頂きました。

お醤油を使ったランチ!
お醤油を使ったランチ
メニューは…
・バター醤油ピラフ
・ハッシュドビーフ
・ウイングカットのマーマレード煮
・焼しいたけ
・お醤油ドレッシングサラダ
・お醤油氏フォーンケーキ

いただきまーす!おいしいねー♪
いただきまーす!おいしいねー♪<
どれもおいしく、「このメニュー、帰ったらさっそく作ってみます!」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

皆さん、長い目で大切にお醤油を育てていって下さいね!!
ご参加ありがとうございました。

(担当理事)
 次へ ≫