≪ 前へ 次へ ≫   検索

株式会社オルター・トレード・ジャパン


写真:バランゴンバナナ生産者(ミンダナオ島レイクセブ)

 オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、バナナやエビ、コーヒーなどの食べ物の交易を行う会社です。昨今、食生活をはじめとし、私たちの生活はあらゆる面で世界の人々の生業や暮らし、そして地球環境と密接につながっています。そして、その貿易を支配しているのはごく少数の大規模企業です。ATJは生産と消費の場を、顔と顔が見える関係でつなぐ交易を通じて、「現状とは違う」つまり「オルタナティブ」な社会のしくみ、関係を作り出そうと、生協や産直団体、市民団体により設立されました。

 「バランゴンバナナ」は、フィリピンの小規模生産者たちが、化学合成農薬不使用で自然環境を守りながら栽培したバナナです。また、生産者たちは、多様な農作物栽培や畜産も含めた有畜複合農業をめざすことで、持続的な生産と暮らしの自立をめざしています。

 土、水、風を創意豊かに利用して育てられた「エコシュリンプ」は、インドネシアから赤道を越えてやってきます。粗放養殖で育てられ、化学薬品は使われず、地域の地理的条件やエビの習性に合った養殖が行われています。

 オリーブは平和、肥沃、そして生命の象徴として、特別な意味を持つ果実として扱われてきました。パレスチナの人びとにとっては、暮らし、文化、歴史に深く根づいて、人々の貴重な生活の糧となっています。パレスチナのオリーブオイルは、厳しい社会状況の中で農業復興に取り組む現地NGOと農民の協力によってつくられています。
パレスチナの大地が育んだ豊かな味と香り、そこにはパレスチナの人びとの平和への願いが込められています。

 私たちの「民衆交易」は、「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、「食」を通して、生産者と消費者が協力しあい、自立した持続的な暮らしと地球環境をめざしています。そのオルタナティブな経済活動は、フィリピン、インドネシア、そして、パレスチナなど、アジアの国々の人びとと繋がっています。

写真:エコシュリンプの収獲(インドネシア・ジャワ島東部シドアルジョ)

ホームページ
http://altertrade.jp/

所在地
東京都新宿区大久保2-4-15 サンライズ新宿3F

主な生産品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ、コーヒー、マスコバド糖、パレスチナのオリーブオイル、ゲランドの塩、インドネシア・パプア州のカカオ

提携商品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ、インスタントコーヒー(カフェインレス)、マスコバド糖、マスコバド糖かりんとう、パレスチナのオリーブオイル、インドネシア・パプア州産カカオを使ったチョコレート

写真:オリーブの収穫(パレスチナ)

写真:マスコバド糖用サトウキビ生産者(ネグロス西州)
≪ 前へ 次へ ≫