次へ ≫    検索

6/18・25・27 酸素系漂白剤&重曹の使い方講座


洗濯や掃除の「こんな時はどうすればいいの?」のお悩みを解決するべく、石けん環境委員会が講師となり、各地区3回、合成洗剤と石けんの違いや酸素系漂白剤と重曹の使い方を学ぶ講座を開催しました。

まずは合成洗剤と石けんの違いについて学びます。
石けんは川に流れ魚のエサになったりプランクトンにより水と炭酸ガスに分解されますが、合成洗剤は分解に長時間かかり環境にも悪影響を及ぼします。
私達の生活がいかに直接環境に影響を与えるかを知りました。

合成洗剤と石けんの違いについて学ぶ

次に、蛍光増白剤について学びました。
衣類を白くするには、「漂白」によるものと、「蛍光増白」による方法があります。
漂白は、色素を破壊して白くすします。黄ばみやシミを取り除く方法です。
蛍光増白剤は、目をごまかして「白く見える」ようにします。「汚れを落とす」のではないんですね!

蛍光増白剤は発がん性が問題視されていて、世界基準で食品・食品包装資材、紙コップ、紙皿、ナプキンや布巾にも使用が禁止。日本でも薬事法で直接肌に触れる製品への使用が禁止されています。
しかし、洗濯用洗剤には蛍光増白剤を入れても良いことになっているのです!

蛍光増白剤はブラックライトで光ります。
のぞき窓を設けた箱にブラックライトを入れて、実験をしてみました。写真をご覧ください。

ブラックライトで光る蛍光増白剤

左があいコープの石けん「青ざらし」。ブラックライトでも光っていません。
それに対して、右側が最近話題の市販の石けん「ウXXロ」。暗闇の中で青白く光る不自然さ。

手前のビンは、洗濯用の液体洗剤が入っています。
こちらも、左のあいコープの洗剤は光っていませんが、右側の市販の洗剤は光っています。
(瓶が見えづらい写真でスミマセン…)

蛍光増白剤は、布に白さを塗っているだけ!
世の中のいろいろなからくりを知ると共に、食品と同じく選んで利用する大切さを学べた貴重なお話でした。

後半は実践編です!

「酸素系漂白剤」は汚れを白くする強アルカリ剤。
茶渋やゴムパッキン、調理用具の汚れが漬け置きでスッキリ!衣類のシミも簡単に落ちていました。

酸素系漂白剤と熱湯のしゅわしゅわした泡に茶渋の付いた食器を漬け込む
茶渋の付いた食器を漬け込む
衣類のシミもつけおきで簡単に落ちました
衣類のシミもつけおきで簡単に落ちました
「重曹」は、五徳の汚れ落としもでき、今の時期嬉しい脱臭効果も。我が家では玄関や靴箱に常備しています。
重曹は石けんと合わせてペースト状に練りあげるとお風呂の汚れ落としに効果的だそうです。
その他、「クエン酸」や「炭酸ソーダ」の使用方法にも質問が相次ぎました。

こびりついた鍋のこげも…
こびりついた鍋のこげも
1時間程度つけ置きすると、汚れが浮いてきていました。
こびりついた鍋のこげも1時間程度つけ置きすると、汚れが浮いてきていました
今回の企画を通じて、石けんに関心があって商品を購入しても、使い方が分からない方が多いことがわかりました。その意味で、とても有意義な企画だったと思います。
今後も、組合員のみなさんが知りたいことを学べるイベントを企画していきたいと思います。

みなさま、ありがとうございました。

(担当理事)

6/24 七郷コラボ畑 太陽熱養生処理&枝豆の定植


組合員と産地の交流の一環として、各地区委員会が生産者の協力を得て、色々な野菜作りに挑戦しています。今回は、七郷みつば会との交流コラボ畑からの報告です。

朝から小雨の降る中でしたが、七郷みつば会・クローバーズファームとのコラボ畑で今シーズン2回目の作業が行われました。

クローバーズファームでは最近、土壌の「太陽熱養生処理」の実験をスタートしました。
交流している地区のメンバーから「コラボ畑でもやってみたい!」という声が上がり、実施することに。今回はその実験の下準備と枝豆の定植作業を行いました。

「太陽熱養生処理」は、堆肥や有用菌などを撒布した畑に透明のビニールマルチを被せ、太陽熱と紫外線の力で雑草や病害虫を抑制し、土壌を団粒構造にする処理のこと。栄養価の高い野菜を作るための土作りを目的として行われます。

普段コラボ畑では、事前準備は生産者さんにお任せしているので、土作りから携わるのは私達もはじめての経験でした。
畑には事前に堆肥が撒かれていて、そこにBM活性水と有用菌(乳酸菌・納豆菌・酵母菌の入った溶液)を水で薄めたものをジョウロで撒布しました。そのあと米ぬかを撒き、トラクターで撹拌させ、透明のビニールマルチで覆いました。
この状態で40~50日養生するそうです。

有用菌の溶液をジョウロで撒布

米ぬかを撒く

透明マルチをかける

今回、太陽熱養生処理をしたスペースには人参の種を蒔く予定です。
コラボ畑の土が、太陽の力と微生物の力でどのような変化がおこり、そこで作られた人参がどのような出来になるのか、今から楽しみです。

そして、今年もクローバーズファーム細谷さんの奥様のご指導の下、枝豆の定植を行いました。
事前に植える間隔や列の幅もきちんと測り、ひもで目印をつけながら定植をしました。後から機械を入れ作業したり、作物の成長を計算して最適な長さに設定しているそうです。

教わりながら枝豆を定植
枝豆を定植
株と株の間もきちんと測って植えました
株と株の間をきちんと測る
今年も品種は「湯上り娘」。
名前の通り、ツヤツヤ、プリプリの枝豆になってほしいと思います。収穫は8月末の予定です。

そして、前回トマトを丸ごと植えた所と、昨年のトマトの実から取り出した種を蒔いた所には、小さな芽が出てきていました。こちらも間引き作業をしたので、これからの成長を見守りたいと思います。

トマトの芽
トマトの芽
以前、細谷さんが「植える前の準備が一番大変。」とお話していました。
私達が体験したのは小さな面積でしたが、生産者の方々は広大な畑で作物に合わせた土作りや下準備をするので、日々大変な作業をされていることを実感しました。

これからの季節、作物の成長と共に雑草との戦いも始まります。交流している4地区のメンバーでしっかりと管理していきたいと思います。

(担当理事)

6/20 石巻地区6月定例会「石けんラボ」


7月はシャボン玉月間!石巻地区は昨年度新しい地区委員さんも増えたため、石けん初心者さんにも楽しくわかりやすい「石けんラボ」をやってみました♪

恥ずかしながら、我が家の揚げ物用の鍋がだいぶ汚れていたため、酸素系漂白剤を使って『汚れはがし』体験!やり方は簡単!スプーンで1~2杯の酸素系漂白剤を鍋に入れ、熱湯を注ぐだけ。
今回は油鍋、しかも激しくこびりついたものだったので、油を溶かしてくれる「炭酸ソーダ」も入れてみました。

酸素系漂白剤と炭酸ソーダを鍋に入れて熱湯を注ぐと泡がシュワシュワ

あとは定例会で話し合いの間、ほったらかし(笑)

定例会が終わり、片付けの段階でシンクを見ると、お鍋の中で汚れがはがれかけた状態。

放置していただけなのに、汚れがペロンとはがれている!

ザッとお湯を流すと汚れも一緒に流れ落ちました。
「おぉー!」ゴシゴシこすることもなく、環境にも負荷をかけず、お鍋ピッカピカ!
「家でもやってみよう!」ふふふ、ぜひぜひ♪

放置しただけなのにピッカピカ!
放置しただけなのにピッカピカ
石けん生活への切り替えは「理屈」や「まじめな義務感」などで「がんばる」となかなかに大変。
こんな「実験みたいで面白い!」とか「意外と簡単にキレイになって嬉しい」ことから、無理のない範囲でできることを積み重ねていってはいかがでしょう?
気づけば「あれ?手や肌がキレイになってる」「髪がツヤツヤで張りがでた!」「生乾きのニオイがなくなった!?」と、環境だけでなく自分にも優しいことを実感します。
そんな風に石けん生活を楽しんでくれる仲間がジワジワと増えてくれたらいいなぁ(^^)

本日の定例会では、商品部農産担当の千葉主任から「農産の新区分」を教わったり、高橋徳治商店の高橋利彰さんも同席していただいたりと、地区委員と職員と生産者がともに学び交流するという、非常に有意義な定例会となりました♪
小牛田のイチゴをミキサーにかけた、贅沢なウェルカムドリンクを楽しみつつ、それぞれの知識と情報を交換し合った「生協の醍醐味定例会」!

試食には、新基準トライアイズ・七郷の中玉トマトも♪甘ーい!
七郷の中玉トマト
今後もまた企画したいと思いますので、こんな地区活動にご興味ある方、ぜひあいコープまで、お問い合わせください。地区委員一同お待ちしております(^^)

(担当理事)

6/22 大郷田んぼの除草と交流畑の枝豆間引き&草取り


6/8の「田んぼにいこう」が雨で延期になり草取りが出来なかったので、4名の理事と石巻の地区委員さんで除草作業をして来ました!

指導とサポートをしてくださっている大郷みどり会の西塚忠樹さんが、前日に稲の列の間を機械で除草してくれていたため、株の根元部分を除草するだけでした。

大郷グリーンファーマーズ西塚忠樹さん
大郷グリーンファーマーズ西塚さん
西塚さんの背中には、大郷グリーンファーマーズのマーク
西塚さんの背中には、大郷グリーンファーマーズのマーク コナギやヒエなどの雑草を抜き、泥の中に埋め込んでいきます。
また生えてくるのでは?と思ったら、ある程度育った雑草は光と酸素を必要とするので、埋め込んでしまえば、あとは枯れて肥料となるとのこと。
なるほど!では良い肥料になりたまえ~とズブズブ(^^)

梅雨ということもあり、2週連続土曜日の雨のせいで遅れた除草。
だいぶ伸びた雑草は稲から栄養を横取りして、若干葉っぱが黄色くなっている稲もありました。
除草剤を使わないということは、このように目に見えて影響が出るのだと実感し、除草の必要性と大変さを身をもって知りました。

雨の確率もあったものの、最後まで降られることなく、暑からず寒からずのほどよい気候♪
カエルの声をBGMに、手は動かしつつおしゃべりもしつつ、生き物の出現にははしゃぎつつ…。
大人6人でどこまでできるかと思いましたが、2時間の作業で田んぼ全体除草完了!
七郷の田んぼ除草に参加した理事の話では「雑草の種類が違う」とのこと。ところ変われば、ですね(^^)

除草完了!足跡を残したぞ(笑)
除草完了!足跡を残したぞ
午後は畑の作業。
雨が降らないうちにと、休憩もそこそこに皆で交流畑に移動しました。
5種類植えたジャガイモは品種別に花の色が違い、白と紫の交互に咲きほこるジャガイモの花に「きれーい!」と歓声が上がります。

品種によって色の違うジャガイモの花
品種によって色の違うジャガイモの花
今回は枝豆の間引きと、作物に近い雑草だけ抜き取りをしました。

枝豆と雑草(細い葉っぱはヒエ)
枝豆と雑草
よくよく見ると枝豆の葉っぱにそっくりな雑草もあってビックリ!危うくだまされるとこだった(笑)自然はたくましいです。

子どもを背負いながら作業をする母もたくましい(笑)
子どもを背負いながら作業をする母もたくましい
午後の作業もサクサク終了、今後の予定を確認して解散となりました。
花以上に色とりどりのジャガイモがどれほど収穫できるか、とても楽しみです!

(担当理事)

6/11 親子でじゃれつき遊びを体験しよう!


「じゃれつき遊び」とは、その名の通り、体を使ったスキンシップをすることで子どもの脳が鍛えられるという、科学的根拠に基づいた遊びのことです。
じゃれつき遊びを実践されている、栃木県宇都宮市にある学校法人・さつき幼稚園理事長の井上高光さんをお招きして、親子で体験できる企画を開催しました。

今回参加して下さった方はお子さんも含め総勢60名近く。関心の高さが伺えます。
まずは大人の方を対象に、井上先生より「生きる力育てるじゃれつき遊び」と題してご講演頂きました。

乳幼児の生きがいは「たべること・遊ぶこと」であり、生活の中心課題は遊び(運動)のはずなのに、近年の子育てには「遊び」の視点が欠落しているとおっしゃいます。充分に遊ぶことのない子どもは運動能力の衰えのみならず、脳の未発達により落ち着きや集中力が低下するそうです。

じゃれつき遊びで興奮することで喜怒哀楽を司る脳の扁桃体が活性化し、遊びで充分に満足感を得られることで抑制を司る大脳前頭葉が鍛えられ、結果的に集中力がつくそうです。
毎朝じゃれつき遊びを実践して今年で40年目になるさつき幼稚園。
入園当初、足形をとると土踏まずがない子どもも、徐々に土踏まずが形成されて、それと同時に運動能力も高くなるとのことでした。

遊ぶことで徐々に土踏まずが形成される

講演のあとは、お子さんも一緒にじゃれつき遊び体験です。
動き回れるようにホールに移動し、裸足になってスタンバイOK!

まずは先生から、参加のお子さんと実演していただきました。
思わぬアクロバティックなスキンシップに、最初は驚いたお子さんも「楽しい!」と笑顔に。

アクロバティックなスキンシップ

最初は驚いたお子さんも「楽しい!」と笑顔に

力のないお母さんでもできるタオルケットを使った遊びも教えて頂き、さっそくみんなで体験!

タオルケットを使った遊び

ぶらーん
ぶらーん
ぶらーん、ぶらーん
ぶらーん、ぶらーん
本当に楽しそうな子どもたち
本当に楽しそうな子どもたち
子ども達の楽しそうな様子にお母さんや周りの大人も自然と笑顔になる、有意義なひとときでした。

今回紹介して頂いた遊びは、主に3-4歳の子供が対象でしたが、もっと小さいお子さんには「くすぐり合いっこ」や、赤ちゃんには話しかけだけでも充分な効果があるとの事でした。

先生は、朝の5分間だけでもじゃれつき遊びをおこなうことで満足感が得られる、「毎朝5分じゃれつき遊び運動」を広めていきたいとおっしゃっていました。

また、参加者の方からは小学生など大きくなった子どもにはどうアプローチしたら?との質問に、「本人が好きな事、楽しいと思うことをしてあげたらいいと思う。じゃれつき遊びは幼少期に大きな効果があるが、大きくなった子どもでも充分に取り戻せる。」とのことでした。
「じゃれつき遊び」。子ども達のために、今からでも始めてみませんか。

(担当理事)
 次へ ≫