写真:バランゴンバナナ生産者(ミンダナオ島レイクセブ)

 オルター・トレード・ジャパン(ATJ)は、「民衆交易」という新しい価値観を実現しようという交易事業体です。バナナやエビというモノが動くことで、人と人が出会い、つながり、そこに共に生きるコミュニケーションが始まります。
 これがATJの民衆交易です。
 私たちは、フィリピンのネグロス島で、飢餓とたたかいながら子どもたちに人間らしい生活を残したいと頑張る人々に出会いました。
 そして、日本で「いのち・暮らし・自然を守る」ことをテーマに、消費者と生産者、南と北の共生をめざす人々に出会いました。
 その双方がつながったとき、共に生きるためのコミュニケーションが始まりました。
 お互いに理解し合うことでお互いが変わり、知恵と経験を出し合って協働することで、共に生きる地域社会の新しいしくみを創り出そうとしています。
 ATJの民衆交易は、自然と人、人と人、南と北の共生が可能な社会のシステムを創造するコミュニケーションであり人間の経済活動です。
 このオルタナティブなモノと人のつながりは、ネグロス島から、フィリピン、インドネシア、東ティモール、そしてパレスチナへと世界に広がっています。
 ATJは、人と人の出会いを広げ、つながりを深めて、新しい未来を切り拓いていきます。

 写真:エコシュリンプの収獲(インドネシア・ジャワ島東部シドアルジョ)

ホームページ
http://altertrade.jp/

所在地
東京都新宿区大久保2-4-15 サンライズ新宿3F

主な生産品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ、コーヒー、マスコバド糖、パレスチナのオリーブオイル、ゲランドの塩、インドネシア・パプア州のカカオ

提携商品
バランゴンバナナ、エコシュリンプ、インスタントコーヒー(カフェインレス)、マスコバド糖、マスコバド糖かりんとう、パレスチナのオリーブオイル、インドネシア・パプア州産カカオを使ったチョコレート


 写真:オリーブの収穫(パレスチナ)


 写真:マスコバド糖用サトウキビ生産者(ネグロス西州)