≪ 前へ 次へ ≫   検索

2/19 太白地区 組合員交流会 クリーニング屋さんに聞く!石けん洗濯とセーターの洗い方講座


太白地区の組合員交流会は、クリーニング屋さんに聞く!石けん洗濯とセーターの洗い方講座を開催。クリーニング店を営んでいた赤間勝広さんをお招きして、あいコープで取り扱っている「みずばしょう」を使ってウールのセーターを洗うコツを教えていただきました。

毎日石けんで洗濯はしていても、ウールのセーターをせっけんで洗うのは勇気がいりますよね。
この日、赤間さんは奥様のブランド物のセーターを持参して洗い方のデモンストレーションをして下さいました。
奥様のそれもブランド物のセーター?!と少々不安になりましたが、型崩れもなくキレイに洗えました(笑)

洗い方のポイントは、襟や袖口の「シミ・汚れ落とし」とウールの「丸洗い」を別にすることだそうです。
まず、袖口や襟の汚れたところを水でぬらし石けんを多めにつけ、乳しぼりのようなイメージでもみ洗いして汚れを押し出します。

乳しぼりのようなイメージでもみ洗い
乳しぼりのようなイメージでもみ洗い
その後、少量の石けん水を作りぬるま湯に溶かし、セーターを洗面器やバットに入れて押し洗いします。形を崩さないで上手に洗うコツは、セーターを出来るだけ動かさないこと。

洗面器やバットに入れて押し洗い
洗面器やバットに入れて押し洗い
水を入れ替えながら、すすぎを5、6回ぐらい繰り返したら、セーターの丸洗い完了です。
洗濯機で脱水するのはNGで、バスタオルに挟みこんで丁寧に水分をとり、最後にドライヤーで表面を乾かすとふんわり仕上がるそうです。

バスタオルに挟みこんで丁寧に水分をとり、最後にドライヤー
バスタオルに挟みこんで丁寧に水分をとり、最後にドライヤー
そして、ハンガーに二つ折りにかけて乾かします。

思ったよりも簡単にセーターを洗うことができて驚いた方も多かったようです。
赤間さん曰く、「みずばしょう」はとても粘り気がある粉石けんなので、洗濯は表示量よりも少な目に使った方が衣服をキレイに洗えるそうです。
セーター洗いの後は、あいコープのこだわり食材を使った鍋布団ランチも美味しくいただきました。

~参加者の感想から~
「今まで洗濯を石けんでするのは粉が残ったり手間がかかってハードルが高いと思っていました。今日の講座に参加して思ったよりも簡単でやってみたいと思いました。」
「ウールを家で洗って縮ませたことがあるのでクリーニング屋さんにお話を聞くことが出来て良かったです。ペットボトルで石けんを泡立てること、袖のもみ洗いはなるほど!と思いました。早速家でもやってみたいと思います」
「洗濯についてお話を聞きながら、疑問点が解決できて良かったです。美味しいお食事ありがとうございました。」

参加して下さった組合員の皆さま、ありがとうございました!

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫