≪ 前へ 次へ ≫   検索

5/30 大郷無農薬交流田・田植え


今年で28年目になる大郷無農薬交流田の活動。
今回は新型コロナウイルスの影響により、残念ながら組合員さんの募集は行わず、大郷グリーンファーマーズの生産者、あいコープ職員・理事と家族、さらに大郷町の農業法人イグナルファームのお2人の協力を得て【田植え】を行いました。

体験圃場入口の看板。大郷の体験圃場はこちら!

田植えの前に郷右近さんが『これを機に何が幸せなのか考えること、無農薬交流田は意味のある活動』とお話しされました。
コロナ禍により強く感じた『国内農業の大切さ』や『大切にするべきものや価値』が、郷右近さんのお話しと通じるものがあり、守るべきものをどうやって守っていったら良いのだろう?と更に考えさせられる内容でした。

グリーンファーマーズ代表の郷右近さんよりお話

郷右近さんにお手本を見せてもらってから、無農薬田んぼでの田植えをスタート!

ここは水が冷たく稲の活着が遅いので、ある程度の収量を確保する為に4,5株ずつ植えるのだと教えていただきました。

機械は使わず手で植えます。

手元に苗がなくなると、すぐに手渡しをしてもらって連携プレーもバッチリ!

子供たちも大活躍
子供たちも大活躍
清々しい青空と木々に抱かれながら大人も子供も黙々と作業を進め、予定時間よりもだいぶ早く田植えを終えることが出来ました。

職員家族も赤ちゃんをおんぶしながら田植えに参加。
赤ちゃんをおんぶしながら田植え
大郷地区は、昨年秋の台風による吉田川の決壊で大きな被害を受けました。
全ての農地が復旧していない中、27年もの間、続けてきたこの田んぼでの田植えが今年もできたことに、とても感謝しています。

みんな揃って、大郷のO(オウ)ポーズ
みんな揃って、大郷のO(オウ)ポーズ
秋には黄金色に実る田んぼを想像しつつ、草取りも頑張るぞ!と気合を入れ、若い稲が植えられた田んぼを離れました。

様々な災害に見舞われる昨今、生産者の皆さんも心が折れそうになることも有ると思いますが、懸命に復旧に取り組みながら生産して下さることに、常に感謝しつつ応援を続けます。

グリーンファーマーズの皆さん、今年もお世話になります。そしていつもありがとうございます。

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫