≪ 前へ 次へ ≫   検索

8/25 第5回畑に行こう!大根の種まき


午前中から30度超える猛暑の中、あいコープみやぎ畑に行こう!には、10家族27人が集まりました。本日の作業は、大根の種蒔きです!

仙台えんのう倶楽部(生産者のお手伝いをするために集まった組合員のグループ)の皆さんが、事前に畝とマルチを貼ってくださっていました。時間の都合もあって、下準備された状態からのスタートです。

仙台えんのう倶楽部の皆さんから説明を受ける
種まきの説明をうける
一家族10ヵ所ずつ穴をあけ、3粒ずつの大根の種を蒔きます。

種まきスタート
種まきスタート
種を撒く
種を撒く
暑さで乾燥している土にたっぷりと水をかけると、どんどん土が水を吸っていきます。

水をまく
水をまく
大人に手伝ってもらいながら
大人に手伝ってもらいながら
作業しながら、前回収穫したジャガイモを「ポテトフライにして食べたよ!」と男の子が報告してくれました。お婆さんが料理して下さったようです。

テントで休憩しながらの作業
テントで休憩しながらの作業
さつまいもや落花生の葉が活き活きと育っている様子を観察しているこどもたち。
夏休み最後の思い出となりました。

毎回の事ながら、仙台えんのう倶楽部の皆さんの協力に感謝です。
汗流しながらの作業(テント張りや残りの畝の種蒔きまで)、大変お疲れ様でした。

震災から7年5か月経ちますが、畑の中からまだ小さな瓦礫を見つけると当時の津波被害を思い出します。
七郷のこの場所で収穫の秋を迎える子ども達の笑顔も楽しみです。

作業がおわった畑
作業がおわった畑
次回は、9月15日大根の間引き・管理となります。
楽しみですね!

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫