≪ 前へ 次へ ≫   検索

10/25 台風被害報告と新商品の焼きそば試食(石巻地区10月定例会)


石巻地区では10/25に定例会を開催しました。定例会では毎月、それぞれの地区の企画やあいコープでの活動について話し合いうのですが、今月は台風による日の出町センターと、取引のある各生産者、特に被害が甚大だった大郷みどり会の被災状況と復旧作業の報告もさせていただきました。

地区独自に写真や情報などを共有してはいましたが、現場を見てきた理事が直接お話しすることで、より伝わる部分もあったようです。
地区委員さんたちからは「被害の大きさに言葉が出ません」「お手伝いにいけず申し訳ありませんが、お米買います、野菜買います!気持ちは大郷と一緒にあります」「組合員としての買い支えに徹します」というメッセージと、センター冠水にもかかわらず迅速に復旧し配送を出してくれた職員さんたちに対する感謝とねぎらいの言葉が寄せられました。
(組合員と生産者と職員が共に活動し支えあう、これぞ生協の姿。全員のメッセージ、ちゃんと報告書で伝えますね。ありがとうございます!)

Wa!わぁ祭りの中止についても報告。今まで定例会で作った米袋エコバックの使い方の変更についても「お楽しみ袋」としてではなく、台風被害支援金ご協力の方へのお礼として使う予定であると説明しました。材料の米袋をたくさん提供してくれた大郷みどり会さんへの支援がたくさん集まるようにとみんなで願っております。

そして今回の定例会試食は11月より供給開始の新しい「国産小麦の焼きそば」です!
ご都合つけて定例会に顔を出してくださった高橋徳治商店の高橋利彰さんも交えて、わいわい調理&試食しました♪

調理に手を動かしながら「新しい生産者さんは涌谷町にある菅野食品さんだよ」とか、市販の麺は水でかさ増ししてるので液体のソースは絡みにくく粉末状になっていることなどお話して盛り上がり、みんなまた市販品の裏側を知り、ますますあいコープのPB商品のすごさを知っていくのでした。
遺伝子組み換えの混入を防ぐため、メーカーさんでは初めての「油なし」に挑戦していただいた麺ですが、実際作ってみると「油なしでもちゃんとほぐれる」という感想でした。

新商品の焼きそばを調理
新商品の焼きそばを調理
完成した焼きそば(キャベツもお肉もあいコープのをたっぷりと♪)を早速試食。「比較しながらでないから、違いはよくわかんないね(笑)」といいつつも皆「美味しい!」という感想でした。

新商品の焼きそば、おいしいね♪
新商品の焼きそば、おいしいね
子供達に大人気の焼きそば。
私達が望む、安全安心な品質で作ってくれるメーカーさんとの新たな出会いで、あいコープが誇るPBがまたひとつ誕生します。
たくさんの組合員さんに愛される焼きそばとなりますように!

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫