≪ 前へ 次へ ≫   検索

(名)大木代吉本店



 みなさまのあたたかいご支援に感謝申し上げます。
 おかげさまで新しい醸造蔵も完成し、酒造りのための施設は本格的に始動しました。

 現在、5代目指揮のもと、蔵人が一丸となって日本酒を醸しております。現代の日本食、そ してこれからの日本文化における和酒のあり方を追求し、合名会社大木代吉本店「自然郷」 として提案していきます。

(中央:大木社長と蔵人たち)


 慶応元年(1865年)創業の合名会社 大木代吉本店は、福島県中通り(稲作を中心とした農産物の宝庫でもあるあぶくま地方)で日本酒醸造業を営んでおります。
 弊社では普通酒が一般的であった昭和40年代、純米酒の先駆けとして「自然郷」を発売しました。そして「自然郷」を料理に使ってみたところ、普段より料理が美味しく仕上がったことをヒントに生まれたのが「こんにちは料理酒」です。
 また、現代の食文化は和洋中に留まらず、世界中の食を取り入れ多様化しております。食事に寄り添い、楽しい食卓を演出する形で日本酒も提案していければと、積極的に商品開発に取り組んでおります。

・ 業界に先駆けて環境に配慮した純米酒「自然郷」
・ 伝統的山廃を応用したワインテイストの「自然郷プレミアム山廃」
・ 伝統を踏襲しながらもスッキリと飲みやすい味を追求した「自然郷山廃純米酒」
・ 梅のキリットした酸が特徴の大人リキュール「自然郷梅酒」
・ リッチなカスタードを想起する「自然郷卵酒」
・ ポンカンをアクセントに仕上げた「自然郷ヨーグルト酒」

 これからも醸造の可能性を追求し、美味しい食卓の提案をおこなってまいります。
 そして、皆様よりいただきましたあたたかいご支援の心、そのお気持ちに応えるべく熟練の技と若い力が一つとなり復興と福島の信頼回復に努めてまいります。是非!蔵へお越し下さい。よろしくお願いいたします。

(福島県酒造好適米【夢の香】の田植え風景)


所在地
福島県西白河郡矢吹町本町9

主な生産品


提携商品
こんにちは料理酒、自然郷


≪ 前へ 次へ ≫