≪ 前へ 次へ ≫   検索

9/14 畑に行こう!大根の間引き作業


仙台えんのう倶楽部(あいコープの産直産地で農作業をお手伝いする組合員グループ)の皆さんのご協力のもと、七郷の畑での作業も今回で6回目となりました。
爽やかな秋晴れとなった9月中旬のこの日は、8月に種をまいた大根の間引き作業を行いました。

8月にまいた種がこんなに大きな芽に育っていました。

ひとつの穴に3粒ずつの種をまき、そこから出た芽の内、元気に育っている芽を一つだけ残します。
えんのう倶楽部のみなさんから、どんな芽を残したらいいのかをイラストでわかりやすく説明して頂きました。

間引きの方法をイラストでわかりやすく説明

農薬を使わずに育てているので、思いのほか葉っぱを虫に食べられてしまったそうですが、何とかがんばって育っておくれ、と願いながら作業を行いました。
どの芽を残したらいいか悩んだ時は、えんのう倶楽部のみなさんがていねいにアドバイスして下さいます。引っこ抜いた方の芽は刻んでお味噌汁の具などにして美味しく食べれるそうです。

間引いた芽は袋に入れてお土産に♪
間引き作業
みんなで間引き
みんなで間引き
また、収穫間近のさつまいもと、落花生の畑も見学しました。どちらも土が隠れるほど葉やツルを茂らせていて、生育は順調との事。さつまいもは10月に収穫予定。楽しみですね♪

えんのう倶楽部の井上さんから落花生がどんな風になるのか説明して頂きました
落花生の説明
畑の周りにはトンボやバッタなどの虫たちがたくさんいて、捕まえるのに夢中になる子ども達。でも帰りには「放してあげよう!」と自然に帰してあげる優しい一幕も。農作業を通じて自然との共存の大切さが伝わっていることをうれしく思いました。

間引き作業は1時間程で終了。
野菜のお土産を頂いて解散となりましたが、えんのう倶楽部のみなさんはその後も畑に残って作業をされていました。皆さんのご協力があってこその活動であることを改めて感じる1日でもありました。えんのう倶楽部をはじめ関係者のみなさま、ありがとうございます。
参加のみなさま、次回のご参加もお待ちしています。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫