≪ 前へ 次へ ≫   検索

6/19 しおさい地区 添加物&PB商品学習会


今年度初めてのしおさい地区の学習会。初心にかえって学ぼう!と、添加物とPB商品の学習会を企画しました。

前半は、添加物のお話。
みんなでテーブルを囲み、市販のハム5種類・ミニウインナー3種類と、あいコープで扱っているたんぽぽ村のロースハム・PB商品「もぐもぐミニウインナー」を比較してみました。

添加物のお話
添加物とPB商品の学習会
見た目でビックリ!不自然なピンク色。
商品パッケージ裏の表示でビックリ!カタカナばかり並んでいて一体どんなものなのか想像がつきませんが、なにやら多くの物が書いています。
商品の表側に貼ってあるシールにも、糖質ゼロとかギャバが何倍とか。知ってるようで知らない言葉がいっぱいです。
解説していただき、ひとつひとつ、解決していくことができました。

世の中には1500種類もの添加物があるそうですが、特に今回は「亜硝酸塩」に注目しました。
亜硝酸塩は、発色剤としてやボツリヌス菌を防ぐ目的で使われる添加物ですが、一方で発がん性を促す物質だそうです。

「亜硝酸塩テスター」というリトマス紙のような実験用紙を使用(亜硝酸塩の含有率が高いと赤く染まる)して、それぞれの含有率を調べます。
ハム等にフォークで傷を付け少量の水を垂らし試験紙に吸わせてみました。
「いかにも!なもの」はすぐ真っ赤に染まり、亜硝酸塩の含有率が高いことが分かります。「良さげなもの」もうっすら赤く染まりました。

亜硝酸塩テスト
亜硝酸塩テスト
あいコープの商品の安全さを再認識すると共に、簡単に手に入る身近な食べ物にも、様々な添加物が含まれていることがわかりました。

「知らないより知って選ぶこと」
今回の講義で、食品選びの際の大事なポイントがおさらいができました。

後半は、PB(プライベートブランド)商品についてのお話です。
PB商品製作はどこの企業もやっていますが、あいコープの特徴は「組合員の声がそのまま商品作りに反映される」ということ。

PB商品のお話
添加物とPB商品の学習会
今回は添加物学習会と絡めて、「もぐもぐミニウインナー」についてお話していただきました。
「開発途中で挫折しそうになったけれど、タンポポ村さんとの協力で乗り越えられた。」
実際に商品開発にかかわった方からお聞きして、もぐもぐウインナーを愛する地区委員達は心打たれたことと思います。
また、「みなさんの声でリニューアルできます!ご意見・ご要望をお寄せください!」とのことで、こちらにも地区委員として声をあげていきたいと思います。

本日の試食
添加物とPB商品の学習会
参加者のみなさん、サポートしていただいたみなさん、ありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫