≪ 前へ 次へ ≫   検索

食べ物を作る生き方をしたい-産地のおと-



産地の情報をお届けする「産地のおと」


食べ物を作る生き方をしたい
食べ物を作る生き方をしたい

七郷みつば会(宮城県仙台市若林区)仙台市若林区の5軒の農家で構成され、米、野菜を生産。東日本大震災の津波で田畑が被災しましたが、翌年から生産を再開。2012年には農事組合法人クローバーズファームを立ち上げ、若者の研修受け入れも行っています。
就農2年目の挑戦

「今年初めて、農薬不使用のブロッコリーの作付けに挑戦します」。
小さな芽が出始めた苗箱を見ながらそう話してくれたのは佐東智之さん。佐東さんはクローバーズファームで研修をしながら、知識や技術を身につけ昨年2017年に新規就農しました。

わくわくした表情でブロッコリーの苗を見つめる佐東智之さん
わくわくした表情でブロッコリーの苗を見つめる佐東智之さん
ブロッコリーの苗。どんどん成長しています。
ブロッコリーの苗。どんどん成長しています。
震災を経験し「食の大切さ」を改めて実感した佐東さんは「生きるために食べる。食べ物を作る生き方をしたい」と考え、機械メーカーを退職後、研修生を募集していた農事組合法人クローバーズファームへ。
「毎日忙しいですが、生長する野菜と向き合う日々はとても充実していて農業を仕事にしてよかったと心から思います。農業に魅力を感じ、就農する仲間が増えてくれたら嬉しいです」と、佐東さんはお話しします。

先輩農家の細谷さん(左)と佐東さん(右)
先輩農家の細谷さん(左)と佐東さん(右)
現在は仙台市東部に自らの畑を持ち、ネギやきゅうり、オクラなど野菜を栽培します。
「経験がない中で不安もありますが、無理だと思ってやらないより、まずはやってみようと、先輩農家である細谷さんからの後押しで作付けを決めました」。畑は5畝(10×25m)ほどですが、11月中旬ころから収穫が始まります。

ここで、農薬不使用の栽培に取り組みます。
ここで、農薬不使用の栽培に取り組みます。
今後も技術を磨きながら、作付け品目を増やしていきたいと佐東さんは力強く答えてくれました。


担い手野菜セット
(11月企画予定。生産者:七郷・大郷・はさま・秋保・茨城BM)
担い手野菜セット
≪ 前へ 次へ ≫