≪ 前へ 次へ ≫   検索

8/31 七郷クローバーズファーム枝豆収穫祭


去り行く夏を惜しむかのように朝から眩しいおひさまの光。6月下旬に定植した枝豆が収穫期を迎えました。 今年春から交流している4地区(泉A・しおさい・太白・若林)より11家族の参加、七郷クローバーズファーム(以下、クローバーズファーム)の皆さんを含め35名の賑やかな顔合わせからスタートしました。

まず、クローバーズファームの工藤さんよりBMWプラントの説明をしていただきました。

BMWプラントの説明をする工藤さん

BMWとはバクテリア・ミネラル・水。農畜産物の排せつ物や残さなどを「生き物によい水、よい土」に変える技術の事です。ここ七郷地区では豊富な地下水を利用し、バクテリアとミネラル成分たっぷりの活性水をつくり、畑に撒いているとのことでした。

BMWプラント

隣にある堆肥小屋も見せていただきました。
東北大学馬術部からの馬糞を堆肥とし、肥料と合わせて土に混ぜ込んでいるそうです。

BMW設備も堆肥小屋もほとんど無臭で、多くの組合員さんは驚いていました。

堆肥小屋はほぼ無臭!

次にコラボ畑へ移動し、いよいよ枝豆収穫です。
どの株も実がびっしり!まあるくぷっくり膨らんでいました。

よいしょ!
枝豆の収穫
引き抜くのには結構力が必要で、小さい子はお父さんお母さんと一緒にがんばっていました。

お母さんと一緒に
お母さんと一緒に
こんなにとれたよー
こんなにとれたよー
枝豆を収穫した後は、みつば会の二瓶さん宅へ移動して、軒下で枝豆を枝から外しました。
汗をかきながらでしたが軒下は日陰でほどよく涼しい風が通り、気持ち良く作業ができました。

みんなで枝豆外し
みんなで枝豆外し
コンテナ2つ分にもなった枝豆を、羽釜で茹でます。
茹で上がるまでの時間、大人も子どもも何度も味見させてもらいながら、二瓶さんご夫婦とのお話も楽しめ、おいしくて楽しいひとときでした。

昼食はすぐ隣の公会堂へ。
昼食に間に合わせて、細谷さんはじめクローバーズファームのみなさんがたくさん集まってくださいました。

好きな具をトッピングしたそうめん、茹でたて枝豆、天童同志会のぶどう(バッファロー)を一緒にいただきました。
茹で上がりすぐの枝豆は新聞紙に広げ塩をふるといいそうです!本当においしくて手が止まりませんでした! もぎたてのトマトやおくら、お漬物もご準備していただくなど、お心遣いがとても嬉しかったです。

賑やかな会食
賑やかな会食
これからを担う若手生産者の方々のお話も組合員みんなで大変興味深く聞かせていただきました。
また、他地区の組合員同士で交流もでき、有意義な会食だったと思います。

産地に足を運べば、どんなところでどんな人たちが作っているかが分かる。普段まんま通信でしか会えない生産者さんに会える。話が聞ける。今日手に取ったこの野菜にどんな思いがこめられているかを知ることができると思います。ぜひ機会をみつけて産地にでかけてみてくださいね。

レンズ風車の前で
レンズ風車の前で
参加されたみなさま、そしてクローバーズファームのみなさま、お忙しいところありがとうございました。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫