≪ 前へ 次へ ≫   検索

1/26 「みんなであいごはん」泉A・B地区


2017年度みんなであいごはん、豚肉料理の3回目!ラストを飾ったのは泉A・B地区です。
「作り置きで活躍するメニューも入れたい」という地区からの要望により、『パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)』と『モモ肉を使った万能ゆで豚』をメインに、とうほく食育実践協会の食育コンダクターさんたちから教えていただきました!

『パンチェッタ』は丁寧に塩・胡椒や砂糖をすり込んでお世話をしながら10日ほどかけて作るイタリアの保存食。

塩・胡椒や砂糖をすり込んで作るパンチェッタ


この日は完成したパンチェッタを使い、ドリアとスープにしていただきました。
ドリアに使用するホワイトソースの材料には、あいぶらんど商品である「大郷産の米粉」を使用。米粉ならではの作り方をコンダクターさんに教わりました。




デモンストレーションでは参加者みんなで体験。
和気あいあいと会は進みました。

もう一つのメニュー「モモ肉のゆで豚」は、茹で方のポイントと食べ方を教えていただきました。

モモ肉のゆで豚


パンチェッタもゆで豚もアイディア次第で色々なお料理や作り置きでいただけることが分かりました。

毎回恒例!食育クイズや食肉のお話。


食べ物を選ぶ基準やあいコープの食材をメインに食卓を囲んできたコンダクターさんの素敵な体験談に、真剣な表情で話に耳を傾ける皆さんの表情が印象的でした。

完成しましたー

ドリアが焼きあがった時の、皆さんの歓声と食べているときの子供たちのイキイキした表情が素敵でした♪

いただきます
豚肉料理、いただきます
おいしいね
おいしいね

参加して下さった皆さんは食卓を預かる方々。
『楽しい食卓に』という思いを一人一人が感じ、あいぶらんど食材で作られた『あいごはん』が心にも体にも豊かな栄養になってくれたら…と思いました。

『豚肉料理はブロック肉を扱うことで腕があがるのよ』という食育コンダクターの方々。そのため今年の「あいごはん企画」は、豚肉ブロックに挑戦しました。
どのように調理したらいいかわからないという声も多いブロック肉ですが、これを機に多くの組合員の皆さんにご利用いただき良さを実感してもらえたらと思います。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました(^^♪

(担当理事)
≪ 前へ 次へ ≫